SAP、米国フロリダ州でのSAPPHIRE ’02 ORLANDOで技術革新と顧客の成功事例を発表

2002年6月13 日 by SAP News 0

高い投資回収率を達成した顧客の導入事例、人的資源:情報:システムと
ビジネスプロセスにおけるコラボレーションを推進する拡大ソリューションなどを紹介

Tokyo【フロリダ州オーランド発 2002年6月5日】 SAP AG (NYSE: SAP) は本日、国際的なe-ビジネス会議であるSAPPHIRE ’02を開催し、顧客企業やパートナー企業とともに、8500人を上回る会議の参加者に対し、革新的なテクノロジーソリューションや、SAP e-ビジネスソリューションを導入した顧客の成功事例を紹介しました。SAPはこのe-ビジネス会議において、企業の人的資源やシステム、またアプリケーションに対する既存の投資を、異なるテクノロジーが混在する環境下で活用可能にするオープン・テクノロジー・アーキテクチャに基づいた、企業にとってキーとなるソリューションを複数発表しました。さらに、同会議では、最大規模のグローバル企業から中小企業に至る60社以上のSAPの顧客企業が、現存するビジネス上の問題を解決するため、SAPソリューションをどのように活用しているかについて紹介しました。

SAPPHIRE ’02 ORLANDOでの発表
SAPPHIRE ’02 ORLANDOで発表されたソリューションの中には、クロスアプリケーション (以下xApps) と呼ばれる一連の新しいソリューションがあります。これは単なるテクノロジー上のインタフェースを超えて、新たな段階でのビジネスプロセス間の協力を達成するものです。xAppsは企業内外にある既存のアプリケーションを基礎に構築され、クロス機能を持つ適応性の高いビジネスプロセスを提供します。

SAPはまた、顧客需要と供給活動が起こる間の時間差を圧縮するため、mySAPカスタマ・リレーションシップ・マネジメント (mySAP CRM) とmySAPサプライチェーン・マネジメント (mySAP SCM) の統合をさらに推進すると発表しました。この統合により、企業は、日々変化する市場環境に迅速に対応し、収入の機会を最大化する一方でコストを最小にし、顧客サービスの向上を可能にし、生産性と効率性の向上を実現します。

SAPはまた、中小企業を主要ターゲットとするという戦略に沿って、スマート・ビジネス・ソリューションのポートフォリオを拡大したことを発表しました。 中小企業向けのSAPソリューションは、「mySAPオールインワン」、 「SAPビジネスワン」と命名され、 企業規模やIT要件の程度に関わらず、中小企業のITニーズに応えていきます。

SAPはさらに、顧客企業におけるmySAP CRMの高い投資回収率に関し、独立機関による調査報告、『ROI レポート』を発表しました。この中ではブラザー・インターナショナルやカナダ・ポストなど3社の事例が紹介されています。『ROI レポート』は、顧客を中心として企業の人的資源、プロセス、そして知識をシームレスに(つなぎ目なく)連係させる、SAPの「接続された」CRMソリューションによって達成された利益の具体的事例を示しています。

SAPはさらにまた、「mySAPテクノロジー」を完成し、オープンスタンダードに準拠したウェブサービス・ビジネスプラットフォームを提供するという約束を履行しました。mySAPテクノロジーは、2001年11月のTechEdにおいて初めて発表されたものです。人的資源、情報、プロセスを統合するプラットフォームであり、異種混在の環境下において、また個々の企業の境界を越えて、企業が既存のIT投資の価値を拡大することを可能にします。

SAPPHIRE ’02 ORLANDOではこのほか、SAP プロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、カスタマ・リレーションシップ・マネジメント(CRM)など、各ソリューションの機能拡大や、アドビ・システムズとの協業などが発表されました。

SAPについて
SAPは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーです。SAPは、e-ビジネスプラットフォームであるmySAP.comを通じて、統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、電子商取引市場(eマーケットプレイス)、ポータル(Enterprise Portal)、製品ライフサイクル管理(PLM)などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。SAPのソフトウェアは、すでに世界で120カ国、18,000以上の企業、50,000サイト以上で利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。SAPは世界の50カ国以上に現地法人を持ち、またフランクフルト証券取引市場やニューヨーク証券取引市場を含む幾つかの取引市場で「SAP」として上場しております。詳細については http://www.sap.com をご参照ください。

Tags: