企業購買を変える。-勝ち抜く企業のための電子調達ソリューション

2002年4月2 日 by SAP News 0

-SAPジャパン、700名規模の「mySAP SRMセミナー」開催-
電子調達ソリューションの最新動向を披露

TokyoSAPジャパン株式会社(代表取締役社長:藤井 清孝、東京都千代田区大手町、以下SAPジャパン)は、本日、企業戦略セミナーシリーズの一環として、「企業購買を変える。-勝ち抜く企業のための電子調達ソリューション」mySAP SRM*セミナーを開催する、と発表しました。本セミナーは、本年(2002年)1月に「mySAP SRM」として新たな電子調達ソリューションの概要を発表し、SAPジャパンが多数の協力会社とともに2月より開始している販売促進キャンペーンの集大成として実施するものです。開催日は4月11日(木)で、東京国際フォーラムを会場としており、来場人数は約700名を見込んでいます。

*SRM:サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント。資材調達から販売に至る流れの管理方法。事業活動の川上から川下までを総合的に管理することで余分な在庫などを削減し、管理コストを引き下げる効果がある。SAPの提供するSRMソリューションである、mySAP
SRMは、電子調達ソフトウェアであるEnterprise Buyer Professional Edition (エンタープライズバイヤー・プロフェッショナル・エディション)をベースに開発され本年1月に発表された新しいソリューションです。

SAPジャパンは今回のセミナーを通じ、購買システム導入を検討されているSAP導入企業に対し、業務プロセスの改革や電子調達ソリューションの導入における戦略購買がいかに重要かについて訴求していきます。

特に、複数企業間における購買プロセスの統合や購買業務の効率化、そしてコスト削減をテーマに、最新の電子調達ソリューション「mySAPサプライヤ・リレーションシップ・マネジメント(SRM)」を、日産自動車株式会社様や国内大手製薬メーカーにおける導入事例を交えてご紹介していきます。さらにゲストスピーカーには日本アイ・ビー・エム株式会社様、アクセンチュア株式会社様、大日本印刷株式会社様をお迎えし、電子調達分野における構造改革やカタログコンテンツをテーマにお話いただく予定です。

【開催概要】

●名 称:企業購買を変える。-勝ち向く企業のための電子調達ソリューション
●日 時:2002年4月11日(木) 10時-17時10分(受付9時30分より)
●主 催:SAPジャパン
●会 場:東京国際フォーラム・ホールB
●参加費:無料

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネージメント(SRM)やサプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、企業向けポータル(Enterprise Portal)、製品ライフサイクル管理(PLM)などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。すでに世界では120ヶ国、17,000以上の企業で1,000万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに920社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に貢献しています。 ( http://www.sap.co.jp

Tags: ,