SAPとUBS AG、共同で国際的な銀行向けソリューションを構築

2001年3月15 日 by SAP News 0

両社はコア・バンキング業務に対する 初のオープンスタンダードなソフトウェアソリューションを共同開発

Tokyoドイツ ワルドルフ発-2001年3月5日-SAP AG(NYSE:SAP)は本日、世界の上位10行に入る、スイスのUBS AG(1998年にスイス銀行とスイス・ユニオン銀行が合併して誕生した銀行、以下UBS)と共同で金融業界のコア・バンキング・アプリケーションの開発と導入を行うことで合意した、と発表しました。共同開発の対象となるこのアプリケーションは、Webベースでオープンスタンダードに基づく国際的なソフトウェアソリューションとして初めてのものであり、顧客口座の管理や金利の計算などを含む、大手金融機関の中核業務を担うものです。このコア・バンキング・アプリケーションは、銀行業務の広範囲な取り扱いプロセスを標準化し、銀行が自動化と集中処理によって顧客取引の処理を最適化するのに役立ちます。

この合意の条項には、世界最大のグローバルな資産管理業務に携わっているUBSが、国際的な銀行業務および金融サービスを実行するアプリケーションに対して、自らの専門知識を広範に提供することが含まれています。SAPはUBSの提供する情報を活用し、mySAPバンキング・ソリューションというコア・バンキング・アプリケーションを開発しますが、これは金融業務における財務系と顧客系を強化し、企画系を取り込んだ包括的なものです。このソリューションでは、金融機関は一連のアプリケーションすべてをインストールするか、必要とする機能だけを選択することができます。このアプリケーションはパフォーマンス(性能)が高く、可用性も高いインフラストラクチャ(基盤)であり、新しい金融商品の需要が生じたときにもそれに迅速に応じられるようになります。

顧客に注目したコア・バンキング・アプリケーション
SAPはコア・バンキング・アプリケーションを開発するに際して、大量取引データの処理に万全の対策を施します。新しいアプリケーションは、銀行の顧客の流動性預金(普通預金や当座預金など)を管理し、銀行と顧客の間の入出金情報を提供します。このコア・バンキング・アプリケーションは、取引明細や残高通知書などの発行も取り扱います。この新機能を組み入れたmySAPバンキング・アプリケーションは将来、全世界の金融機関で利用できる予定です。

800万以上の顧客口座管理を対象としているUBS
UBSは、mySAPバンキング・ソリューションを開発段階から導入するパイロット・ユーザとして、同社の既存基幹業務システムの一部を置き換えます。UBSには、重要な国際業務の要件を満たすために設計された、一貫性の高いITプラットフォームであるSSP(戦略ソリューションプログラム)がありますが、新しいmySAPバンキング・アプリケーションはその中心的となるソフトウェアという役割を担います。UBSのソフトウェアソリューションは、800万以上の顧客の流動性預金管理を予定しています。

mySAPバンキングについて
mySAPバンキングを導入することで、銀行は顧客のすべての取引に関する情報を総合的に把握することができます。これは、顧客重視のビジネス環境にとって必須の条件です。mySAPバンキングは、収益性分析、リスク分析、CRM、そして完全統合型のコア・バンキング・システムといった重要な業種別ソリューションによって、戦略の策定、財務会計、原価計算、銀行グループ全体での経営管理に対して、高いパフォーマンス性能を提供します。

UBS AGについて
UBSは、スイスで本拠地を置き、総合的な優れた投資サービスを提供する先進的な銀行です。UBSには高度な専門知識と強固な財務基盤があるので、個人、企業、機関投資家、および株主にとって、信頼性の高い優れたパートナーになります。UBSの中核事業は、先進的な個人顧客への財務サービス、投資銀行業務と証券の売りさばきに関する高度な情報の提供、プライベート・エクイティ、資産管理業務です。UBSは統合型のグループとして活動していますが、中核となるビジネスグループは、UBS Switzerland(UBSスイス)、UBS Asset Management(UBSアセット・マネジメント)、UBS Warburg(UBSウォーバーグ証券)の3つです。詳細については、http://www.ubs.com を参照してください。

SAPについて
SAPは、e-ビジネス向けソフトウェア・ソリューションの提供者として世界でもトップクラスの存在です。全世界の企業が、mySAP.comのe-ビジネス・プラットフォームを通して、顧客やパートナーとの関係改善、業務の効率化、サプライチェーン全体に渡る大幅な効率化を達成しています。現在、100カ国以上の国々で1万3000社以上の企業が、3万サイト以上のSAPソフトウェアを使用しています。50カ国以上に支社を持つSAPの株式は、フランクフルト証券取引所とNYSEを含むいくつかの証券取引所において、「SAP」のコード名で上場しています(詳しくは、http://www.sap.com/ をご覧ください)。mySAP.comソリューションは、インターネットブラウザがインストールされている環境であれば、http://www.sap.co.jp/ides/ で無料体験いただけます。

Tags: