SAP、CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネージメント=顧客情報管理)のビジョンを公開

2001年4月25 日 by SAP News 0

mySAP CRMの新バージョンでは、コラボレーションおよび分析機能を強化

Tokyoポルトガル・リスボン発 – 2001年4月23日

本日、SAP AG (NYSE: SAP) はユーザ向け国際e-ビジネスイベントにおいて、mySAPカスタマー・リレーションシップ・マネージメント(mySAP CRM)の新しいバージョンを発表しました。このmySAP CRMのソリューションは、企業のビジネス・プロセスをさらに向上させ、組織自体の価値を高めながら、顧客によりうまく対応する能力を企業に提供します。mySAP CRMは、あらゆるタイプのビジネスパートナー向けのコラボレーティブなe-ビジネスプラットフォーム上で、企業が営業、マーケティング、顧客サービスなどの企業活動を管理し、同時進行させ、コーディネイトすることを可能にする、唯一のソリューションです。また、mySAP CRMは、SAP製品とSAP製品以外の両方の環境下でシームレスに機能します。

「新しいバージョンのmySAP CRMは、CRMをあらゆるe-ビジネス戦略の礎としながら、 SAPのビジョンを引き続き実現していくでしょう。」と、SAP AG、グローバルCRM上級副社長であるキャロル・バーチは述べています。「mySAP CRMは、ボトムラインや開発を改善し、顧客との有益な関係を維持・強化できるという利点を企業に提供します。」

mySAP CRMが提供する競争力

先日発表したSAPポータル社が開発・供給する革新的なCRMワークプレイスを活用することによって、企業は簡単なアクセスで顧客の動向を完全につかむことができるようになります。この顧客データを引き出す能力により、mySAP CRMは内部システムおよび外部の市場や調査情報を含む、360度見渡せる、死角のない顧客情報を提供します。ポータルをベースとしたmySAP CRMソリューションは、特別に設計された新しい役割ベースのワークプレイスと付加的なビジネス・シナリオを提供します。これにより、サービス部門やマーケティングの担当者が顧客によりよく対応し、ビジネスの目的を達成するために必要な、業務上不可欠な情報を閲覧・管理できるようになります。

mySAP CRMはまた、顧客へのサービス性を改善するための強化型コミュニケーション・チャネルも提供します。企業は、ウェブ・チャット、Eメールや電話などと、一般的な日常業務とを結合した機能を中心に、コストを低減しながら、より顧客のニーズに合ったサービスを提供できるようになります。SAPは、2001年の終わりまでに、インタラクション・センター機能を拡張して出荷する予定です。さらに、mySAP CRMの分析機能により、企業が、顧客に関するすべての情報を顧客情報ハブに完全に統合して、すべての従業員が顧客に対する関係構築や処理を効率的に管理することが可能となります。

首尾一貫した基準の適用により、顧客との関係構築の効率化と、それにともなう顧客満足度全体の質が向上します。例えば、営業部門責任者は、mySAP CRMの分析を使って、顧客収益率や顧客関係の強さなど、キーとなる指数によって顧客をセグメント化して、市場向け戦略の改良や、マーケティング、営業、サービスに対するより良い意思決定に活用できます。

「e-ビジネス全体をくまなく適切に統合しなければ、企業は断片化された顧客データや重複した営業努力など、まとまりのない業務に終始することになります。このことによって、折角仕事をしたのに顧客の不満足が増大し、固定客を減らすことになってしまいます。企業にとってはつまり、市場への好機を逃し、潜在的な顧客獲得率を下げることにつながる訳です。」と、顧問取締役兼META 事業部事業部長であるルーディガー・スピース(Ruediger Spies)は述べています。

mySAP CRMが実現する柔軟性の強化とビジネス・プロセスの改善

SAPは、CRMやその他のビジネス用携帯機能向けのシナリオに、オンラインまたはオフラインでアクセスできる各種携帯・ノートパソコンやPDA機器用の柔軟なアプリケーション構成も備えています。オフライン機能は、業務を簡素化してビジネスの処理にかかる時間を節約することで、労働力をより効率化します。例えば、フィールド・サービス担当者は、ノートパソコンやPDA機器からオンライン/オフラインの両方で技術情報や顧客データにアクセスして、情報を読取り、更新できるようになるでしょう。

スウェーデンの主要な公益提供企業であるSydkraft ABは、効率を高め、顧客によりよいサービスを提供する企業努力の一環として、同社のフィールド・サービス事業部にmySAP モバイルのビジネス・シナリオを導入しています。

「当社は、自社のビジネス・プロセスの改善と同時に、顧客ニーズに応えるあらゆるビジネス・アプリケーションと強化された能力を統合することができるmySAP CRMによって、迅速にROI(投資回収)が実現できると期待しています。」と、Sydkraft ABのプロジェクト・マネージャであるソフィア・ギョランソン氏 は述べています。

SAPについて

SAPは、e-ビジネス向けソフトウェアソリューションの提供者として世界でもトップクラスの存在です。全世界の企業が、mySAP.comのe-ビジネス・プラットフォームを通して、顧客やパートナーとの関係改善、業務の効率化、サプライチェーン全体に渡る大幅な効率化を達成しています。現在、100カ国以上の国々の1万3000社以上の企業が、3万本以上のSAPソフトウェアを使用しています。50カ国以上に支社を持つSAPの株式は、フランクフルト証券取引所とNYSEを含むいくつかの証券取引所において、「SAP」のコード名で上場しています(詳しくは、http://www.sap.com/ をご覧ください)。mySAP.comソリューションは、インターネットブラウザがインストールされている環境であれば、http://www.sap.co.jp/ides/ で無料体験いただけます。

Tags: