インテリグループジャパンとSAPジャパン アップグレードの効率化を実現するアドオンプログラム診断サービスを共同で実施

2003年8月6 日 by SAP News 0

Tokyoインテリグループ ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:ウナマタラ・スリニワス、以下インテリグループ)とSAP ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、社長:藤井清孝、以下SAPジャパン )は、「SAP R/3」の顧客企業で既存システムのアップグレードを検討中の企業に対し、アドオン(追加開発)プログラムへの対応を支援する「アドオンプログラム診断サービス」を共同で実施することで合意した、と発表しました。

この「アドオンプログラム診断サービス」は、SAPジャパンとインテリグループの協業契約に基づいて実施されるもので、インテリグループ社製診断ソフトウェア「Uptimizer」(アプティマイザー)の一部機能を用い、システムのアドオンプログラム分析を行います。具体的には、顧客企業の既存システムから「SAP R/3Enterprise」へのアップグレードに際し、アドオン部分で必要な修正個所を検出する「簡易診断サービス」を行うもので、本日より2003年末までをキャンペーン期間として特別価格(通常価格の50%程度)で実施します。

「Uptimizer」は、アップグレードに際して修正が必要となるアドオンプログラムの分析作業をわずか数日で遂行できるだけでなく、現在使用されている資産であるアドオン部分の有効活用及び潜在的なプログラム分析、現行システムの棚卸しを行うことができるソフトウェアです。「SAP R/3」の顧客企業で既存システムのアップグレードを検討中の企業は、「Uptimizer」を用いて診断することにより、実際のアップグレード作業に伴うアドオン部分の問題点を事前に洗い出し、修正が必要なアドオンプログラムを容易に検出することが可能となるため、予算策定や人員計画の指標としても有効活用することができます。これにより、予算の約7割を占めるとも言われるアドオン部分の修正にかかる費用と時間を大幅に削減することが可能となります。

「Uptimizer」は、「SAP R/3 3.0C」から「SAP R/3 Enterprise」までのすべてのバージョンに対応しており、2001年10月のサービス開始以来、これまで世界で約160社のSAP顧客企業に対する実行実績を持っています。また、アドオン部分のみならず、アプリケーション及びBASIS部分の調査も併せて行うことができるソフトウェアです。

SAPジャパンは、2003年1月にアップグレード支援センターを設置し、「SAP R/3」のアップグレード費用やシステム停止期間の制約等、顧客企業が抱える様々な課題に対してソリューションを提供すべく、SAPパートナーとの協業を通じてアップグレード関連サービスの拡充を図ってきました。今後SAPジャパンとインテリグループの両社は、キャンペーン終了後もひきつづき共同でアドオンプログラムの標準機能への置き換え等アップグレードをサポートするコンサルティングサービスの拡充に取り組み、SAP R/3既存顧客の円滑なアップグレードを支援していきます。

以上

インテリグループ ジャパン株式会社について
インテリグループジャパンは、米国をはじめ世界5カ国7拠点でビジネス展開するITコンサルティング会社Intelligroup(アメリカ、ニュージャージー、CEO:アルジュン・ワルーリ)の日本法人として1998年に設立されました。インテリグループジャパンはR/3コンサルティングを中心に、アップグレード、Kaizen、オフショア開発を主なビジネス領域として活動しております。また、グローバルで日々蓄積されていくコンサルティング経験やナレッジ・先進技術で、お客様の継続的な成長に貢献してまいります。Intelligroupは、ERPとeビジネスに特化したコンサルティングとシステムインテグレーションを手がけており、SAP R/3の導入実績は、世界でも上位に位置付けられております。(http://www.intelligroup.co.jp

「Uptimizer」は、インテリグループ社登録商標または商標です。

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネージメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、カスタマーリレーションズ管理 (CRM) 、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。すでに世界では120カ国、20,000以上の企業で1,200万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに1,100社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に貢献しています。( http://www.sap.co.jp )

Tags: ,