SAPが提唱するエンタープライズ・サービス・アーキテクチャの世界を「SAPPHIRE ’04」で披露

2004年5月10 日 by SAP News 0

~経営環境の変化に即応するために必要な、経営とITの統合とは何か~

TokyoSAPジャパン株式会社(代表取締役社長:藤井 清孝、本社:東京都千代田区、以下 SAPジャパン)は 6月17日(木)、18日(金)の両日、東京有楽町 にある東京国際フォーラムにて、「成長しつづける企業へ。統合を支えるアーキテクチャ、革新を導くアプリケーション」をテーマに「SAPPHIRE (サファイア)’04 」を開催する、と発表しました。

今年のSAPPHIREでは、経営環境の変化に即応するために必要な経営とITの統合、およびそれを実現するSAPが提唱するコンセプト「エンタープライズ・サービス・アーキテクチャ」(ESA)を通じてご紹介させていただきます。SAP製品の導入を検討中またはご活用いただいているあらゆる規模の企業の経営者から情報システム部門ご担当者、さらには人事、購買、生産部門などの責任者まで幅広い層の方々にご参加いただき、SAP製品の最新動向を体感し、理解を深めて頂くことを目的としています。

当日は、SAP AG 会長兼CEOであるヘニング・カガーマン(Henning Kagermann)を含むSAPボードメンバーよる基調講演を始め、ボストンコンサルティンググループ日本代表である内田和成様やデザインディレクター/医学博士の川崎和男様などゲストスピーカーによる特別講演が開催される他、代表的なユーザ企業における導入事例等をご紹介する160ものセッションや、52社のパートナー企業協力のもと展示会が開催される予定です。

同イベントへの当日来場者数は、昨年を上回る4万5000人を見込んでいます。


基調講演1:
6月17日(木)17:00~18:30
SAP AG 会長兼CEO ヘニング・カガーマン(Henning Kagermann)
SAPジャパン株式会社 代表取締役 藤井清孝

基調講演2:
6月18日(金)17:00~18:00
SAP AG エグゼクティブ・ボード・メンバー
グローバル・フィールド・オペレーションズプレジデント
レオ・アポテカー(Léo Apotheker)

特別講演:
6月18日(金)10:30~11:30
「”仕組み革新の時代”単なる後追いでは企業は勝ち残れない」
ボストンコンサルティンググループ日本代表 内田 和成 様

6月18日(金) 14:00~15:00
「これからの日本のデザイン-先端のデザイン」
デザインディレクター/医学博士 川崎 和男 様


開催期間:2004年6月17日(木)および18日(金)9:00~ 18:30

開催会場:東京国際フォーラム 東京都千代田区丸の内3-5-1
(最寄駅は、JR線/丸の内線東京駅/有楽町線:有楽町駅など)

問い合わせ先:SAPPHIRE ’04事務局 電話:03-5565-9160
(平日 10:00~18:00 *土日祝祭日及び12:00~13:00を除く)
e-mail:regist@sapphire04.jp

参加方法:入場料無料(完全事前登録制)
*事前登録受付、および詳細については、下記をご確認ください
https://www.sapphire04.jp/registration/index.asp
(登録締切りは6月4日金曜日の18時までとなっております)

URL:https://www.sap.co.jp/sapphire

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、カスタマーリレーションズ管理 (CRM) 、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。

すでに世界では120カ国、22,600以上の企業で1,200万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに1,100社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に貢献しています。( http://www.sap.co.jp )

Tags: