mySAP™ CRMの導入企業数が1500社を突破

2002年4月22 日 by SAP News 0

プロセスの透明性、統合能力、分析機能が高く評価されるSAPソリューション

Tokyo【ドイツ、ワルドルフ 2002年4月8日】SAP AG(NYSE:SAP)は本日、1999年末に発売を開始したmySAP Customer Relationship Management(mySAP CRM)の採用企業数が世界で1500社を超えたと発表しました。SAPのCRM事業は2001年に4億4500万ユーロの売上を実現し、CRMソフトウェア・ベンダーとしては第2位、採用顧客数では第1位となりました。製薬会社のアストラゼネカ(AstraZeneca)やラシオファーム(ratiopharm)、そしてクープ・ノルウェイ(COOP Norway)、IDSシェアーCEE(IDS Scheer Central and Eastern Europe)、ネスレ・ノルディック(Nestle Nordic)、ノルスク・ハイドロ・ガス&ケミカルズ(Norsk Hydro Gas & Chemicals)、オスラム(Osram)、シーメンスICM(Siemens Information and Communication Mobile)などの有名企業がmySAP CRMを採用しています。

mySAP CRMは、ERP(統合業務パッケージ)などの既存アプリケーションとの統合能力、プロセスの透明性、拡張性、分析機能が高く評価されています。

ソフトウェア・ソリューションであるmySAP CRMは、カスタマ・リレーションシップ・マネジメント(CRM)の基幹業務であるマーケティング、セールス、サービス、アナリティカルCRM、マルチチャンネル管理(インターネット、インタラクション・センター、パーソナル・コンタクトを含む)等のビジネスプロセス統合を可能にします。多くの企業がSAPのCRMソリューション導入を決めています。以下は採用企業の紹介です。

ロエベ – mySAP CRM Interaction Center(mySAP CRMインタラクション・センター)で顧客との距離を短縮

高級ライフスタイル製品と革新的システム販売の独ロエベ(Loewe)は、昨年度3億9200万ユーロの売上高を記録した、ホームマルチメディアのリーディング・サプライヤです。同社は革新的企業風土と新しいテクノロジーをいち早く取り入れることで世界的に知られ、その製品はデザイン、テクノロジー、品質で高い評価を得ております。また、同社が新たに立ち上げたカスタマーケア・センターにより、顧客との距離を更に縮めることにも成功しています。ロエベのぺーター・ワイル(Peter Weil)マーケティング・サービス・マネージャーは、「mySAP CRMを採用したカスタマーケア・センターを立ち上げたことによって、我々はハイバリューな家電サプライヤとしてのマーケット・ポジションを強化することに成功しています。最高級のサービスを提供することで、ロエベブランドに対する深い信頼を勝ち取りたいと考えています」と述べています。

FAGクーゲルフィッシャー – mySAP CRM Mobile Sales(mySAP CRMモバイル・セールス)で成功

FAGクーゲルフィッシャー・ゲオルグ・シェーファーAG(FAG Kugelfischer Georg Schafer AG、本社:ドイツ、シュワインフルト)は、100年以上にわたって工業用ベアリングで市場をリードしているサプライヤです。1万8000人を超える社員数のうち450人が販売部門であるFAGセールス・ヨーロッパ(12ヵ国に展開)で働いています。2001年の年間売上高は約4億ユーロでした。ヨーロッパ全土におよそ4000の顧客を持ち、4万超の商品を販売する同社にとって、効率的なソフトウェア・ソリューションを導入せずにCRMを実行することは不可能です。FAGクーゲルフィッシャーのW・ユルゲン・シュミット(W. Jurgen Schmitt)最高情報責任者(CIO)は、「当社では以前からSAP製品を使用しています。製品の機能、SAP R/3との緊密な統合性、短時間の導入を実現するソリューションは、mySAP CRM以外に考えられませんでした」と述べています。

現在、mySAP CRMモバイル・セールスはFAGセールス・ヨーロッパのドイツ部門にて試験採用されています。FAGセールス・ヨーロッパのベルンハルト・ファーフェンベルガー(Bernhard Pfaffenberger)ビジネスおよびアドミニストレーション担当副社長は、現在進めている段階的プロジェクトの成功を確信して、次のように述べています。「プロセスの効率が向上し、市場シェアが高まることが期待できるため、2年もかからずに投資を回収できると考えています。」

メリタ – 販売業務の一層の効率と柔軟性を追求
独メリタ(Melitta)のコーヒーマシン、フィルター、コーヒーは、多くの家庭、オフィスでお馴染みです。mySAP Customer Relationship Management(mySAPカスタマ・リレーションシップ・マネジメント:mySAP CRM)により、適切な供給が保たれ、販売店が在庫切れを起こさないようにしています。同社は、mySAP CRMを導入して、ホテルやレストラン向けのシステム・サービス、在庫管理、キャンペーン管理などの業務に役立てています。
 mySAP CRMモバイル・セールスによって、メリタの顧客はセールス担当者に直接注文を出すことが可能です。ドイツとフランスを担当する150人のセールス担当者は、ラップトップコンピューターに保存された店舗の棚のレイアウトと実際のレイアウトを現場で比較することができるなど、さまざまな利便性を享受しています。

メリタのミヒャイル・ユゼック(Michael Jusek)CRMマネージャーは、「当社のすべての要求を満たす製品はmySAP CRMしかありませんでした。なかでも、mySAP CRMの幅広い分析機能は圧倒的で、統合性も不可欠な要素でした。それ以外にも、各国で展開可能な機能を備える点も重要でした。SAPソリューションは多言語対応ですし、各国の法律にも対応しています。さらに、ヨーロッパ全域に業務を展開していることもSAPを選択した理由です」と述べています。

SAPのグローバルCRM担当上級副社長であるキャロル・バーチ(Carol Burch)は次のように述べています。「効率的なカスタマ・リレーションシップ・マネジメントは今や、企業の近代的経営にとって欠かせないものです。短期間でROIを実現するプロセス駆動型のCRMプロジェクトに目を向ける企業が増えており、サプライチェーン・マネジメントやプロダクト・ライフサイクル・マネジメントなどのeビジネス・アプリケーションと容易に統合可能なソリューションが求められています。」

mySAP CRMの現行バージョンは、実績あるオペレーション機能、分析機能、エンタープライズワイドCRM機能を備え、100を超える定義済みビジネスプロセスで迅速な展開を可能にしています。

SAP CRMについて
顧客接点のあらゆる情報をマルチチャネル&マルチライフサイクルで一元管理する事により、従業員のエンパワーと顧客志向経営を同時に実現する「第三世代型エンタープライズCRMソリューション」で、世界で1,500社以上(2002年3月末時点)の実績を持ちます。
2001年10月に出荷開始となったバージョン3.0以降は、レガシーや他社製ERPと連動させる事も可能になり、顧客のシステムに合わせた柔軟性、拡張性の高い導入アプローチを実現します。

SAPについて
SAPは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーです。SAPは、e-ビジネスプラットフォームであるmySAP.comを通じて、統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、電子商取引市場(eマーケットプレイス)、ポータル(Enterprise Portal)、製品ライフサイクル管理(PLM)などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。SAPのソフトウェアは、すでに世界で120ヶ国、17,000以上の企業、44,500サイト以上で利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。SAPは世界の50カ国以上に現地法人を持ち、またフランクフルト証券取引市場やニューヨーク証券取引市場を含む幾つかの取引市場で「SAP」として上場しております。詳細については http://www.sap.com をご参照ください。

Tags: