あおぞら銀行が邦銀初のERPパッケージとWindowsプラットフォームによる基幹業務統合に着手

2003年3月18 日 by SAP News 0

~ 「 伝統的 」な銀行業務処理に幕を引く ~

Tokyo株式会社あおぞら銀行(本店:東京都千代田区、取締役社長 : 丸山 博、以下 あおぞら銀行)は、SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長:藤井 清孝、以下 SAPジャパン)が販売・サポートする「SAP R/3」およびマイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:阿多親市、以下マイクロソフト)が提供するWindows 2000 Server 、データベースシステムSQL Server 2000 を用いて基幹業務である管理会計システムの統合を開始します。
管理会計システムをERP(統合基幹業務ソフトウェア)パッケージおよびWindowsプラットフォームで 統合するのは邦銀では本件が初めてとなります。

従来、財務や経理、人事等の本部管理業務を支援するシステムは、メインフレーム上で業務目的毎に開発されるか、機能別パッケージを導入するのが一般的でした。結果として、関連業務間の処理やデータ連携は必ずしも効率的とは言えず、また柔軟性に欠けるシステムとなり、システム開発や保守に関わるコストも割高なものとなっていました。

今回、あおぞら銀行では、本年中の本格稼働を目標に、SAP R/3およびWindows 2000 ServerとSQL Server 2000を用いて「収益」「経費」「人事」の各管理システムの移行・統合化を進めていきます。Windows 2000 ServerとSQL Server 2000を採用することで、約40%の初期導入コスト削減を実現するとともに、柔軟な運用性と高い信頼性を有するシステム構築を実現しました。また、一元的な情報管理が可能になり、業務の効率化をはかることが出来ます。

Windowsプラットフォームは、メインフレームなど他プラットフォームと比較して、導入・運用におけるコスト面での優位性、SAPソリューションとの親和性、および社内外とのシステム間連携の容易性などのアドバンテージを持っています。

SAP R/3 は、欧米を始め世界50ヶ国で19,000社以上、さらに海外の金融機関では1,500以上の稼動実績があり、国内においても1,000社以上の顧客企業で活用されています

Tags: