SAPジャパン、mySAP.comをiモード上で操作可能に

2000年7月17 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(代表取締役社長:藤井清孝、東京都江東区青海2丁目45番、以下SAPジャパン)は、広く普及している株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(代表取締役社長:立川 敬二、東京都千代田区永田町2丁目11番1号、以下NTTドコモ)のiモード プラットフォームを mySAP.comモバイル・ワークプレイスでサポートすることを発表しました。SAPは 様々なテクノロジー及びプラットフォームを通じてmySAP.comがサポートするモバイル・ユーザの幅をさらに広げていきます。

「現在日本では、iモードのネットワーク及び顧客ベースが驚異的なスピードで拡大しています。企業の情報をモバイル・ユーザへ提供するための手段として、日本のマーケットに限らず海外でも、SAPのmySAP.comモバイル・ワークプレイスでこの新しいスタンダードを積極的に活用していきたいと考えています」と、SAPジャパン代表取締役社長 藤井清孝 は述べています。

「SAPを初めとした様々な企業が積極的にiモード対応のアプリケーションを開発していくことにより、今後携帯電話の利用形態が益々個人ユースからビジネスユースに発展していく事を期待しております。」NTTドコモ ゲートウェイビジネス部コンテンツ開拓担当部長 夏野 剛氏は述べています。

現在日本の開発拠点であるSAPラボ東京開発センターではiモード用に営業及び、サービスのシナリオを開発しています。モバイル・セールスのユーザは、NTTドコモのネットワークを介して携帯電話上で営業に必要な顧客情報や製品情報を入手できると同時に、リアルタイムで在庫確認や受注伝票を作成することができます。また、モバイル・サービスではその日に予定されている訪問先や、必要な部品、過去の修理記録の照会、作業報告書の送付等が可能です。更に緊急な修理依頼の連絡を送受信することもできます。 SAPではお客様と協力して、iモード携帯電話からアクセスできるmySAP.comモバイルワークプレイスの機能を、今後とも更に充実させてく方針です。

テクノロジー
現在開発されているiモード用ソリューションはインターネット対応のためのミドルウェアであるSAP ITS(インターネット トランザクション サーバー)を中核に、機能インタフェースとしてのビジネスAPIやXMLベースのフローファイルといった技術を利用しています。

出荷時期
iモードを利用したモバイルソリューションはカスタマープロジェクトベースで現在提供可能です。これらの初期導入の経験、フィードバックは役割ベースの企業ポータル、mySAP.com モバイルワークプレイスの更なる開発に活かされています。

mySAP.comモバイル・ワークプレイスについて
mySAP.comモバイル・ワークプレイスは、モバイル・ユーザが必要とする情報、サービス、アプリケーションへアクセスすることを可能にする、パーソナライズされたナビゲーション・ツールです。この「m-コマース」(モバイル・コマース)ソリューションによって、いつでもどこでもビジネスを行えるようになります。 またmySAP.comモバイル・ワークプレイスは、モバイル・ユーザがmySAP.comの標準機能へオンライン、もしくはオフラインでアクセスするための入口でもあります。様々なモバイル機器へワークプレイスを提供することで、SAPはユーザがオフィスの外でも自由に情報にアクセスすることを可能にしました。

SAPについて
エンタープライズ間ソフトウェア・ソリューションの世界No.1ベンダーとして、SAPは各産業に特化したビジネス・ソフトウェアの能力とエンタープライズ・ソフトウェアにおける世界最大の顧客ベースを活用し、mySAP.comを提供しています。

mySAP.comは、パーソナライズされたソリューションのオープンなコラボレーティブ・ビジネス環境をオンデマンドでユーザに提供します。mySAP.comは、すべての産業のすべての企業でそれぞれの従業員、顧客、パートナーが新しいインターネット経済の世界でビジネスを行うことを可能にします。ユーザはインターネッ トのパワーを活用し、サプライチェーン、戦略的リレーションシップ・マネジメント、出荷に要する時間の短縮、仮想情報の共有を通じてビジネスをよりインテリジェントかつ高い品質で迅速に行うことができると同時に、生産性を強化し株主への価値も高めることができます。SAPは、「SAP」の名前でフランクフルト証券取引所およびNYSEをはじめとする複数の証券取引所で店頭公開しています。

Tags: