キャップジェミニ・アーンスト&ヤングとSAPが自動車業界におけるサプライチェーン改革のための新たなソリューション提供で協業

2001年8月21 日 by SAP News 0

-自動車業界向けに需要への柔軟な対応能力向上、コスト削減を実現するソリューションを共同開発-

Tokyo本リリースは、8月20日にキャップジェミニ・アーンスト&ヤングおよび
独SAP本社から発表のあったものを和訳したものです。

キャップジェミニ・アーンスト&ヤング(以下 CGE&Y)とSAP AG(以下 SAP)は、自動車業界のサプライチェーンを改革するグローバルプログラムに関連し、両社が共同で取り組む戦略計画を発表しました。戦略ITコンサルティング業界とソフトウェア業界を代表する両社のこの協業は、自動車業界に向けて互いの持つ優位性と専門性を強化し、ジャスト・イン・タイム納品や受注生産プロセスといった、業界で現在最も切迫している課題に取り組むものです。

この協業では、CGE&Yのアダプティブ・エンタープライズ自動車会社モデル(以下AAEM)と、SAPのmySAP自動車産業向けソリューションを統合したものを開発します。AAEMは、現在の急速に変化しつづける環境において組織が利益を最大化しつづけるためのビジョンと、企業がこのビジョンを達成するために必要となる基礎的な要素から構成されます。統合されたソリューションは次のような手法により自動車業界の抱える課題に取り組みます。

  • 受注生産される自動車をできるだけ短い納期で生産する
  • 少量生産を行い、変動するマーケット需要に生産量を対応させる
  • 完成車メーカー、サプライヤー、ディーラー、消費者など自動車生産・購買にかかるすべての関係者に対し、部品サプライヤーからショールームまでサプライチェーンの端から端まで完全なガラス張り化を実現する
  • 製品設計と製造をより高度に統合し、ニューモデルの開発期間を短縮する
  • 市場のニーズの変化に対し、サプライヤー・完成車メーカー・ディーラーが、その戦略・プロセス・システムを持続的に適応させる

SAPのmySAP自動車産業向けソリューションは、設計・開発計画・サプライチェーン・マネジメント、購買、カスタマ・リレーションシップ・マネジメントすべてをひとつのインターネット・プラットフォームで提供します。mySAP.comは、自動車の開発や生産段階において発生する様々な変更を常時確認することができるようになります。

CGE&YのAAEMは、受注生産や注文ステータス確認プロセスにおいて、高度に先進的なコンセプトを具現化したものです。このモデルを取り入れることにより、完成車メーカーはサプライチェーン各所からのデータをリアルタイムで収集・統合し、これに合わせて生産・物流計画を変更して、自動車生産プロセス全体を高速化することができます。長期的な見地からは、サプライチェーンにおける様々な利害関係者が、このモデルの下にシームレスに協業することが可能になります。ニューモデルの市場投入計画ではその開発において協働し、メーカーが顧客需要に応じて供給を調節することが可能となります。

AAEMを支える主要なコンセプトは以下のとおりです。

  • 「アダプティブ(環境適応型)」とは、一企業の枠を超えて戦略とオペレーションを継続的に構築/再構築し実行することを意味し、その結果変化する需要への対応が可能となる。
  • 「受注後早期納車」コンセプトを展開し、個々の顧客の注文を軸としてサプライチェーン全体において情報が共有され、その結果、決定的な制約を基準とした即座の納期回答が可能となる。
  • ウェブにより統合されたITシステムによりサプライチェーン内の関連企業をリンクさせることにより、調達物流・自動車組み立て・販売物流を同期化させる。
  • 生産プロセスの中心部にシーケンシングシステムを利用し、実時間でのフィードバックによる即時の再シーケンシングを可能として「アダプティブ生産(環境適応型生産)」を実行する。

両社は、mySAP.comをベースとしたこの新しいソリューションを顧客が最大限に活用できるように、CGE&YのSAP自動車産業研究センター(米国デトロイト)を強化します。

SAP 組立産業セクターの上級副社長のニルス・ヘルツベルグは、「CGE&Yと共同でビジネスができることは大いに喜ぶべきことです。私達はCGE&YがAAEMとして集大成した、自動車産業における専門知識・技術を大いに活用できると期待しています。両社のソリューションを統合し、自動車産業に改革をもたらすということは、増大するニーズの解決につながり、この業界に対する私達の取り組みを立証するものです」。

CGE&Yの製造・ハイテク・自動車産業のグローバル統括責任者ケビン・マハニーは、「莫大な過剰在庫、協調機能の欠如、長い納車期間、価格プレッシャーという問題を解決するために、包括的な変革が今すぐ必要であるということは、自動車業界のサプライチェーンに属するものであれば、周知のことです。SAPとパートナー関係を築くことは、これらの障害物を取り除き、私達のモデルが持つ便益をマーケットにより早く供給できるということを意味します。mySAP自動車産業向けソリューションは幅広い機能を持っており、私達のモデルの完全な実装のための理想的なプラットフォームです」。

CGE&YとSAPのジョイントチームはまずフランス、ドイツ、イギリス、アメリカ合衆国で結成されます。 2001年10月7日から9日にかけてドイツ・ボンで行われた「キャップジェミニ・アーンスト&ヤング自動車サミット」では、このソリューションの主要部分について初めてデモンストレーションが行われ、自動車業界の主要企業経営幹部が参加する予定です。

キャップジェミニ・アーンスト&ヤングについて
キャップジェミニ・アーンスト&ヤングは、世界最大、最強かつ最先端の戦略・ITファームの一つです。めまぐるしく変化するビジネス環境において、企業がITを活用し、そして継続して成長するよう、コンサルティング、システム・トランスフォーメーション、およびアウトソーシングを、グローバルに一貫して提供しています。6万人以上のコンサルタントを擁する上場企業です。各サービスラインや弊社のリサーチについての詳細は、http://www.cgey.co.jp をご覧下さい。

SAPについて
SAPは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーです。SAPは、e-ビジネスプラットフォームであるmySAP.comを通じて、統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、電子商取引市場(eマーケットプレイス)、ポータル(Enterprise Portal)、製品ライフサイクル管理(PLM)などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。SAPのソフトウェアは、すでに世界で120ヶ国、17,000以上の企業、44,500サイト以上で利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。SAPは世界の50カ国以上に現地法人を持ち、またフランクフルト証券取引市場やニューヨーク証券取引市場を含む幾つかの取引市場で「SAP」として上場しております。詳細については http://www.sap.com をご参照ください。

Tags: ,