ハイテク企業がSAPのサプライチェーン・マネジメントで多くの成果を達成

2002年11月1 日 by SAP News 0

世界で70社以上のハイテク企業がmySAP SCMを導入、サプライチェーン・マネジメントを通じてコスト削減を目指す

Tokyo【米テネシー州ナッシュヴィル発 】SAP AG(NYSE:SAP)は本日、生産性の改善、在庫やコストの削減などを通じて市場での競争力を維持するためにmySAP サプライチェーン・マネジメント(mySAP SCM)を導入する大手ハイテク企業が増加していると発表しました。mySAP SCMは、ハイテク企業が取引企業と協力して行う需要予測や需給計画、直接調達の処理、生産外部委託の管理、さらに注文調達の確保などを可能にします。

現在、ヒューレット・パッカード(HP)、モトローラ、LSIロジック、AMIセミコンダクターなど70社以上のハイテク企業がmySAP SCMを導入しています。これらのハイテク企業は、mySAP SCMを活用して、ビジネスパートナーとの協業プロセスや、エンジニアリングの外部委託、製造販売、配送、サービスなどにおける複雑なサプライチェーンの問題に対処しています。それぞれの企業が異なるニーズを抱えていますが、SAPはこれまで市場やプロジェクト、業績に関する情報をリアルタイムで提供するソリューションを供給することで、企業が需要や経済情勢、顧客ニーズの変化に対応できるよう支援してきました。

ハイテク製品の世界的リーディング・サプライヤであるHPは、プリンタ事業に関する多数の問題を解決するためにmySAP SCMを選びました。同社ではこれまで、需要予測の算出に時間がかかり、またその予測も信頼性の低いもので、需給計画の立案に多大な時間を要し、需要と供給にずれが生じていました。HPは、2000年11月にmySAP SCMを稼動させて以来、納期にかかわるサイクルタイム50%、在庫を20%、陳腐化しつつある在庫を30%、需要予測の算出時間を50%削減しています。今後HPでは、サプライチェーン全体を見渡す可視性の実現に向け動き始めており、来年中に世界全体での生産能力のバランスを取る機能を備えたmySAP SCMをベースに将来の基盤を構築する計画です。

HPのワールドワイド・オペレーション、グループ情報責任者のクレイグ・フラワー(Craig Flower)氏は、「今日の変化の激しい経済環境において、特定のビジネス目標に対応してくれるサプライチェーン・プランニング・ソリューションを導入することが重要でした。お客様との距離を縮め、意思決定プロセスを改善し、世界中で真に協力的なサプライチェーンを実現したいと考えていました。SAPは豊富な経験を備え、我々がまさに必要としていた機能を提供してくれます。また、mySAP SCMは当社の成長に合わせて拡張、強化できる点もSAPの採用理由となりました」と述べています。

統合通信環境と組み込み電子ソリューションの世界的ベンダーであるモトローラは、mySAP SCMを同社の半導体セクター(SPS)に導入しました。これは、プランニング作業の自動化、在庫削減、サービスレベルの向上によって生産性を改善し、常に市場での競争優位性を維持することを目的とするものです。半導体セクターでは、プランニングに250名、報告に500名の従業員がmySAP SCMを使用する見込みです。

モトローラ半導体セクターのシステムおよびビジネスプロセス統合担当ディレクター、ロバート・ベニー(Robert Benny)氏は、「mySAP SCMが提供する機能については以前から理解していましたが、実際に導入してみて、当社の成長に貢献してくれるような多くの機能を新たに認識しました。モトローラではmySAP SCMを世界中のサプライチェーンに導入し、すでにその成果をあげています。mySAP SCMによって、サプライチェーン全体を非常に詳細に把握できるようになりました」と述べています。

高性能半導体分野の大手で、半導体部品、基板、コンポーネントを提供するLSIロジックは、ウェブを利用したサプライチェーンの再設計を急いでいます。その第一歩として同社は、需要管理の改善とサプライチェーンの可視性の実現を目的にmySAP SCMを選択しました。導入からわずか3ヵ月で、LSIロジックはサプライヤやメーカーと緊密に統合されたネットワークを迅速に構築して商品在庫の可視性を高め、報告やその他のサプライチェーン業務の改善に役立てています。

ASIC(特定用途向け集積回路)の設計・製造で世界をリードするAMIセミコンダクター(AMISベルギー)では、1998年までさまざまなベンダーからライセンスされた商用ソフトウェア・パッケージと、社内で開発したアプリケーションで構成された情報システムを使用していました。このシステムには十分な統合性が備わっていなかったため、ビジネスニーズの変化に対応することができませんでした。そこで、AMISベルギーはSAPによる単一のソリューションを導入することを決定しました。その結果、売上予測、受注登録、プランニング、出荷、請求書発行、購入、会計、原価計算の業務を統合することができました。SAPのソリューションは非常に大きな成果をあげているため、AMISベルギーはSAPの統合プランニング・システムを世界規模で導入することを決定しています。このプロジェクトは2003年9月に完了する予定です。

SAPのエグゼクティブ・ボードメンバーであるクラウス・ハインリッヒ(Claus Heinrich)は、「サプライチェーンにおけるこれらの事例は、SAPが今年手がけた数多くのプロジェクトのほんの一部ですが、mySAP SCMがハイテク業界に優れた品質と機能を提供していることを如実に表しています。また、お客様の特定のビジネスニーズを満たすサプライチェーン・ソリューションを設計・供給するSAPの意欲と能力を証明するものでもあります」と述べています。

SAPについて
SAPは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーです。SAPは、e-ビジネスプラットフォームであるmySAP.comを通じて、統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、電子商取引市場(eマーケットプレイス)、ポータル(Enterprise Portal)、製品ライフサイクル管理(PLM)などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。SAPのソフトウェアは、すでに世界で120カ国、18,800以上の企業、56,000サイト以上で利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。SAPは世界の50カ国以上に現地法人を持ち、またフランクフルト証券取引市場やニューヨーク証券取引市場を含む幾つかの取引市場で「SAP」として上場しております。詳細については http://www.sap.com をご参照ください。

Tags: