SAP、単一のデータベース上での複数独立型E-ビジネス・コンポーネント環境を業界で初めてリリース

2001年4月5 日 by SAP News 0

SAPは柔軟なE-ビジネスを低コストで実現

Tokyoドイツ ハノーバー発-2001年3月23日-SAP AG(NYSE:SAP)は本日、国際的なテクノロジ・コンベンションであるCeBIT 2001で、mySAP.com e-ビジネス・プラットフォームによる、企業の真のe-ビジネスへの柔軟性と低コストを実現、と発表しました。mySAP.comを導入している企業は、ひとつのデータベース上で、それぞれ独立したmySAP.comコンポーネントを展開していくことが可能になります(ラップトップ・コンピュータでも可能です)。

e-ビジネスのプロセスは絶えず変化するので、それぞれに変更可能な独立したコンポーネントに基づく、柔軟なe-ビジネス・ソリューションが必要です。mySAP.comを使うと、e-ビジネスの柔軟性を向上させても、運用コストが増加することはありません。利用者は柔軟性を低下させることなく、ひとつのデータベース上に複数の独立したmySAP.comコンポーネントを導入できます。この独自の技術により、mySAP.comを使っている企業は、自社固有のe-ビジネスの要件に合わせて、個別のソフトウェア・コンポーネントを継続的に変化させ、適応させることができます。

SAPについて
SAPは、e-ビジネス向けソフトウェアソリューションの提供者として世界でもトップクラスの存在です。全世界の企業が、mySAP.comのe-ビジネス・プラットフォームを通して、顧客やパートナーとの関係改善、業務の効率化、サプライチェーン全体に渡る大幅な効率化を達成しています。現在、100カ国以上の国々の1万3000社以上の企業が、3万本以上のSAPソフトウェアを使用しています。50カ国以上に支社を持つSAPの株式は、フランクフルト証券取引所とNYSEを含むいくつかの証券取引所において、「SAP」のコード名で上場しています(詳しくは、http://www.sap.com/ をご覧ください)。
mySAP.comソリューションは、インターネットブラウザがインストールされている環境であれば、http://www.sap.co.jp/ides/ で無料体験いただけます。

Tags: