インテル、SAPジャパン、NTTコミュニケーションズ、NECの4社、無線LANを活用した企業向けモバイルCRMソリューションの普及促進に向け協業

2003年11月25 日 by SAP News 0

Tokyoインテル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役共同社長グレッグ・ピアーソン/吉田 和正、以下インテル)、SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、社長:藤井 清孝、以下SAPジャパン)、NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 正誠、以下:NTT Com)、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金杉 明信、以下NEC)は、無線LANを活用した次世代の企業向けモバイルCRMソリューションの利用促進および市場開拓に向け、協業することで合意しました。

今回の協業は、ビジネス分野において無線LANとCRMソリューションが効果的に利用可能なことを、 技術的観点はもとより、ビジネス・インフラ的見地から実証していくことが目的です。ノートブックPCと無線LANを利用したモバイル・アクセスに注目が集まっていますが、その利用者の大半は家庭ユーザやSOHOであり、ビジネス・インフラとしては多数の企業に導入が始まっているものの、その利用形態は従来のオフィス内利用が中心です。本協業により、無線LANモビリティが場所・時間の制約を超えた情報インフラとして新たなステップへ移行し、特に顧客との接点を中心にサービス・レベルの向上を目的とするフィールド保守業務、営業支援、医療情報担当者業務システムなどの業務に新たな付加価値を提供します。

具体的には、参加各社のリソースをもちよることで、企業の営業担当者や保守サービス員などの外勤者が、営業支援業務をはじめとし、顧客先製品保守サービス業務や顧客管理業務などを社内外でシームレスに実現することを目指します。これにより、顧客サービス・レベルの向上を目指す企業ユーザに競争力の高い、統合的なソリューションを提案し、企業の生産性および収益性の向上を支援していきます。

2004年前半を目標に、パイロット企業による検証を通じて、業務動線の最適化、最新技術による業務プロセス見直し、顧客サービス・レベル向上度を測定し、成果を発表する予定です。またパイロット活動の成果をそれぞれの製品・サービス計画に反映し、4社共同でのマーケティングに繋げて行けるよう協議を進めて行きます。さらに、4社は共同で各種販促・技術支援セミナーの実施による市場開拓、導入見込み企業へのコンサルティング、ベンチマーキング、設計・構築支援サービス提供に向け協議を進めていきます。

  • インテル
    • インテル Centrino モバイル・テクノロジ(※1)を搭載したノートブックPC、およびIntel XScale
      テクノロジ(※2)を搭載した携帯情報端末に対する技術協力および規格標準化についての情報提供
    • インテル ソリューション・サービスによるCRMシステムを構成するセンター側サーバの構築支援
  • SAPジャパン
    • 無線LANインフラにおいて動作検証済みで早期導入可能な、モバイル環境に対応したCRMアプリケーション群「mySAP CRM(※3)」の提供
  • NTTコミュニケーションズ
    • 無線LANサービス「ホットスポット」のアクセスポイントの設置およびユーザ獲得
    • 無線LAN利用促進に関する企業へのコンサルティング
  • NEC
    • iBestSolutions/eCRM(※4)として体系化されたCRMソリューションの提供とシステムインテグレーション

なお、この度の協業4社は、本年12月3日から5日まで東京ビッグサイトにて開催する「iExpo2003」にて本協業のご紹介も行う予定です。

インテル コーポレーションについて
世界最大の半導体メーカであるインテル コーポレーションは、パソコン・ネットワーク / コミュニケーション製品の世界的なメーカでもあります。
インテルに関する情報は、http://www.intel.co.jp/
で入手できます。

SAPジャパン株式会社について
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト
(ERP) をはじめ、サプライヤ・ リレーションシップ・マネージメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、顧客関係管理 (CRM)
、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にする様々な ソリューションを提供しています。すでに120を超える世界各国の20,500社以上の企業、67,500サイト以上で利用されており、そのユーザ数は1,200万人を超えています。企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しているSAPのソリューションは、日本国内でもすでに1,100社以上の企業グループで利用されており、日本企業における情報化の推進、国際競争力、および企業価値の向上に幅広く貢献しています。

SAPジャパンの詳細については http://www.sap.co.jpをご参照ください。

NTTコミュニケーションズ「ホットスポット」について
ホットスポットは、NTT Comが提供する無線LANサービスで、全国約620箇所(平成15年11月15日現在)に アクセスポイントを設置しております。ホットスポットは、NTT
Comの登録商標です。
詳しくは、http://www.hotspot.ne.jp/をご参照ください。

日本電気株式会社について
NECは、SI/サービス、ソフトウェア、サーバ、パソコン等のハードウェアを含む「ITソリューション」、携帯電話からブロードバンドネットワーク製品、社会インフラを含む「ネットワークソリューション」を、一般企業・官公庁・通信事業者そして個人のお客様にご提供しています。
CRMソリューションに関しては、ソリューション体系「iBestSolutons/eCRM」を中核に、「Best of Breed」の戦略に基づきお客様ごとに最適な製品を組み合わせて提供してまいります。
詳細については http://www.nec.co.jp/ をご参照ください。

以上

※ 1.インテル Centrino モバイル・テクノロジ
インテルがノートブック PC 向けに提供する技術。インテル Pentium M プロセッサ・ファミリ、インテル 855 チップセット・ファミリ、インテル PRO/Wireless
2100 ネットワーク・コネクションで構成され、互いに連携して動作するように最適化、テスト、検証されています。

※2.Intel XScale テクノロジ
PDAや携帯電話などの携帯端末向けプロセッサのマイクロアーキテクチャ

※ 3.mySAP CRM
SFA(営業支援)、コンタクトセンター、インターネット、保守サービス、分析や基幹連携を網羅する他、ポータルによる優れた操作性、モバイル環境への対応が特徴です。ハイテク、自動車、消費財、通信、公益、サービスなど23業種に対応。SAP
CRMのみの単独導入は勿論、ERP、SCM等と連携し、企業のニーズに合わせた柔軟な導入が可能です。

※4.iBestSolutions/eCRM
NECが提供する、CRMソリューション体系

*インテル、Intel、Centrino、XScaleは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。
*その他の会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。

Tags: ,