NECとSAPジャパンが医薬業界向けCRMソリューション分野において協業

2004年1月20 日 by SAP News 0

~ソリューション開発やマーケティング活動を共同で推進~

TokyoNEC(本社:東京都港区、代表取締役社長:金杉 明信)とSAPジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤井 清孝)はこのたび、医薬業界を対象に、顧客情報の収集・活用による医薬メーカーのサービス品質の向上や営業力強化などを可能とするCRM(Customer Relationship Management)ソリューション分野において協業する、と発表しました。

このたびの協業に基づき、NECが有する医薬業界に対するソリューション営業力や豊富なCRMシステム構築実績と、SAPジャパンが有するCRMアプリケーション群「mySAP CRM」をはじめとする多様な業務に対応した製品力などを結集し、医薬メーカーが業務効率を上げながら顧客サービスの品質向上を実現する医薬業界向けCRMソリューション「SAP医薬CRMセールス&マーケティング統合ソリューション」を共同で開発いたします。さらに、同ソリューションの販売やマーケティング活動などを共同で推進してまいります。

このたびの主な協業内容は以下の通りです。

1.医薬業界向けCRMソリューションの共同開発
「mySAP CRM」を活用して、医薬情報担当者(MR)支援システムやコンタクトセンター、医師および消費者向けのポータルサイトに加え、販売・会計・在庫をはじめとする基幹業務システムなど全社の様々なシステムが取得した顧客情報の統合的な管理・共有を可能とするシステムテンプレート(ひな型)を共同で開発します。

このシステムテンプレートでは特に、医薬メーカーにおける営業活動の生産性向上を実現するソリューションとして、主に以下の3つの機能を強化します。

①マーケティング機能:
販売実績や市場環境などの多面的な分析により、顧客のセグメント化や絞り込みを支援する機能

②コンサルティングセールス機能:
コンタクトセンターの情報をはじめ統合化された顧客情報をベースとした営業活動を支援する機能

③メディカルコミュニケーションサービス機能:
ポータルサイトやコンタクトセンターを活用した医師向けの問合せ総合窓口を実現する機能

これにより、医薬メーカーは、顧客志向に基づいた高付加価値の営業活動を効率的に展開することが可能となります。
両社は、このシステムテンプレートを、コンサルティングサービスやシステム構築サービス、アウトソーシングサービスなどとともに2004年3月から提供を開始します。

2.販売・マーケティング活動の共同推進
「SAP医薬CRMセールス&マーケティング統合ソリューション」の販売を拡大するため、両社共同でユーザ企業に対する提案活動を推進する80名体制のタスクチームを確立します。両社の要員によるタスクチームにおいて、顧客情報の共有や提案案件の相互紹介などを推進し、提案活動の強化・拡大を図っていきます。

また、共同セミナーの開催や展示会での協力をはじめ、マーケティング活動や販売推進活動を共同で行ないます。具体的な取り組みとして、2004年3月3日(東京)と3月10日(大阪)に両社が開催する「SAP医薬CRM統合ソリューションセミナー」において、「SAP医薬CRMセールス&マーケティング統合ソリューション」の紹介を共同で行なう予定です。
NECとSAPジャパンの両社は、「SAP医薬CRMセールス&マーケティング統合ソリューション」について、今後3年間で20システムの販売を見込んでおります。

NECは、CRMソリューション「iBestSolutions/eCRM」を提供・拡充するなど、CRMソリューション事業への取り組みに注力しており、加えて「SAP R/3」や「mySAP Business Suite」など、SAPジャパンの製品を活用したソリューション提供を推進しております。このたびの協業はこうした取り組みをさらに強化するもので、NECは、医薬業界に対するSAPジャパンの製品を活用した中堅企業向けソリューションを開発するなど、今後も医薬業界においてSAPジャパンとの協力関係を拡充していきます。

SAPジャパンは、2002年より医薬CRMの開発・提供を手がけてきております。基幹業務システムをはじめとする他システムとの統合が実現するソリューションは業界初の試みであり、「mySAP CRM」の大きな強みです。今回、セールス&マーケティングを総合的に支援するエンタープライズソリューションとして、SFA(販売支援)機能の充実や組織の各役割に応じた分析機能の強化、コンタクトセンターのプロフィットセンター機能強化など、最新バージョンである「SAP CRM 4.0」をベースとして一層の機能充実を図って行く計画です。

以上

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネージメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、顧客関係管理 (CRM) 、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。すでに120を超える世界各国の20,500社以上の企業で利用されており、そのユーザ数は1,200万人を超えています。企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しているSAPのソリューションは、日本国内でもすでに1,100社以上の企業グループで利用されており、日本企業における情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に幅広く貢献しています。

Tags: