ジェネシス・ジャパンとSAPジャパン日本市場での先進のコンタクトセンターの実現に向けて協業関係強化

2002年6月5 日 by SAP News 0

~Gplus Adapter for SAP CRM提供開始~

TokyoSAPジャパン株式会社(代表取締役社長:藤井 清孝、本社:東京都千代田区、以下SAPジャパン)と、コンタクトセンター・ソリューションのリーディング プロバイダであるジェネシス・ジャパン株式会社 (代表取締役社長:手塚 文孝、本社:東京都中央区、以下ジェネシス・ジャパン)は、ジェネシス・ジャパンが本日から国内において「Gplus Adapter for SAP CRM」を市場投入するのに伴い、今後、両社が国内市場において先進のCRM戦略の実現に向けた支援を共同で行っていきます。

Gplus Adapter for SAP CRMは、SAP CRM3.0とGenesys6を連携させるアプリケーションです。導入企業は、Gplus Adapter for SAP を利用することにより、SAP CRM3.0とGenesys6をマルチメディア環境において容易に統合できるようになります。そのため、2つのアプリケーションを統合する際の導入時間を短縮し、さらには、カスタマー・サービスにおける質と効率を高めることが可能となります。

従来、SAP CRMとCTIとの接続は電話に限定されていました。しかし近年、Faxやe-メール、ウェブ・チャットなど、電話以外のコンタクト手段を顧客に提供することで、顧客満足度の向上を目指す企業が増加しています。Gplus Adapter for SAP CRMは、企業が検討しているこれらのコミュニケーション手段すべての統合を実現します。

SAP CRM3.0とGenesys6を統合するGplus Adapter for SAP CRMは以下の特長を備えています。

  1. 従来の電話のみならず、eメールやウェブ・チャットのチャネルに対応し、さらに同じウェブ画面を双方で共有しながらのコミュニケーションを実現。
  2. Genesys6から顧客情報や対応履歴をリアルタイムに引き出す一方、mySAP CRMからも対応履歴や顧客に対するサービス内容、製品情報、業務別プロファイル、顧客属性などを引き出し、それらの情報を連携させることで、mySAP
    CRM 環境で高レベルな顧客対応を実現。
  3. 1つの画面上で、顧客に関連する全ての情報やさまざまなチャネルを通して行われた顧客対応履歴を一度に閲覧することが可能。
  4. 中小企業のみならず、大規模なコールセンターにも対応。

以上により、企業のサポートスタッフは、mySAP CRMを使って、ジェネシス側で蓄積した顧客対応内容の全体像を把握でき、一貫した対応によって効率よく顧客のニーズに対応することができます。

Gplus Adapter for SAP CRMは、企業にとって有益な顧客情報の迅速な入手と適切な顧客対応を実現します。このソリューションを活用することによって、企業は顧客拡大やマルチチャネルサポート、受注処理、サービスなど、接点を持つあらゆる段階で顧客ニーズを満たすことができます。日本での販売価格は1席あたり52,500円から。ジェネシス・ジャパンの販売代理店を通じて販売されます。 

なお、SAPジャパンは、ジェネシス・ジャパンが主催するコンファレンス「G-Force Japan 2002」に協賛社の一社として参加し、「インタラクションセンターから始めるエンタープライズCRM」をテーマに講演を予定するほか、Gplus Adapter for SAP CRMを披露する予定です。

<G-Force Japan 2002 開催概要>
■ 開催日時:2002年6月6日(木)10 : 30-17 : 40 (受付開始:10 : 00より)
■ 開催会場:京王プラザホテル 本館 5F コンコードボールルーム
       東京都新宿区西新宿2-2-1
       http://www.keioplaza.co.jp/other/map.html

■ 主  催:ジェネシス・ジャパン株式会社
■ 入 場 料:無料(事前登録制)
■ セミナーの詳細 http://www.seminaroffice.com/genesys/gforce/

以上

SAP CRMについて
顧客接点のあらゆる情報をマルチチャネル&マルチライフサイクルで一元管理する事により、従業員のエンパワーと顧客志向経営を同時に実現する「第三世代型エンタープライズCRMソリューションです。世界で1,500社以上(2002年3月時点)の実績を持ちます。
2001年10月に出荷が開始されたバージョン3.0は、SFA、インタラクションセンター、マーケティング、サービスや顧客分析など各コンポーネントの大幅な機能強化が図られた他、SAP
R/3との統合を前提としない単体導入が可能です。
ユーザ企業はSFAやインタラクションセンター等必要なソリューションを短期間・低コストで稼動させ、必要に応じて他チャネルやレガシー・ERPと統合させ、第三世代のエンタープライズCRMへと発展させるという柔軟で拡張性の高いアプローチを取る事が可能になります。

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネージメント(SRM)やサプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、企業向けポータル
(Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。すでに世界では120カ国、17,500以上の企業で1,000万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに950社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に貢献しています。( http://www.sap.co.jp

ジェネシス社について
ジェネシス社 (Genesys Telecommunications Laboratories, Inc.) は、Alcatel(アルカテル)の独立子会社で、企業のCRM戦略を実現するために必須な要素であるコンタクトセンター・ソリューションのリーディング
プロバイダです。ジェネシス社は、あらゆる形式のメディア、ネットワーク、アプリケーションを介したインタラクションを統合するオープンでインフラ非依存のソリューション群を提供しています。
同社は、サンフランシスコに本拠を置き、創立以来10年間で、Global Service2000の企業、大手テレコム、サービスプロバイダに導入実績があり、販売拠点は全世界43カ国に広がっています。詳細は同社のWebサイト
http://www.genesyslab.co.jp で参照いただけます。

Tags: ,