mySAPプロダクト・ライフサイクル・マネジメントを大幅に機能拡張

2001年6月22 日 by SAP News 0

新機能活用により、顧客ニーズの豊富な組み込み、
製品開発スピード向上、コストの削減、投資収益率の向上が可能に

Tokyo米国フロリダ州オーランド発 ― 2001年6月13日 ―SAP (NYSE: SAP) は本日、mySAPプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(mySAP PLM) ソリューションの大幅な機能強化について発表しました。この機能強化により、顧客企業は、製品開発プロセス全体にわたる作業の共同化をいっそう推進することができます。製品開発において顧客中心の観点はきわめて重要となっております。顧客中心の視点を持つことにより、早い段階で市場のニーズに対応することができ、結果として、適切な製品を適切な時期に適切な価格で顧客に提供することができます。導入企業は今回の新機能を使うことにより、mySAP PLMのメリットをさらに享受することができます。この発表は、SAP主催によるe-ビジネス・イベント、SAPPHIRE 2001 Orlando (会期:6月12~15日、米国フロリダ州オーランドにて開催) の場で行われました。

「主要企業は顧客が多様な選択肢と製品の高品質化を望んでいることを認識しており、一方で新しい市場および競争では製品開発サイクルの短縮化が進む傾向にあります。つまり、業界におけるリーダーシップの保持するうえで、お客様が判断材料とするのは製品の革新なのです」と、SAP AGのグローバル事業部門PLM担当副社長であるアルキム・ハイマン (Archim Heimann) は述べています。「mySAP PLMの拡張機能を利用すれば、製品設計から製造、サービス、生産機能の加速化、製品化までの時間短縮など、プロセスの統合が実現できます」

主要な新しい拡張機能
設計プロセスにおける柔軟かつ適応性のある共同作業は、どの業界においても不可欠です。特に個々の一般消費者向けの製品やサービスおよびプロセスの業界では、製品設計、品質管理、資産管理および企業全体のサービスにおいて真の共同作業を実現することが利益につながります。

設計者は、新たに追加された製品設計機能を使用することで、選択肢の開発、製品要件に対する選択肢の評価、製品構造の作成の完成など、柔軟かつ構造化された方法による製品要件を把握した設計を行うことができます。結果として完成した製品は顧客や市場の要求をより正確に反映する形となり、顧客満足度を向上させられます。

一般消費者向け製品およびプロセスの業界においては、レシピ管理 (Recipe Management) 機能が有益です。この機能は、レシピ生産方式による製品の、製品化までの時間およびコスト削減に重点を置いています。仕様・製法・分類管理を、構成・成分・材料のリストと共に菅理し、新製品開発のプロセスをサポートします。

仮想空間におけるチームでは、プロジェクトおよび書類作成などの共同作業においてサポートが必要となります。cFoldersを使用すると、WebEx Communications, Inc. (NASDAQ: WEBX) のWebEx Interactive Services などの同期コラボレーション・ツールにより、共同作業が容易になり、即時的に文書やアプリケーションを共有できるようになります。これにより、顧客企業は、迅速なアイディア交換によって新しいビジネスチャンスを探ることができ、また、パブリックやプライベートなマーケットプレイスを介したり、イントラネットを越えたプロセスをサポートする仮想空間におけるチーム全体にわたる共同作業を育成することが可能となります。

mySAP PLMはSAP Portalsの技術に基づいたiViewsを備えています。この機能により、設計エンジニア、メンテナンス・マネージャ、プロジェクトおよび品質管理者、ビジネス・パートナーが個々の業務の遂行に必要なあらゆる情報、アプリケーション、サービスに容易かつ合理的にアクセスできるようになります。
データの一貫性を確保するための、製品データ・レプリケーション (Product Data Replication) もmySAP PLMの拡張機能のひとつです。この機能を使用すると、一元化されたmySAP PLMシステムから各操作システムへの製品情報の分散を管理することができます。新しい監査管理プロセスでは、プロジェクトまたは製品導入を通じて実行される品質監査をサポートし、製品の品質向上を実現することができます。

SAPについて
SAPは、e-ビジネス向けソフトウェアソリューションの提供者として世界でもトップクラスの存在です。全世界の企業が、mySAP.comのe-ビジネス・プラットフォームを通して、顧客やパートナーとの関係改善、業務の効率化、サプライチェーン全体に渡る大幅な効率化を達成しています。現在、100カ国以上の国々の1万3000社以上の企業が、3万サイト以上のSAPソフトウェアを使用しています。50カ国以上に支社を持つSAPの株式は、フランクフルト証券取引所とNYSEを含むいくつかの証券取引所において、「SAP」のコード名で上場しています(詳しくは、http://www.sap.com/ をご覧ください)。

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、eビジネス向けソフトウェアの世界トップ企業(世界120ヶ国、13500社、1000万人ユーザ)であるSAP AGの日本法人として1992年に設立されました。統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、電子商取引市場(eマーケットプレイス)の構築など、日本企業の情報化の推進と国際競争力及び企業価値を高めるため、企業内外のあらゆる業務の効率化を図り、相乗効果をもたらすソリューションを提供しています。日本国内では現在、780以上の企業グループでSAP製品がビジネスに活用されています。

Tags: