SAP、国際取引の効率化を支援するグローバル・トレード・サービスを発表

2002年11月18 日 by SAP News 0

リスクを低減し、国際取引プロセスを自動化する新しい商取引ソリューション

Tokyo【ドイツ・ワルドルフ発 2002年10月23日】 – SAP AG(NYSE:SAP)は本日、今日の国際取引にまつわる複雑さとリスクを低減する業界間商取引アプリケーション、SAPグローバル・トレード・サービス(以下SAP GTS)を発表しました。

SAP GTSは、セキュリティ、スピード、そして国際取引が必要不可欠となっている今日のビジネス環境において、ただちに経営課題に対処する新機能を提供します。この新しいアプリケーションは、変化の激しい世界各国の取引規制に企業が容易に対応できるようにすることにより、販売チャンスを最大限に活かせるよう支援します。プロセスの自動化により、企業は国家間の商品の移動を効果的に行うことが可能になり、国際取引にまつわるリスクを低減できます。

METAグループのシニア・プログラム・ディレクター、ドワイト・クラピッチ(Dwight Klappich)氏は、「この1年の間に、国際取引において優れた能力を備えていることの重要性が浮き彫りになりました。今日の市場力学によって、複雑さを増すグローバルなサプライチェーンと国際取引にまつわるセキュリティ・リスクの管理で企業を支援する、強力なビジネス・ソリューションに対するニーズが生まれています。ほかのアプリケーション分野と比べると、国際取引管理のアプリケーションには牽引力が欠けていましたが、その理由のひとつとして包括的な統合ソリューションの欠如が挙げられます。顧客の要求が高まるにつれて、SAPのようなベンダーが、その実証された統合性とソリューションの専門知識によって同分野を支配するようになるでしょう」と述べています。

SAP GTSの主な機能のひとつにコンプライアンス管理があります。この機能は、認可された組織リストの審査プロセスを自動化するほか、ライセンス管理と禁輸審査によって輸出入の制御を自動化します。コンプライアンス管理機能により、企業のビジネスパートナーは即時に審査されます。さらに、販売/購入管理プロセスを通じても審査を行い、常に政府機関から発行された最新の認可組織リストに照らして審査がなされるようにします。この機能によって、企業はこれまでよりも効率的にコンプライアンス管理を行うことが可能になり、取引規制違反による多額の罰金を支払うこともなくなります。また、この機能は各国のより厳重なセキュリティ規制にも対応しています。

カリフォルニア州ミルピタスに本社を置く、広範囲に入手可能なデータ・アクセス・ソリューションのプロバイダであるアダプテック社は、国際的にビジネスを展開しており、SAP GTSの導入によってすでに効率性を改善している企業の一社です。アダプテックは、企業全体で取引プロセスを統一し、輸入/輸出業務に関連するすべての構成要素について規制を遵守し、国際取引を自動化・促進するためにSAP GTSを導入しました。

アダプテックのビジネス・システム・アナリスト、ジェームズ・アーサー(James Arthur)氏は、次のように述べています。「当社は現在、新製品を投入しつつありますが、これは新しい輸出分類に該当する可能性があります。SAPのソリューションは、こうした新しい規制に対するコンプライアンス管理の自動化を可能にします。SAP GTSは、現在そして将来にわたり、絶えず変化するアダプテックのビジネス要件をサポートする高い柔軟性を備えていると確信しています。」

アダプテックの輸出コンプライアンス担当マネージャーのダリル・ベッカー(Daryl Becker)氏は、「規制を遵守することができなければ、当社は輸出権を失って海外に商品を出荷できなくなる可能性もあります。海外での売上は当社の2002年の売上の約半分を占めています」と述べています。

SAP GTSは、XMLなどのオープン・スタンダードを採用しており、異種混合のIT環境で国際取引業務を管理する包括的なアプローチを提供するためにmySAPテクノロジーを活用しています。このため企業は各地で業務を遂行しながら、SAP GTSを使用して輸出入プロセスを集中管理できます。

SAP AGのグローバル・フィールド・オペレーション担当社長兼エグゼクティブ・ボードメンバーのレオ・アポテカー(Léo Apotheker)は、次のように述べています。「今日の国際取引においては、企業は自主的に最終顧客の身元を把握しなければなりません。SAP GTSを使用すれば、企業はさまざまな政府機関が発行する取引を禁止されている組織のリストに照らしてビジネスパートナーの審査を効果的に行うことが可能になり、より厳重な国の安全保障を実現できます。」

SAP GTSは本日より各国で発売を開始しました。SAP GTSの詳細については、http://www.sap.com/gtsをご覧ください。

SAPについて
SAPは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーです。SAPは、e-ビジネスプラットフォームであるmySAP.comを通じて、統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、電子商取引市場(eマーケットプレイス)、ポータル(Enterprise Portal)、製品ライフサイクル管理(PLM)などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。SAPのソフトウェアは、すでに世界で120カ国、18,800以上の企業、56,000サイト以上で利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。SAPは世界の50カ国以上に現地法人を持ち、またフランクフルト証券取引市場やニューヨーク証券取引市場を含む幾つかの取引市場で「SAP」として上場しております。詳細については http://www.sap.com をご参照ください。