コマースワンとSAPマーケッツ、先進の電子商取引市場向けソリューションであるMarketSet 2.0とEnterprise Buyer 2.0の提供を開始

2001年4月25 日 by SAP News 0

プライベートおよび業界規模の電子商取引市場向けに設計された、
業界をリードするコラボレーティブ・サプライ・チェーン・アプリケーションと
電子商取引市場環境の統合

Tokyoポルトガル リスボン、および米国ルイジアナ州ニューオーリアンズ発――2001年4月23日
SAP AG(NYSE:SAP)の100%子会社であるSAPMarkets, Inc.(SAPマーケット)と、電子商取引市場専業の大手であるCommerce One, Inc.(コマースワン)(Nasdaq: CMRC)は本日、SAPPHIRE and eLinkカンファレンスの会場で、エンタープライズ(プライベート)、業界規模、および地域内の企業間電子商取引市場向けに両社が共同開発しているソリューションの新バージョンとして、MarketSet 2.0(マーケットセット2.0)とEnterprise Buyer 2.0(エンタープライズバイヤ2.0)を発表しました。これらのソリューションは、2001年第1四半期から既に顧客への提供を開始しています。

マーケットセットは、ビジネスを拡大する企業が自社の事業部、取引先、顧客の相互間で協業と商取引を実現するために、新たに設計された初の電子商取引市場向けソリューションです。マーケットセットは直線的なサプライチェーンを協業的なコミュニティへ変革し、市場に供給するまでの時間の短縮、コストの削減、サプライチェーンの在庫の最適化、顧客とサプライヤの関係を強化します。

「電子商取引業界におけるコマースワンとSAPマーケッツの経験を組み合わせることにより、当社がエクスチェンジ・ベースのサプライチェーン・ソリューションを構築するのに必要な統合化された機能を得ることができます」と、エネルギー・ガス業界の企業間電子商取引市場を運営するEnporion Inc.(エンポリオン)のCIO(最高情報責任者)であるマイク・ジョンソン氏は述べています。「当社はサプライチェーン・ソリューションを最初に市場へ提供することができ、エネルギー・ガス業界で当社のソリューションが強力なシステムであり続けるという自信があります。」

「SAPマーケッツ社とコマースワンは、企業間電子商取引市場における機能の標準化を策定していきます」と、コマースワン社の会長兼CEOであるマーク・ホフマン氏は述べています。「当社の運用環境(電子商取引コミュニティ)であるMarketSiteに、SAPMarkets社のコラボレーティブな企業間電子商取引市場向けアプリケーションを組み合わせることにより、世界の有力企業は、インターネットを利用することによって財務力と競争力の優位性を具現化する重要な能力を得ることができます。」

「Commerce One社とSAPMarketsによる比類のない共同開発作業は、今回も共通の視点に立った製品を生み出し、企業や業界のサプライ・チェーンのインターネット活用を推進します」と、SAPマーケッツのCEOであるハッソー・プラットナー氏は述べています。「当社がマーケットセットによって市場に提供する機能は、すべての企業間取引および企業内取引を強化するシームレスな相互接続を確立するための最初の大きな一歩になると信じていますし、世界大手の企業にとって大幅な効率向上と新しい機会をもたらすことになります。」

MarketSet 2.0

コマースワンとSAPマーケッツの専門知識に基づいて開発されたマーケットセット 2.0は、SAPマーケッツが提供する統合型コラボレーティブ企業間電子商取引市場向けアプリケーションであり、設計、供給、調達、計画、発注管理、業務情報のような完結型のバリュー・チェーンに関係する処理を支援しています。マーケットセット2.0は、Commerce Oneの企業間電子商取引市場の運用環境であるMarketSite(マーケットセット)を基盤として構築されたもので、どこにいても取引パートナーとの連携を可能にし、コミュニティの管理者がパートナーとの特別な取引条件と安全性を維持でき、新しい業務サービスやサードパーティー製のソフトウェア・ソリューションをシームレスに統合できることが実証されています。

マーケットセットの主要なアプリケーション機能は、次のとおりです。

  • 協業による設計とエンジニアリング機能により、製品の設計者はセキュアな(安全性の高い)プロジェクト領域を作成し、構造的でコラボレーティブな形式で文書と議論を管理することができます。製品設計のプロセスで潜在的なサプライヤとのコラボレーションを実施することにより、設計上の課題がプロジェクトの納期や生産コストに影響を及ぼす前に、それらが事前に解決されていることが保証されます。
  • 協業による調達機能は、サプライチェーン内のすべてのサプライヤと取引パートナーとの間で協業的なリンクを確立し、電子商取引市場に基づいて製品の直接的および間接的な調達に関するサポートを提供します。オークション・サービスと機能的な価格設定機関は、相場ベースの要求(Request for Quote; RFQ)と資産流動化機能を提供し、機能的な供給と販売を可能にします。複数の要素を考慮する洗練された入札機能があるので、買い手はTCO(総所有コスト)の決定に基づいて契約や発注を決定できます。サプライヤは仕上げコスト、品目の仕様、製品の出荷状況、品質係数など、価格以外の要素に基づいて入札することもできます。
  • 発注管理機能により、サプライヤは電子商取引市場を通じて買い付け注文を受け取り、インターネット上でその注文に対する受取証明、納入通知、請求書をやり取りすることができます。共同の調達機能に含まれる他の要素と組み合わせることにより、発注管理機能はエンド・トゥ・エンドの電子商取引を文字通りサポートします。
  • 協業による計画機能は、プランナーがすべての取引パートナーの間で在庫を効率的に管理するための安全性の高い予測環境を構築し、過剰在庫や欠品の防止を支援します。企業間電子商取引市場に基づくこの機能は、複数の予測プロセスと同期することを保証し、複数のサプライ・チェーン・パートナーの間でリアルタイムな協調を行えるようにし、在庫に関する致命的な問題について顧客に自動的に警告する役割を果たします。
  • 分析機能により、マーケットセットの主要なアプリケーションと、調達と供給のような業務サービスの間で洗練された報告を行うことが可能になり、企業間電子商取引市場のオペレータが業務範囲全体の事象の記録、測定、管理を行えることが保証されます。

マーケットセットは12か国語で提供されていて、グローバルな電子商取引を支援するために必要な複数のデータ形式、通貨、国際課税方式に対応しています。マーケットセット2.0は、建設業界でグローバルな新興のマーケットプレイスを運営するeAECglobal社など、主要な業界規模および企業間電子商取引市場で既に採用されています。

「eAECglobalは、合計3.3兆ドル(約412兆円)に上る建造物、工法、建築に関する業界のグローバルな電子商取引市場を構築しています。」と、eAECglobalの社長兼CEOであるポール・コスグレイブ氏は述べています。「当社は、当社の電子商取引市場をサポートする上で十分な堅牢性を備えた唯一のソリューションであったことを理由に、技術的なインフラストラクチャとしてマーケットセット2.0を選択しました。コマースワン社とSAPマーケッツ社が共同開発したこのソリューションは、当社が目標を達成する上で必要としていた電子商取引のインフラストラクチャと主要となるサプライ・チェーン・アプリケーションとの両方を提供してくれています。」


Enterprise Buyer 2.0(エンタープライズバイヤ2.0)

エンタープライズバイヤは、契約の締結、組み合わせ可能な物品、およびカタログをベースとした調達のためのサプライチェーン全体を結合する、コラボレーティブな調達ソリューションです。主要な機能は、次のとおりです。

  • サプライヤ間でのリアルタイムの相互通信機能により、従業員の即座の見通しに基づいて見積もり依頼、価格と納期、発注と納入状況を決定し、さらに発行済の注文に関する変更を加えることもできます。
  • ワークフロー機能により、管理者は電子的な見積もり依頼、買い付け注文、請求書の提示と承認を行い、労働資源に関わる契約を効率よく管理することができます。
  • 間接的な物品やサービスから、直接的な製品原料や契約に関わる労働力まで、あらゆるタイプの調達をサポートします。
  • コラボレーティブな計画と処理を統合し、設計、戦略的な供給、契約先の管理に関してサプライヤと双方向の関係を構築できるようにします。
  • ブラウザと無線アクセスに対応しているので、柔軟性が高く、あらゆるプロセスで時間とコストを節約するのに役立ちます。エンタープライズバイヤは完全に国際化されており、必要とされる複数の言語、通貨、データ形式、国際課税方式に対応しています。このソリューションは、オークションや物流のような高度な業務サービスに関して緊密な統合を提供する世界最大規模の相互運用可能な電子商取引市場であるGlobal Trading Webや電子商取引市場と企業がシームレスに接続できるように支援することが期待されています。

コマースワンおよびSAPマーケッツについて

2000年6月、SAPマーケッツおよびコマースワン(Nasdaq: CMRC)は、コマースワンが提供する業界をリードする電子商取引市場向けソリューションとSAP AG(NYSE: SAP)およびSAPマーケッツが提供する e-ビジネス・アプリケーションの最高峰mySAP.comのB2Bソリューションを統合した共同ソリューションの開発を発表しました。この共同ソリューションは、ビジネス・コミュニティ向けに電子調達能力とコラボレーティブ・サービスを統合することで、サイクル期間の劇的な短縮、顧客関係の強化、グローバル・ビジネスの生産性の向上を実現します。

SAPマーケッツ/コマースワンチームは製品戦略、共同開発、共同マーケティング、セールス/サポートなどの面において業界でも先進的な戦略を構築することで、オープンかつすべてを網羅した企業間ソリューションおよび企業間電子商取引市場を世界中の企業およびビジネス・コミュニティに提供します。コマースワンは、米カリフォルニア州プレザントンに本拠を置く企業で、Webサイトはhttp://www.commerceone.com です。SAPマーケッツは米カリフォルニア州パロアルトに本拠を置く企業で、Webサイトはhttp://www.sapmarkets.com です。SAPの詳細については、http://www.sap.com を参照してください。

SAPについて
SAPは、e-ビジネス向けソフトウェアソリューションの提供者として世界でもトップクラスの存在です。全世界の企業が、mySAP.comのe-ビジネス・プラットフォームを通して、顧客やパートナーとの関係改善、業務の効率化、サプライチェーン全体に渡る大幅な効率化を達成しています。現在、100カ国以上の国々の1万3000社以上の企業が、3万本以上のSAPソフトウェアを使用しています。50カ国以上に支社を持つSAPの株式は、フランクフルト証券取引所とNYSEを含むいくつかの証券取引所において、「SAP」のコード名で上場しています(詳しくは、http://www.sap.com/ をご覧ください)。mySAP.comソリューションは、インターネットブラウザがインストールされている環境であれば、http://www.sap.co.jp/ides/ で無料体験いただけます。

Tags: ,