SAPジャパン、業種別の導入価格モデルで中堅市場に本格攻勢

2003年2月3 日 by SAP News 0

9社の戦略パートナーと共同で6業種・25タイプ、総導入コストで2億円を切るモデルから可能

TokyoSAPジャパン株式会社(代表取締役社長:藤井 清孝、東京都千代田区大手町、以下SAPジャパン)は本日、中堅市場を対象とした高品質、短期間、低コストのSAP導入プログラムを開始する、と発表しました。この導入プログラムは「mySAP All-in-One(マイエスエイピー・ オールインワン)ソリューション」で、日本市場における1,000社以上の導入実績により蓄積されたSAPジャパンのノウハウをパッケージ化し、業種ごとで企業規模別のSAP導入総額の価格モデルを提供するものです。今回はその第一弾として、戦略パートナー9社とともに6業種(共通、化学産業、製薬業、製造業、商社、IT産業)13種類のソリューション・テンプレート(ひな型)による、25タイプの導入価格モデルを投入します。

「mySAP All-in-Oneソリューション」は、SAPがグローバルに展開する中堅市場向けソリューション”SAP Smart Business Solutions”のひとつであり、中堅市場を対象としたパートナーとの協業ソリューションモデルです。具体的には、業種業態ごとにソリューション・テンプレート(ひな型)を揃え、お客様の事業規模ごとにSAP導入総額をご提案します。

「mySAP All-in-Oneソリューション」は、SAPジャパンと既にテンプレートビジネスで豊富な実績のあるパートナーが提供するソリューション・テンプレートを前提としており、導入における品質、納期、コストの投資額を具体的に確定したいというお客様ニーズに対応するものです。そのため、提示する導入価格モデルには、ハードウェア(サーバ)費用、SAPライセンス費用、ソリューション・テンプレート費用、導入コンサルティング費用に加え、各パートナーそれぞれのノウハウや経験による標準的な開発費用を含み、実質的なプロジェクト総額を想定できることを特徴としています。

mySAP All-in-Oneソリューションにおける第一弾の戦略パートナーとして、株式会社アイ・ピー・エス、出光石油化学株式会社、株式会社NTTデータサイエンス、TISコンサルティング株式会社、東洋ビジネスエンジニアリング株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、株式会社日本総合研究所、三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社、株式会社ユアソフト(三井金属鉱業100%子会社)の9社(五十音順)がこのプログラムに参加します。

また今回の発表を機にSAPジャパンは、本プログラムを積極的に推進することを目的として、アライアンス本部に「プロジェクトオフィス」を本日付で新設し、今年末までには官公庁、金融向けなど10以上の業種、50タイプ以上の導入価格モデルをご提供していく計画です。

SAP、SAPロゴ、mySAP.com、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はSAP AGのドイツおよびその他の国における登録商標または商標です。
「MELEBUS」は、三菱電機株式会社の登録商標です。

ソリューション・テンプレートについて
SAPを導入する場合、通常その初期フェーズにおいてまずユーザ企業のビジネス要件やビジネス・プロセスを標準化することから始めます。次にその要件に沿った機能やソリューションが、SAPのシステムでどのように実現できるのか検証作業を行い、さらにその後にパラメータや各種マスタの設定を行うという作業を行います。ソリューション・テンプレートは、特定の業種・業態ごとにこれらのパラメータ設定や各種サンプルのマスタを設定データとしてまとめ、さらにこの説明文書を一緒に提供するものです。

これを活用することによって、導入コンサルタントの習熟度などによって左右される初期フェーズの期間を業種・業態のシナリオベースでFit&Gap(適応性)分析することによって短縮化することが可能となります。SAPでは、Best Practices for mySAP.comというソリューションごとにキット化されたものが提供されており、SAPジャパンではこれをさらに日本固有のニーズに沿ってユーザに近いものとしてパッケージ化したものをソリューション・テンプレートと呼んでいます。

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト(ERP)をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネージメント(SRM)やサプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。すでに世界では120カ国、18,800以上の企業で1,000万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに1,000社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に貢献しています。( http://www.sap.co.jp )

<添付資料>
【SAPジャパンのソリューション・テンプレートリスト】
SAPジャパン株式会社
・「SAP BMI:IT産業向けモデルシステム」(NTTデータサイエンスとの共同開発)
・「SAP BMAS:自動車部品業界向けトータルソリューション」
・「中堅企業向けプロジェクト・ソリューション」(SAPジャパン新規開発)

【戦略パートナーのソリューション・テンプレート】(五十音順)

株式会社アイ・ピー・エス
・「商社向けパブリックパッケージ+DWH(SAP BW)総合、専門、卸業商社向け」

出光石油化学株式会社
・「IPIM-TP:出光プロセス産業向けモデル」

株式会社NTTデータサイエンス
・「専門商社向けモデルシステム」

TISコンサルティング株式会社
・「TIS Chemical Model:プロセス産業向けビジネスモデル」

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
・「B-ENGm:個別受注生産業界向けモデル」
・「B-ENGp:中堅製薬業界向けモデル」

日本アイ・ビー・エム株式会社
・「Smooth for R/3:製造業標準タイプテンプレート」

株式会社日本総合研究所
・「JAMS for Pharmaceutical:JRI Advanced Model on SAP for Pharmaceutical」

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
・「MELEBUS-mfg:加工組立製造業向け即効構築テンプレート」

株式会社ユアソフト(三井金属鉱業株式会社100%子会社)
・「リアルモデル」

SAPジャパンの”mySAP All-in-Oneソリューション”に対する取り組みに伴い、協業を行う戦略パートナー企業から、参画・賛同の表明を頂いております。

(五十音順)
株式会社アイ・ピー・エス
 代表取締役社長 渡邉 寛 
中堅企業にとってITは厳しい市場競争に勝ち進む為の重要なツールですが、IT市場において高品質なシステムを享受できる供給体制が整っているとは言えない状況です。この度のSAPジャパンの”mySAP All-in-Oneソリューション”はこのような課題の解決に向けての取組であり、大いに歓迎の意を表するとともに、当社もその主旨に賛同するものとして、中堅企業に特化したSAP R/3導入ノウハウを「商社向けパブリックパッケージ+DWH(SAP BW)総合、専門、卸業商社向け」をはじめとするサービスに結実してお客様の競争力強化を支援致します。

出光石油化学株式会社
 常務取締役 田中 雅克
出光石油化学は、SAP R/3導入企業としてその経験を活かしながらプロセス産業を中心にコンサルテイングビジネスを展開して参りました。今後SAP R/3の導入を検討される企業は中堅企業を対象に益々拡大していくものと推測されます。今回のSAPジャパン様の”mySAP All-in-Oneソリューション”はまさに市場ニーズにマッチしたご計画であると確信しております。弊社としても自社ノウハウを織り込んだテンプレート「IPIM」をベースに全面的に賛同させていただくと共に、ユーザー様のSAP R/3導入に対するご支援を積極的に推進して参りたいと考えております。

株式会社NTTデータサイエンス
 代表取締役社長 長島 幸男
NTTデータサイエンスは、SAPジャパンのこの度の”mySAP All-in-Oneソリューション”の発表を歓迎します。弊社では1998年よりSAPを中堅・中小卸業者向けに普及拡大する為、導入に成功したお客様のシステムを基にした「専門商社向けモデルシステム」を販売しています。またSAPジャパンと共同開発しました「IT産業向けモデルシステム(BMI)」もこの主旨に合ったものとしてご提案いたします。コンピュータの利用価値は人材の少ない中堅企業にこそ必要であり、優良企業の導入成功例のパッケージ化を通じソリューションとして蓄積しています。このソリューションは適正価格で、短期間、且つ失敗の少ない優れた仕組みとしてSAP普及拡大の為に、よりベターなものと確信しています。

