SAP、SCMのリーダー企業として認められる

2001年6月22 日 by SAP News 0

SAPはサプライネットワークを主導し、あらゆる業界ニーズに対応

Tokyo米国フロリダ州オーランド発 ― 2001年6月13日 ―SAP (NYSE: SAP) は本日、mySAPサプライチェーン・マネジメント(mySAP SCM) が、グローバルに分散しているビジネスの管理に使われるソリューションとして、第1位になったことを発表しました。製造業に特化した代表的な雑誌である Managing Automation 誌およびMSI誌の最新の調査によると、サプライチェーン・マネジメント(SCM)分野と製造業向けソフトウェア分野について別々の分析手法で実施した2種類の調査 (Software LeadersとTOP 100) の結果、SAPが両分野で第1位に挙げられました。Software Leadersの年次レポートは、Managing AutomationとAMR Research, Inc.の共同プロジェクトです。また、Top 100はMSI誌とPlant-Wide Research Groupの共同プロジェクトです。

SAPは、幅広い業種のグローバル企業に対して、今までに2,000セット以上のmySAP SCMソリューションを出荷しています。これらの企業は、mySAP SCMソリューションの効果を実証することができます。この発表は、SAPPHIRER (6月12日~15日の間フロリダ州オーランドで開催されている、SAP主催のe-ビジネスに関する国際会議) の場で行われました。

ヒューレット・パッカード (HP) のバイスプレジデント兼CIOであるクレイグ・フラワー (Craig Flower) 氏は、「HPでは、複雑化と競争激化が進んでいる環境において、業務の効率化を向上させるために、mySAP SCMの導入を全社的に進めています。HPは、mySAP SCMを導入することによって、製造サイクルの大幅な短縮、製造コストの大幅な削減、および顧客への配送時間の正確性をいち早く実現したいと考えています。」と語っています。さらに、SAPとHPは最近、サプライチェーン・マネジメント・ソリューションを共同開発することを発表しました。顧客はこのソリューションを利用することによって、導入に要する期間を短縮し、SCMソリューションに対する投資をより早く回収できるようになります。両社はこの共同開発合意の一環として、販売チームとコンサルタントのクロストレーニング (複数の職種の仕事ができるように訓練すること) を実施する予定です。

このトレーニングの目的は、mySAP SCMソフトウェアとヒューレット・パッカードのハードウェア・ミドルウェアを組み合わせたソリューションを設計および開発し、ハイテク、消費財、自動車、航空宇宙、防衛、エンジニアリング、建設業界のグローバル産業向けに提供していくことです。

SAPは製造企業向けのサプライチェーンを刷新

SAPは、コンパック、ヒューレット・パッカード、マイクロソフト、シャープなど技術革新を主導している企業を支援するため、相互接続型サプライチェーン・ソリューションを管理しています (コンパックについては、同社のmySAPプロダクト・ライフサイクル・マネジメントの導入についてのプレス・リリースをご参照ください)。ハイテク企業は顧客およびパートナー企業との関係強化、サプライチェーン関連コストの削減、および最終製品の在庫の全体的な削減を目指してmySAP SCMを導入しています。

mySAP SCMを利用すれば、複雑な部品構成の製品を扱う場合でも、製品の部品構成の決定から注文までの一連の処理をWeb上で行うことができるなど、その製品特性に基づいて計画を立て、予測することができます。これによりハイテクOEM企業は、市場の要求を予測し、変化に対して機敏に対応することができます。その結果、ライフサイクルの短い製品や部品の販売利益を最大化することができます。mySAP SCMは、顧客はパートナー企業との連携支援をするために、このほかにも豊富な連携機能を備えており、また、RosettaNetなどの業界標準をサポートしています。

世界最大の印刷機メーカーであるHeidelberger Druckmaschinen AG (HDM) は、mySAP SCMを利用して予備部品事業を管理しています。HDMのグローバル・サービス・ロジスティクス担当マネージャーであるアクセル・ダンカー (Axel Dancker) 氏は次のように語っています。「当社のサービス担当者は、イントラネットのグローバル在庫照会機能を利用することによって、世界中の倉庫にある取り寄せ可能な(available-to- promise, ATP) 製品を調べることができます。これにより、お客様に製品を届けるための最良の方法を即断できるので、当社の競争力の向上につながります。」

Equiva Trading Companyは、世界最大級の石油供給/取引会社であり、Equilon Enterprises LLC、Motiva Enterprises LLC、およびシェルとテキサコの関連会社に対して供給・取引サービスを提供しています。Equiva Trading CompanyはmySAP SCMを利用することによって、取引を効率化し、また財務報告と在庫追跡の正確性を高めることを目指しています。また同社はSAPと協力して、SAPR SchedulerのWorkbenchと現在マーケットプレイスで使われている取引システムを接続する、オープンなインタフェースの構築を進めています。このインタフェースが構築されれば、システムのオープンな利用が可能になり、拡張性が向上します。特に、取引帳簿と総勘定元帳を統合できるという点が重要です。結果として、財務報告と実在庫追跡の正確性を高めるとともに、精油所と石油製品ターミナルを結ぶ一次供給網における取引処理を統合することができます。

mySAP SCMは世界最高水準のソリューション
mySAP SCMをグローバル展開することの意義は、直線的なサプライチェーンを適応力のあるサプライ・ネットワークに変えることにあります。SAPは、技術に詳しい企業を支援するため、サプライチェーン管理に関する幅広い業界知識と実務経験を備えたメンバーからなる、発展型のチームを編成しました。

SAPの上級副社長兼グローバルSCMチームのリーダーであるボブ・ベッツ (Bob Betts)は、次のように述べています。「当社は、机上で考えるだけでは現実の業務上の問題を解決できない、ということを認識しています。実際SAPは、サプライチェーン・ソフトウェアの水準を上げることに取り組んできました。具体的には、導入企業が業務プロセスの計画、遂行、連携を行う際に、より高度で適応力のあるネットワークを利用できるよう努めてきました。SAPはお客様と協力することにより、実現可能な価値と収益性を重視しながら、お客様毎の業務上の課題を解決したサプライチェーン・ソリューションを通じて大きな成果を上げています。」

SAPは、グローバルなサプライチェーン業務に関するコンサルタントを認定しました。コンサルタントは、顧客企業のサプライチェーンに関する主なニーズを明確化し、収益性が向上するようソリューションを最適化することを支援します。このような効果は、企業に対して大きなメリットをもたらすための戦略、組織、プロセス、および技術を統合した包括的なコンサルティング手法によって生み出されます。

SAPのサプライチェーンの専門家は、業務上の具体的な問題を解決し、時間とコストを節約するために、各地域にあるサプライチェーン・ソリューション・センターで、各企業と協力してサプライチェーン・ソリューションを開発しています。このソリューションは、また、SAPベスト・ビジネス・プラクティスfor SCMという、企業の意思決定を支援するための総合的なツールが用意されています。

SAPについて
SAPは、e-ビジネス向けソフトウェアソリューションの提供者として世界でもトップクラスの存在です。全世界の企業が、mySAP.comのe-ビジネス・プラットフォームを通して、顧客やパートナーとの関係改善、業務の効率化、サプライチェーン全体に渡る大幅な効率化を達成しています。現在、100カ国以上の国々の1万3000社以上の企業が、3万サイト以上のSAPソフトウェアを使用しています。50カ国以上に支社を持つSAPの株式は、フランクフルト証券取引所とNYSEを含むいくつかの証券取引所において、「SAP」のコード名で上場しています(詳しくは、http://www.sap.com/ をご覧ください)。

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、eビジネス向けソフトウェアの世界トップ企業(世界120ヶ国、13500社、1000万人ユーザ)であるSAP AGの日本法人として1992年に設立されました。統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、電子商取引市場(eマーケットプレイス)の構築など、日本企業の情報化の推進と国際競争力及び企業価値を高めるため、企業内外のあらゆる業務の効率化を図り、相乗効果をもたらすソリューションを提供しています。日本国内では現在、780以上の企業グループでSAP製品がビジネスに活用されています。

Tags: