大日本印刷とSAP、電子調達分野での協業

2002年2月26 日 by SAP News 0

大日本印刷、オンライン・サプライヤ・ハブとコンテンツ加工サービスを
SAP MarketsおよびSAPユーザに提供

TokyoSAPジャパン株式会社(代表取締役社長:藤井 清孝、本社:東京都千代田区大手町、以下SAPジャパン)とSAPグループの企業間電子商取引関連会社である米SAP Markets、日本最大手の印刷会社である大日本印刷株式会社(代表取締役社長:北島 義俊、本社:東京都新宿区市谷加賀町、以下大日本印刷)の3社は本日、国内における電子調達分野のSRM*1ソリューションでの協業を行うと発表しました。具体的には、SAPとSAP Marketsの製品を利用する日本のユーザ企業に、大日本印刷が電子カタログコンテンツの制作、配信、管理サービスを提供します。

SRM*1: サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント。資材調達から販売に至る流れの管理方法。事業活動の川上から川下までを総合的に管理することで余分な在庫などを削減し、管理コストを引き下げる効果がある。

これを機に大日本印刷は、SAP Marketsとキーパートナー・プログラムを締結します。このキーパートナー・プログラム締結により大日本印刷は、SAPのエクスチェンジ(電子取引)およびプロキュアメント(調達)ソリューションを導入しているユーザ企業に対し、電子カタログ構築の支援やコンサルティング・サービスを提供します。これにより、SAPのユーザ企業は、電子調達での商品選択の幅が広がるとともに、調達コスト削減の効果を増大させることが可能となります。

一方ユーザ企業と取引関係のあるサプライヤも、大日本印刷のサービスが利用できます。
大日本印刷はサプライヤと共同で、データの標準化技術と商品分類のノウハウで主要製品のデータをデジタル化し、企業間取引に対応させます。大日本印刷は現在、顧客企業の膨大なデータベースをオンライン、オフラインの両方で管理するサービスを提供しています。利用しやすく検索が容易な形式で、新規サプライヤの製品を迅速かつ効率的にオンライン化できるようにしています。SAP Marketsの電子調達ソリューションを利用しているユーザ企業各社は、大日本印刷が構築しているサプライヤ・ハブ*2を利用することができます。

サプライヤ・ハブ機能*2: 複数のメーカーやサプライヤの電子カタログデータを 統合的 に管理するサービス

国内最大手で、世界でも有数の印刷会社である大日本印刷は、すでに多くのサプライヤを顧客として持ち、それぞれの企業に製品カタログなど情報メディア関連のサービスを提供しています。またSAPはERP(Enterprise Resource Planning)*3を中心とした業務システムの大規模ユーザをすでに多く抱えており、これらのユーザは巨大な購買力を持った企業でもあります。大日本印刷のコンテンツサービスとSAPのSRMソリューションは、ここに有機的に統合され、B2B電子商取引の活性化と市場拡大に貢献します。

ERP*3: エンタープライス・リソース・プランニング
これまで、企業内でセクションごとに散在し、個別管理されていた財務・人事・生産・物流などの情報リソースを一括管理すること によって経営の効率化を図るための手法。

SAP Marketsのキーパートナー・プログラムは、世界中の顧客企業に付加価値とサービスを提供し、成長を続けています。大日本印刷との提携は、非常に価値のあるサービスを加えるものであり、日本の顧客企業はコスト効率に優れたコンテンツ管理が可能になります。

以上

<SAP Marketsのコメント>

「当社は、顧客企業および顧客企業と取引のあるサプライヤに大きな付加価値をもたらす企業と積極的に提携しています。日本という

重要な市場の有力企業であり、国内の大型eマーケットプレイスや大企業のプライベートエクスチェンジサイトで、ジャパン・イーマーケットなどの電子

商取引市場での電子カタログの製作とコンサルテーションの実績を持つ大日本印刷様は、当社の顧客企業に利益をもたらしてくれるに違いありま

せん。」

アジア太平洋地域担当取締役 Zia Yusuf (ジア・ユーサフ)

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネージメント(SRM)やサプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、企業向けポータル(Enterprise Portal)、製品ライフサイクル管理(PLM)などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。すでに世界では120ヶ国、17,000以上の企業で1,000万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに920社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に貢献しています。 ( http://www.sap.co.jp

SAP Marketsについて
SAP Markets はSAPグループ内のe-Procurement、プライベート・マーケットプレイス、エクスチェンジ・ソリューションを提供する関連子会社として2000年5月に設立されました。当社は間接材のみならず、直接材も対象とした電子調達ソリューションと、企業内及び企業間のプロセスを統合するソリューションを開発しており、全世界1,200社を超える顧客に販売実績を持っています。本社:米国、カリフォルニア州パロアルト。現地法人:独、セント・レオン・ロット及びシンガポール。

SAP、SAPロゴ、mySAP.com、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はSAP AGのドイツ及びその他の国における登録商標または商標です。また、SAP MarketsおよびBusiness Beyond Boundariesは、SAP Markets, Incの商標です。MarketSetおよびEnterprise Buyerは、SAP Markets, IncとCommerce One, Incの共同商標です。記載されているその他の商品名およびサービスの名称はそれぞれの権利者の商標です。

Tags: ,