TISコンサルティング株式会社
 取締役副社長 宮本 聡 
SAPジャパンのこの度の発表に対して歓迎の意を表明致します。TISコンサルティングは、プロセス産業を中心に業績管理制度の確立による利益責任の明確化やPDCAサイクルの早期化によるリアルタイム経営の実現に向け、トップダウンによる業務改革推進とERP/SCM導入を多数手掛けて参りました。今回“mySAP All-in-Oneソリューション”としてエントリーした「プロセス産業向けビジネスモデル:TIS Chemical Model」と、ビジネスプロセスアウトソーシング・サービスの組み合わせにより、中堅企業向けコスト低減化とプロジェクト期間短縮化、またお客様のコア事業への経営資源集中化に貢献できると考えております。

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
 代表取締役社長 千田 峰雄 
ERP10年、B-ENGは製薬業に始まり、ハイテク・機械など日本の製造業各社に先駆的なSAPパートナーとして幾多のERP成功事例を重ねてきました。当社の”mySAP All-in-Oneソリューション”となる「B-ENGp」,「B-ENGm」は、かかる実績をふまえ、中堅製造業顧客に対しSAPのベストプラクティスを迅速かつ簡明に提供することが使命と考えています。「B-ENGp」では、製薬業界特有の生産管理・品質管理プロセスを十二分に織り込んでいます。「B-ENGm」は、グローバルサプライチェーン対応を急ぐ日本の電機・電子・機械産業へ、生産・販売・在庫が一体となった強固なロジスティクスERP基盤をご提供いたします。

日本アイ・ビー・エム株式会社
 e-ビジネス・ERPソリューションズ理事 濱口 道郎
 
日本アイ・ビー・エムはSAPジャパン様の”mySAP All-in-Oneソリューション”の発表を歓迎いたします。これにより、中堅企業のお客様がe-ビジネスを展開される際、ITインフラの効率的な構築が可能になることを期待します。弊社は製造業向けソリューション・テンプレート「Smooth for R/3」のサポートをさらに充実させるとともに、”mySAP All-in-Oneソリューション”に最適な高機能なハードウェア、ソフトウェアプラットフォームを提供してまいります。

株式会社日本総合研究所
 常務取締役 住友 康二 
日本総合研究所は、ビジネスコンサルティングからSAP R/3導入・運用まで、一貫したシームレスなソリューションを多数のお客様に提供してきました。「JAMS for Pharmaceutical」は、医薬企業における豊富なSAP R/3導入実績を基に構築した製薬業テンプレートです。「JAMS」は、サプライチェーンから会計に至る基幹業務の全領域をカバーし、かつ製薬業特有業務に対応したアドオンライブラリも充実しており、短期間、低コストでのビッグバン導入を実現させることができます。製薬業のベストプラクティスを集約した「JAMS」を、情報化推進の中核ソリューションとしてご活用頂けるものと確信しております。

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
 取締役 第二事業本部長 三浦 恒彦 
三菱電機インフォメーションシステムズは、テンプレートMELEBUSを活用し、中堅製造業を中心にソリューションを提供させて頂いております。今回のSAPジャパンのプログラムは、パッケージをより必要としているお客様からのニーズに応え、コンサルタントの回転も良くなることで、基幹業務のIT化促進に役立つと、非常に歓迎しています。弊社は、SAPジャパンとの連携を密にし、一層お客様のニーズに応えたいと思います。

株式会社ユアソフト(三井金属鉱業株式会社100%子会社)
 代表取締役社長 梶田 紘
 
私どもは三井金属グループの情報会社として、これまで「経営に役立つシステムを“早く”“安く”“確実に”実現させる」を原点に置いて取り組んできました。こうして生まれたのが「リアルモデル」です。今回の”mySAP All-in-Oneソリューション”は私どもが以前から望み期待していた方向です。SAP R/3は大企業向けという間違った概念がありますが、誰もが認める世界でNO.1のSAP R/3を中堅・中小の企業にこそ使って頂き、この概念を払拭し各企業の競争力強化に自信を持ってお役に立ちたいと思います。

Tags: ,