SAPがグループ戦略の概略を発表

2001年4月25 日 by SAP News 0

先進的な統合とビジネスの協業により、
顧客の生産性およびとビジネス・インテリジェンスを強化

Tokyo2001年4月23日、リスボン(ポルトガル)
SAP AG(NYSE : SAP)は本日、ユーザー向け国際eビジネスイベントにおいて、競争力を強化させるSAPの方針および組織を発表しました。SAPグループは、開かれた統合戦略を掲げ、既存および潜在顧客向けの新技術開発を迅速に推進します。SAP AG、SAPMarkets社、および、先日発表したSAP Portals社は、今回の発表をを踏まえて、グループ企業内の部門はそれぞれ責任を持って、mySAP.comのコンポーネント、エクスチェンジおよびポータルの開発・販売に対する専門技術を開発・推進していきます。最終的には、変化に対し顧客に迅速な順応を支援するソリューションについて、市場へ提供する期間の短縮を目標とします。

SAPソリューションによる新しいレベルの統合機能

この基盤のベースは、グローバルなインターネット・ビジネス展開を行う総合的なエンド・ツー・エンドのソリューションには不可欠な、以下の3種類の統合形式に対応したSAPグループ特定のソリューションで構成されます。:
1. コンポーネント統合
2. プロセス統合
3. ユーザーレベル統合

コンポーネント統合に対応しているのは、mySAP.comソリューション、mySAP SCM(サプライチェーン・マネジメント)、mySAP CRM(カスタマ・リレーションシップ・マネジメント)、mySAP PLM(プロダクト・ライフサイクル・マネジメント)、mySAP E-プロキュアメント(電子購買)、mySAP BI(ビジネス・インテリジェンス)、mySAP FI(ファイナンシャルズ)、およびmySAP HR(ヒューマン・リソース)です。これらソリューションの各コンポーネントではスムーズな統合が行われ、コンポーネント内のサービスとその他のコンポーネント・サービスとを完全に統合します。

・プロセスの統合は、SAPMarkets社におけるプライベートおよびパブリックのエクスチェンジにより行われます。SAPグループは、本日、リスボンにおいて発表したプライベート・エクスチェンジの方針(関連リリースをご参照下さい)をもって、企業内および企業間におけるビジネス協業の過程および統合の提供を開始します。エクスチェンジにより一対一の接続を多対多の協業へ発展することが可能になります。プライベート・エクスチェンジにより、プロセスと情報の摩擦点が社内外のどちらでも減少し、コラボレーションの促進と効率の改善につながります。

ユーザーレベル統合は、最近発表された関連会社SAP Portalsのポータルを通じて提供されます。SAP Portalsのソリューションを使用すると、他の人とのリアルタイムでの情報共有および共同作業が可能になります。ドラッグ&リレートの技術により、情報の格納場所にかかわらず、「顧客」をクリックして「受注」に関連付けるだけでその顧客の全オーダーを容易に調査することができます。SAP Portalsのソリューションを使用すれば、今日のビジネスにおける課題の多くを迅速かつ容易に解決することができます。

この3種類の統合形式を合わせることで、競争利益の増加に必要なフレームワークを構築することができます。

顧客の競争利益

「当社が目標とするのは、統合および協業の課題を最終的に解決できるような環境を提供することです」と、SAP AGの共同会長兼CEOで、共同設立者であるハッソ・プラットナーは述べています。「結果として、企業の生産性およびビジネス・インテリジェンスを著しく向上させることになるはずです。自動化および情報取得からの一部分だけの孤立の解消や融通性をもった情報流通経路の確立だけでなく、新しい形式のビジネス上の協業の発展が期待できます」。

SAPについて

SAPは、e-ビジネス向けソフトウェアソリューションの提供者として世界でもトップクラスの存在です。全世界の企業が、mySAP.comのe-ビジネス・プラットフォームを通して、顧客やパートナーとの関係改善、業務の効率化、サプライチェーン全体に渡る大幅な効率化を達成しています。現在、100カ国以上の国々の1万3000社以上の企業が、3万本以上のSAPソフトウェアを使用しています。50カ国以上に支社を持つSAPの株式は、フランクフルト証券取引所とNYSEを含むいくつかの証券取引所において、「SAP」のコード名で上場しています(詳しくは、http://www.sap.com/ をご覧ください)。mySAP.comソリューションは、インターネットブラウザがインストールされている環境であれば、 http://www.sap.co.jp/ides/ で無料体験いただけます。

Tags: ,