SAPジャパン、SAP NetWeaver 2004出荷を発表(その1)

2004年4月12 日 by SAP News 0

-構成する6つのコンポーネントを同時にバージョンアップ-
単一の統合アプリケーション・プラットフォームでビジネスの変革とTCO削減に貢献

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区大手町、代表取締役社長:藤井 清孝、以下SAPジャパン)は本日、統合アプリケーション・プラットフォーム「SAP NetWeaver(エスエイピー・ネットウィーバ)」の最新版「SAP NetWeaver 2004」を出荷開始する、と発表しました。また本日のこの「SAP NetWeaver 2004」の出荷開始を機に、SAP NetWeaverを核とした、テクノロジーおよびサービスカテゴリーの分野におけるパートナー企業70社の賛同と協力を得て「SAP NetWeaverパートナー・コンソーシアム」が結成されました。

昨今、製品ライフサイクルが短縮化され、ビジネス・プロセスの変化への迅速な対応が要求される中、企業に求められる変化対応能力はより高度なものになりつつあり、従来に比べ、時機を逃さずに戦略を立案することが焦眉の課題となっています。このような環境下で企業が成長を遂げるためには、柔軟性を向上させ、イノベーションの最大化を図ると同時にTCOの削減を図ることが必要です。その一方で、既存のITシステムや組織構造、企業風土など、変化を阻む要因への対策が急務となっています。

SAPジャパンは2003年3月にSAP NetWeaverを発表し、多くの顧客企業に導入いただいておりますが、今回発表した「SAP NetWeaver 2004」は、単一のパッケージ・ソリューションとして提供される初の完全統合型プラットフォームです。また「SAP NetWeaver 2004」は、異種混合のIT環境下での拡張性を前提に設計されており、従来のSAP NetWeaverに比べ、統合性と拡張性がさらに強化されています。

本日出荷する「SAP NetWeaver 2004」は、従来個別に出荷していたSAPモバイル・インフラストラクチャ(SAP MI)、SAPエンタープライズ・ポータル(SAP EP)、SAPビジネス・インテリジェンス(SAP BI)、SAPマスタデータ・マネジメント(SAP MDM)、SAPエクスチェンジ・インフラストラクチャ(SAP XI)、SAP Webアプリケーション・サーバ(SAP WebAS)、SAP複合アプリケーション・フレームワーク、SAPソリューション・マネジャを含むすべての構成要素のバージョンアップを同時に行い、サポートパッケージとともに単一の製品として出荷します。「SAP NetWeaver 2004」は、SAPソリューション向けのオープンかつ中立なプラットフォームとして開発されており、オープンな業界スタンダードと相互運用性を実現し、SAPと他社製システムの容易な統合を可能にします。

SAP NetWeaverは、SAPのサービス指向型アーキテクチャの青写真であるエンタープライズ・サービス・アーキテクチャ(ESA)を実現する技術基盤です。SAPが提供するmySAP Business Suiteソリューション、SAP xApps複合アプリケーションなどSAPが提供するソリューションは、すべてSAP NetWeaverを基盤としています。企業がサービス指向のアーキテクチャに移行し、適応性、柔軟性、オープン性を実現することで総所有コストを削減できるよう支援します。

「SAP NetWeaver 2004」はまた、従来と異なり、ひとつの筐体に複数の構成要素をインストール可能となっています。J2EE(Java 2 Enterprise Edition)とABAP双方の開発・運用環境を統合したSAP WebAS(ウェブ・アプリケーション・サーバ)を全構成要素の技術基盤と位置づけ、RFIDへの対応を可能にしました。さらに、すべての構成要素に新機能を付加することにより、システム環境を容易に統合し、システム管理効率の向上とシステム運用にかかる費用の削減を実現します。これにより、顧客企業は、柔軟なビジネス戦略の実行と、ビジネスの変革と革新の支援が可能となる一方で、IT投資に関わる複雑性を緩和でき、コストも低減することができます。顧客企業は、「SAP NetWeaver 2004」の構成要素をまとめて導入することも可能ですが、いくつかの構成要素だけを組み合わせて導入することも可能です。

【SAP NetWeaverパートナー・コンソーシアムについて】
SAPジャパンは、「SAP NetWeaver 2004」の発表を機に、SAP NetWeaverの各構成要素とそれらの技術基盤であるWebAS(ウェブ・アプリケーション・サーバ)の管理・運用、Web開発に関するトピックごとにコミュニティを設け、「SAP NetWeaverパートナー・コンソーシアム」として活動を開始します。2004年2月より参画企業を募った結果、現時点までに70社がパートナー・コンソーシアムへの参画を表明しています。パートナー・コンソーシアムの主な活動は以下の通りです:

  1. 製品開発の早期段階において市場ニーズについての意見交換を行い、製品へフィードバックします
  2. 製品の出荷に際し、顧客企業への提案活動・導入プロジェクトで必要な技術情報の共有、さらに、導入事例や構築テクニックなど、実践的な情報共有を行います
  3. 共同でインフォセッション、セミナーなどを通じて広く情報を発信し、市場の活性化を図ります

なお、本日の「SAP NetWeaver 2004」の発表に伴い、グローバルサービスパートナーのアクセンチュア株式会社様、アビームコンサルティング株式会社様、ベリングポイント株式会社様、および、テクノロジーパートナーの富士通株式会社様、日本ヒューレット・パッカード株式会社様、日本アイ・ビー・エム株式会社様、マイクロソフト株式会社様、サン・マイクロシステムズ株式会社様、から、コンサルティングおよび技術分野におけるSAPジャパンとの連携を踏まえて、以下のように歓迎の意を頂戴しております。

サービスパートナー各社:(50音順)
アクセンチュアでは、ハイパフォーマンスなビジネスの特性とは何かを常に調査してきた結果、ビジネス・プロセスと情報技術を結合・効率化することによる包括的なアプローチによって、最大の効果を得ることができる、との結論を得ました。アクセンチュアは、企業のIT基盤となっているテクノロジー・プラットフォームに関係なく、
「SAP NetWeaver 2004」によって最大の効果をもたらす指針として、1)オペレーション全体の可視化を向上、2)情報共有の容易性、3)運用レベルの効率アップ、4)TCOの削減の4つを掲げ、SAPと協力しながら、ハイパフォーマンス・インテグレーションを実践し、さまざまな企業・組織に価値を提供していくことを目指します。
アクセンチュア株式会社

アジアパシフィックテクノロジー統括パートナー ゲイリー J フィッツジェラルド

昨年末にアビーム コンサルティングが行った国内大手企業125社のIT投資に関する意識調査によると、過去3年間に行ったIT投資について「期待通り」と回答した企業は約3割に留まり、期待通りの投資成果を実現していない事実が浮き彫りになりました。SAP NetWeaver 2004は、アプリケーションを選ばずに「人」、「情報」、「プロセス」を統合することで、IT環境が求められる能力を最大限にするツールであり、必ずや目に見える成果を出していただけるものと確信しています。SAPビジネスにおけるトップコンサルティングファームとして、既にアビームコンサルティングは「SAP NetWeaver 2004」を顧客企業へ提案しています。
アビーム コンサルティング株式会社
SAP 統括責任者 影山 泰仁

ベリングポイントは、「SAP NetWeaver 2004」をアプリケーション・プラットフォームとして提供開始されることに賛同いたします。IT投資効果に対する課題意識が高まる中、TCO削減や、ビジネス・プロセス改革への迅速な対応が求められています。そのためには、人・情報・プロセスのそれぞれを統合することは不可欠であり、それを実現できるソリューションを1社で提供されることは品質・運用の両面において大きなメリットと考えます。ベリングポイントは、早期にリファレンスサイトを創出し、ROIスタディーの実施を目指します。
ベリングポイント株式会社
代表取締役社長 秋田 芳樹

テクノロジーパートナー各社:(50音順)
日本においては、2002年7月にSAPジャパンのソリューションと日本IBMのサービス、ハードウェア、ソフトウェアを組み合わせて、お客様へ営業・提案活動や技術支援の強化を発表し、成果を上げてきました。今回のSAPジャパンの「SAP NetWeaver 2004」の発表により、両社の協業がIBMのミドルウェア製品群にさらに拡大することを歓迎いたします。両社で統合的なソリューションを推進することにより、投資の保護やTCOの削減など、お客様により大きな価値をご提供してまいります。
日本アイ・ビー・エム株式会社 理事 eビジネスオンディマンド事業
ISVアライアンス担当 濱口 通郎

