SAPとIDS Scheer、ビジネスプロセス管理とビジネス・ソフトウェアを統合

2003年12月4 日 by SAP News 0

戦略的共同開発によりARIS Process PlatformとSAP NetWeaver™を統合し、テクノロジーとビジネス・プロセスの連係を強化する包括的ビジネス・プロセス・マネジメント・ソリューションを提供

Tokyo(本リリースは、10月28日にSAP AGとIDS Scheer AGが共同で発表した内容を和訳したものです)
企業向けビジネスソフトウェアのリーティングプロバイダであるSAP AG(NYSE:SAP、以下SAP)と、プロセス管理のメソッドとツールを提供するリーディング・プロバイダであるIDS Scheer AG(以下IDS Scheer)は本日、包括的ビジネス・プロセス・マネジメント(BPM)ソリューションを開発することで合意した、と発表しました。IDS Scheerの「ARIS Process Platform」をSAPのオープンな統合アプリケーション・プラットフォーム「SAP NetWeaver」に統合し、包括的BPMソリューションを実現することによって、完璧に統合されたプロセス・プラットフォームを提供していきます。これによって、SAPの顧客は初めて、ビジネス・プロセスのモデリング・最適化と同プロセスのコンフィグレーション・実行を連係させることが可能になります。

SAPとIDS Scheerは、両社のテクノロジー・ソリューションの強みを活かし、プロセス全体の設計・設定から、導入・実行、管理に至るまでのビジネス・プロセスのライフサイクル全体をサポートします。今回発表された新たなパートナーシップの下、SAPは、ソフトウェア開発の第一歩からモデリング・コンポーネントを採用した包括的ソリューションを開発するという明確な戦略を掲げており、ソフトウェアのモデリングと実行を直接連係させることを目指しています。このようにしてBPMに対する統合アプローチをサポートすることによって、ビジネス・プロセスの分析・モデリングからプロセスの設定/実行/管理に至るまでの、完全統合型クローズドループを実現します。企業のビジネス・プロセスを継続的に向上させていくためには、このクローズドループのアプローチが必要不可欠となります。

SAPのエグゼクティブボードメンバーであるピーター・ツェンケ(Peter Zencke)は、「統合型ビジネス・プロセスを実現する標準ビジネス・ソフトウェア・ソリューションのリーディングプロバイダとして、SAPは、ビジネス・プロセス・マネジメントがソフトウェア・ソリューションにとって不可欠であると考えています。こうした統合によってお客様にもたらされるメリットは明らかです。すなわち、プロセスモデルを素早く変更すると同時に、ソフトウェアの導入方法をも手に入れることができるということです。この結果、お客様は、変化に対する迅速な対応が可能となり、一方でSAPは、単に技術のみを提供するベンダーと大きく差別化を図ることができます」と述べています。

SAP NetWeaverの一部として提供されるこのBPMソリューションは、単一のデータ・モデルとレポジトリを採用したモデリング環境を提供し、ビジネス・プロセスとテクノロジーに関連したすべてのモデリング情報をカバーします。このモデリング環境は、例えばSAP エクスチェンジインフラストラクチャ(SAP XI)や、統一モデリング言語(UML)ダイアグラム、SAPソリューションマップのプロセスをサポートするための様々なビューを提供します。

IDS Scheerの会長、アウグスト・ヴィルヘルム・シェアー(Prof. Dr. Dr. h.c. mult. August-Wilhelm Scheer)博士は、「プロセス管理と標準ソフトウェアの世界はこれまで切り離して考えられてきました。ARIS Process PlatformがSAP NetWeaverに統合されることで、この2つの世界が共に成長し、その結果、ソフトウェア技術ではなく企業のビジネス・プロセス全体に重点が置かれるようになるでしょう」と述べています。

IDS Scheerのエグゼクティブボードメンバーであるヴォルフラム・ヨスト(Wolfram Jost)氏は、「今回の提携により、ARISの手法とツールはSAP NetWeaverプラットフォームにおける標準となるでしょう。SAPが世界中で利用されていることを考慮すると、これはIDS Scheerにとって絶好の市場機会となります」と述べています。

SAP NetWeaverの統合BPMソリューションは、4つのコンポーネントで構成されます。第1のコンポーネントはプロセスの自由なビジュアル・モデリングを実現し、第2のコンポーネントはこれらプロセスの設定を行います。また、第3のコンポーネントにはモニタリング/アラート機能のほか、イベント管理機能が備わっており、プロセスの実行を処理します。さらに、第4のコンポーネントであるプロセス・コントロールが重要な統計データの分析と可視化を行うので、SAPソフトウェアを使用して実行されたビジネス・プロセスの効率性と有効性を監視できるようになります。IDS ScheerのARIS Process PlatformをSAP NetWeaverに統合することにより、ビジネス・プロセスのモデリング/最適化と、技術的プロセスの設定/実行との連係が初めて可能となります。

SAP NetWeaverについて
SAP NetWeaverは、組織や技術の境界線を越えて、人/情報/ビジネス・プロセスの統合と連係を促進し、総所有コスト(TCO)の削減を支援する、包括的な統合アプリケーション・プラットフォームです。SAP NetWeaverは、完全にオープンで、Microsoft .NETやIBM WebSphereなど他のプラットフォームとの相互運用性を確保しています。SAP NetWeaverは、mySAP Business SuiteおよびSAP xAppsパッケージ型複合アプリケーションの技術基盤で、今日の適応型企業向けにミッションクリティカルなビジネス・プロセスを実現できるよう、最大限の信頼性、セキュリティ、拡張性を確保しています。

SAPについて

SAPは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーです。同社はe-ビジネスプラットフォームである「mySAPビジネス・スイート」を通じ、統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライチェーン・マネジメント (SCM) 、顧客関係管理 (CRM) 、取引先関係管理 (SRM) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。SAPの23業種におよぶソリューション・ポートフォリオは、航空宇宙産業から公益産業まで、さまざまな業種において効率的で独自のコアプロセスをサポートします。

SAPのソフトウェアは、すでに120を超える世界各国の20,500社以上の企業、67,500サイト以上で利用されており、企業内・企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。SAPは世界の50ヵ国以上に現地法人を持ち、またフランクフルト証券取引市場やニューヨーク証券取引市場を含む幾つかの取引市場で「SAP」の銘柄で取引されています。同社の詳細についてはhttp://www.sap.comをご参照ください。

IDS Scheerについて
IDS Scheer(本社:独・ザールブリュッケン)は、ビジネス・プロセス・マネジメント用の企業向けソリューションを開発しています。プロセス・ソリューションとITソリューションを提供するIDS Scheerは、ARIS製品ファミリによってビジネス・プロセスを開発、導入、運用、評価するための包括的ポートフォリオを提供しています。同社のコンサルタントは、プロセスの作成や、E-ビジネス、サプライチェーン・マネジメント、カスタマ・リレーションシップ・マネジメント、エンタープライズ・アプリケーション・インテグレーションなど最新のアプリケーション・コンセプトの導入をサポートしています。2003年半ばにGroupe ExpertとPlaut CEEおよびPlaut North Americaを買収し、現在ではITサービスとホスティング・サービスの提供も手掛けるほか、ビジネス・ターゲットを中規模企業へと拡大しています。

ARIS Process Platformを構成するARIS Toolsetは、ライセンス販売数世界第1位のプロセス・モデリング・ツールで、DAX 30企業の90%で採用されています。IDS Scheerは、1984年にアウグスト・ヴィルヘルム・シェアー(Prof. Dr. Dr. h.c. mult. August-Wilhelm Scheer)博士によって設立されました。現在、従業員数は2,000人を超え、世界50カ国以上で約4,000社のお客様をサポートしています。2002年の売上高は1億8,100万ユーロを超えました。IDS Scheerは、ITサービス・プロバイダとしてドイツで上位15位にランクし、中央/東ヨーロッパ市場をリードしています。また、フランクフルト証券取引所のTecDAXに上場しており、同証券取引所上場企業のトップ110社(DAX110)にランクしています。

Tags: ,