CSKとSAPジャパン、コールセンター/eコンタクトセンター ビジネスを中核に、CRM事業において戦略的提携へ

2001年9月10 日 by SAP News 0

Tokyo株式会社CSK(代表取締役社長:青園 雅紘、本社:東京都新宿区西新宿、以下 CSK)とSAPジャパン株式会社(代表取締役社長:藤井 清孝、本社:東京都千代田区大手町、以下 SAPジャパン)は、コールセンター/ eコンタクトセンタービジネスを中核とした、CRMビジネスにおける密接な事業協力を内容とする戦略的提携を発表しました。

今回の提携によりCSKは、CRM事業における中核製品のひとつとしてmySAP CRMを位置づけ、これまでに数多くの実績をもつERP(SAP R/3)による基幹業務システム構築ノウハウを最大限活用し、ERPとCRMの連携を強化した統合サービスを顧客に提供し販売を強化していきます。

本提携の具体的内容は下記3分野です。
① CSKによる、eコンタクトセンター構築に必要な全てのサービスの、ワンストップ提供の実施

  • eコンタクトセンター構築に関するコンサルティングから開発・運用・保守まで含めた、トータルソリューションサービスの提供
  • mySAP CRMコンタクトセンター短期導入テンプレートの開発
  • eコンタクトセンターを軸とした、SFAやECと融合したマルチチャネルソリューションの提供

② 共同営業活動の実施

  • 初年度は製造業顧客を中心に共同営業を実施
  • 既存のERP(SAP R/3)顧客を中心として、CRM導入をご検討中のお客様に広く営業
  • 販売目標は今後1年間で10~15社

③ mySAP CRMノウハウの蓄積及び共有化

  • CSK社内に初年度20名の開発支援体制を設置、ノウハウの蓄積・集約化を実施
  • 人材交流による、両社のノウハウ共有化および技術者の共同育成

「グループ企業の総合力を活かして、コンサルティングから構築・運用・保守を含めたトータルソリューションを提供する」というCSKのビジョンと、コンタクトセンター分野で運用・保守まで含めたトータルソリューションを提供できるパートナーを求めていたSAPジャパンの考えが一致し、今回の戦略的提携に至りました。

本提携により、お客様企業はmySAP CRMという付加価値の高いソリューションを、CSKの運用・保守まで含めたトータルなサービスにより享受可能となり、より安心・確実にCRMシステムを構築し、お客様企業の顧客との関係をさらに改善することが可能となります。
お客様企業の顧客関係改善を目的に、CSKとSAPジャパンは更に提携を強化してまいります。

CSKについて

株式会社CSK(本社:東京都新宿区)は、情報サービス業界独立系最大手として、最新IT(インターネット及びデータベース技術等)によるシステム・インテグレーションサービスを始め、システム関連機器販売・工事サービス、IT教育・ユーザーサポートサービス等を提供しています。傘下にセガをはじめ10社の公開企業を含む国内外60社のグループ企業を持ち、連結ベースの従業員数は約1万人、2001年3月度の連結売上は4,186億円です。

基幹業務システムに関するサービスのひとつ、ERPパッケージのSAP R/3については、1995年よりのパートナーとして幅広い業種においての導入実績を持ち、現在も150名以上の体制でサービスを提供しています。

コールセンターおよび eコンタクトセンター事業に関して、CSKは、傘下のテレマーケティング業界最大手のベルシステム24(稼動オペレーター数は1万6千人)、ヘルプデスクサービス大手のサービスウェアコーポレーション、沖縄コールセンターのCSKコミュニケーションズという3社の有力企業と共に、トータルソリューションサービスを提供しています。

SAP CRMについて

SAP CRMは海外で850社(2001年6月時点)の実績があり、日本市場では2001年6月1日に日本語版SAP CRM 2.0Cを出荷し始めております。SAP CRMは、SCMやビジネスインテリジェンスのコンポーネントと組み合わせることにより、mySAP CRMソリューションとして,顧客の幅広いCRMニーズに応えることができます。mySAP CRMは、基幹システムとの統合という強みに加え、インターネット、テレフォニー、フィールドセールスなどのマルチチャネル化を実現し、eコンタクトセンター化を可能とします。

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、電子商取引市場(eマーケットプレイス)などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。すでに世界では120ヶ国、15,000以上の企業で1,000万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに820社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に貢献しています。

Tags: ,