シェル、SAP、SAP Marketsが共同で、 世界中のシェルの社員向けに電子調達を実現

2001年6月22 日 by SAP News 0

この協定によってEnterprise BuyerとMarketSet が中核的ソリューションとなり、
調達システムの世界的統合に対するシェルの取り組みが強化される

Tokyo米国フロリダ州オーランド発 ― 2001年6月13日 ―SAP AG (NYSE: SAP) とSAPグループのエクスチェンジ(企業間電子商取引)関連子会社であるSAPMarketsは本日、ロイヤル ダッチ/シェル グループ(以下 シェル)がSAP Marketsのソリューションを採用したと発表しました。これによりシェルは、シェルグループ全体にわたるグローバルな統合電子調達システムを強化します。また、シェル、SAP Markets、SAP AGの3社は、戦略的開発プロジェクトに共同で取り組む予定です。このプロジェクトは、シェルの異種混在型バックエンドシステムにおける、マスタデータの同期化を目的としています。今回のSAPとSAP Markets両社にとっての重要な協定、および3社の共同開発プロジェクトは、いずれもSAPPHIRE 2001 Orlandoで発表されたものです。

シェルは、調達活動をグローバルに捉えるシステムを構築するためにSAP Markets Enterprise Buyer Professional Edition(EBP) とSAP Markets MarketSet のライセンス取得につながる覚書に署名しました。シェルは、すべての事業所でこのEnterprise Buyer電子調達システムを利用する予定です。さらに石油業界の電子商取引市場であるTrade-Rangerを通じた調達活動を統合するため、および世界中の事業部門にわたる異種混在型バックエンドシステム上のマスタデータを統合するためのプライベート・エクスチェンジ(電子商取引市場)としてMarketSetを利用する予定です。Enterprise BuyerおよびMarketSetは、SAP MarketsとCommerce One (NYSE: CMRC) が共同開発したソリューションです。

ロイヤル ダッチ/シェル グループの取締役であるハリー・ロエルズ(Harry Roels)氏は次のように語っています。「シェルはSAPと15年以上にわたって仕事をしてきています。SAP MarketsとSAPは、グローバルな電子調達システムを統合するために必要なe-ビジネスのテクノロジーを提供してくれると確信しています。シェルは石油業界の電子商取引市場であるTrade-Rangerを通じた電子調達取引にこのテクノロジーを利用する予定です。電子調達が実現すれば、取引の透明性の向上、情報の充実、効率の向上、標準化の進展といった大きなメリットが生まれます。」

SAP AGのエクゼクティブ・ボードメンバーであるピーター・ツェンケは次のように述べています。「SAPは長い間、シェルに対して、競争力の維持と効果的なビジネス支援のための最高のITソリューションを提供することに取り組んできました。今日のビジネスにおける最大の難題の一つは、”ばらばらに存在している何百ものITシステムを統合することができない”ということです。SAPとSAP Marketsは、このようなレベルの統合を可能にするソリューションを備えている唯一の企業です。SAPは、シェルがe-ビジネス戦略遂行にあたって同社がリーダー企業としての地位と成功を確保できるよう、努めていきます。」

シェルについて
ロイヤル ダッチ/シェル グループは、130か国以上で事業を展開しているエネルギー関連企業で構成された、多様性を持つグループです。このグループの事業内容は、石油と天然ガスの探査/産出、発電、石油化学製品の製造/販売/輸送、再生可能エネルギープロジェクト (風力発電や太陽光発電) などです。このグループの親会社は、Royal Dutch Petroleum CompanyおよびThe “Shell” Transport and Trading Company plcです。Royal Dutch Petroleum Companyはグループの株の60%、The “Shell” Transport and Trading Company plcはグループの株の40%をそれぞれ保有しています。これらの親会社は、欧州および米国の証券取引所に上場しています。

SAPMarketsについて
SAPMarketsは、SAP (NYSE: SAP) グループのエクスチェンジ(電子商取引)関連子会社で、境界を超えたビジネスプロセスを自動化するソリューションを提供しています。SAPMarketsの本拠はカリフォルニア州パロアルトにあります。現在までに、SAPMarketsの顧客は世界中に1,100社以上あり、機動力、正確さ、および収益性を向上させる目的でインターネットを活用しています。SAPMarketsのWebサイトは http://www.sapmarkets.com です。

SAPについて
SAPは、e-ビジネス向けソフトウェアソリューションの提供者として世界でもトップクラスの存在です。全世界の企業が、mySAP.comのe-ビジネス・プラットフォームを通して、顧客やパートナーとの関係改善、業務の効率化、サプライチェーン全体に渡る大幅な効率化を達成しています。現在、100カ国以上の国々の1万3000社以上の企業が、3万サイト以上のSAPソフトウェアを使用しています。50カ国以上に支社を持つSAPの株式は、フランクフルト証券取引所とNYSEを含むいくつかの証券取引所において、「SAP」のコード名で上場しています(詳しくは、http://www.sap.com/ をご覧ください)。

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、eビジネス向けソフトウェアの世界トップ企業(世界120ヶ国、13500社、1000万人ユーザ)であるSAP AGの日本法人として1992年に設立されました。統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、電子商取引市場(eマーケットプレイス)の構築など、日本企業の情報化の推進と国際競争力及び企業価値を高めるため、企業内外のあらゆる業務の効率化を図り、相乗効果をもたらすソリューションを提供しています。日本国内では現在、780以上の企業グループでSAP製品がビジネスに活用されています。

Tags: ,