日本ヒューレット・パッカード株式会社は、SAPジャパン株式会社の「SAP NetWeaver 2004」の発表を歓迎いたします。変化の激しい時代を、いかにして勝ち抜いていくか。これはあらゆる企業にとって共通の課題でもあり、ビジネスのライフサイクル全体を視野に入れたシステム戦略が必要です。日本HPは、こうした要求にこたえるため、「アダプティブ・エンタープライズ戦略」を展開しており、「SAP NetWeaver 2004」とともに、経営とITが響きあい、変化をチャンスに変える企業の体質強化をサポートしていきます。
日本ヒューレット・パッカード株式会社
代表取締役社長 兼 COO 樋口 泰行

富士通は、日本国内でのSAPビジネスに1996年から参入し、グローバル・テクノロジー・パートナーとして数多くのSAPプロジェクトの実績を上げてきました。また、富士通-SAPアライアンスセンター(FSAC)を設立し、より大きなビジネス成果につながっています。今回「SAP NetWeaver 2004」が発表されることにより、両社の協業領域が更に拡大し、日本国内はもとより、グローバルなレベルで、お客様により大きな価値をご提供できるものと確信しております。
富士通株式会社
マーケティング本部 経営執行役 長野 佳久

マイクロソフトは今回の、「SAP NetWeaver 2004」の発表を歓迎します。「SAP NetWeaver 2004」は、SAP様のテクノロジーとマイクロソフトのテクノロジー双方に投資し又は検討されているお客様に対する、SAP 様とマイクロソフトからの共同メッセージです。SAP様のテクノロジーとマイクロソフトのテクノロジーの相互連携性を今後も更に強化し保証してまいります。加えてCTSC(Collaboration Technology Support Center)を共同運営し、お客様のニーズに基づいた連携ソリューションを開発してまいります。本年は、より具体的なソリューションの開発を推進し、SAP BW、SAP CRM、SAP XI そして SAP WebASでの連携モデルを発表する予定です。
マイクロソフト株式会社
常務執行役 エンタープライズビジネス担当 平井 康文

サン・マイクロシステムズ株式会社は、SAPジャパン株式会社の「SAP NetWeaver 2004」発表を心より歓迎致します。サンはJavaテクノロジーを基盤として、「Sun Java System」、「N1 Grid」などWebサービスに対応した最先端のテクノロジー、製品を提供しております。同時に、これらのテクノロジー、製品と「SAP NetWeaver 2004」を組み合わせることにより、お客様によりセキュアでかつよりシームレスな「人、情報、プロセスの統合」を実現することをお約束致します。サンは、SAP NetWeaverパートナー・コンソーシアムの一員として、SAPジャパンやSAPジャパンを取り巻くビジネスパートナー各社と協業しながら、Webサービスの実装に貢献してまいりたいと思います。
サン・マイクロシステムズ株式会社
代表取締役社長 ダン・ミラー

【SAP NetWeaver 50都市世界ツアー】
SAPは、「SAP NetWeaver 2004」が顧客やパートナーにもたらす機会について詳しい情報を広く伝えるため、今年1年間にわたり、世界50都市ツアーを行います。SAPエグゼクティブボード・メンバーのシャイ・アガシをはじめとするSAPのエグゼクティブや、顧客、潜在顧客、パートナー、業界アナリストが5大陸にわたってITおよびビジネス界のエグゼクティブと直接会合を持ちます。日本では在東京の企業を訪問する予定です。

【SAP Developer Network】
SAP Developer Network(開発者ネットワーク)は、「SAP NetWeaver 2004」テクノロジー・プラットフォームやSAP xApps などの統合アプリケーションに焦点を当てて活動している開発者用のネットワークです。SAP Developer Networkは、SAPエクスパートの中でも最も大きなコミュニティであり、1)SAPおよび他社のウェブのログ、2)オリジナルの記事、3)ホワイトペーパーとHow-toガイド、4)ディスカッションフォーラム、5)SAPノーツへのアクセスとダウンロード、5)e-Learningなどを活動の中心としています。詳しくは、https://www.sdn.sap.com/をご覧ください。

SAPジャパンは今後、オープンでスタンダードな技術を採用することに努め、顧客企業に対し、既存IT環境、将来の変革に臨機応変に対応できるソリューションを提供します。今後、既存のSAP製品の顧客企業を中心に、2004年末までに120社以上の受注を目標としています。

*続く SAPジャパン、SAP NetWeaver 2004出荷を発表(その2)

Tags: