SAPジャパン、パソナ、パソナテックと協業

2004年5月18 日 by SAP News 0

-即戦力となる派遣登録スタッフを大量育成-

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区大手町、代表取締役社長:藤井 清孝、以下SAPジャパン)は本日、株式会社パソナ(本社:東京都千代田区一ツ橋、代表取締役社長:上田 宗央、以下パソナ)と株式会社パソナテック(本社:東京都渋谷区道玄坂、代表取締役社長:森本 宏一、以下パソナテック)と協業した、と発表しました。この協業により、3社は、企業からの要望の高いSAP製品の知識やスキルを備えた即戦力となる派遣スタッフの大量育成を支援します。

SAPジャパンは、今回、日本ではじめて派遣登録スタッフに対してSAP製品関連のトレーニングを提供し、SAP経験者の人材増加に貢献します。これにより、SAP製品導入企業における導入、運用の担当者およびオペレーション担当者獲得の側面支援を図り、導入および運用の一層の円滑化とコスト低減のニーズに応えます。事務スタッフとITスタッフの双方でSAP経験者を拡大することにより、SAP製品の汎用性を高め、人材面からもSAP製品のさらなるROI向上を支援します。また、パソナ、パソナテックでは、これまで主に大手企業に偏在していたSAPソフトウェアのユーザ層を、登録している派遣スタッフにまで広げ、SAP製品に関わる人材の育成を目指し、パソナでは年間に300名強、パソナテックでは約100名の登録派遣スタッフに対してトレーニングを実施する予定です。

パソナは、経理事務や営業事務など一般事務系の派遣スタッフを多数企業に派遣しており、大手企業を中心に派遣先企業がSAP R/3を導入している例は多くなっています。このため、派遣登録スタッフからも、業務上利用する機会の多いSAP R/3に関する研修への要望が高まっていました。そこでパソナでは、登録スタッフの要望に応えると同時に、SAP R/3を導入している企業への人材派遣を強化すべく、SAPジャパンと協力してSAP R/3のオペレーション人材を育成いたします。受講を希望する登録スタッフに対し、SAP R/3の概要、会計、購買、販売の分野の基本的な操作方法を学習するトレーニングプログラムを作成し、登録スタッフのキャリアをサポートとするとともに、派遣先の企業ニーズにより迅速に対応することを目指してまいります。

また、パソナでは、今回のプログラム開始にあたり、5月21日(金)10時より「パソナ キャリアアップ 特別無料セミナー」(※要予約)をSAPジャパンと共同で開催いたします。

パソナのトレーニング内容は以下の通りです。

【オペレーションコース】
SAP R/3の概要やオペレーション基礎のほか、会計、購買、販売の分野の基本的な操作方法を学習するトレーニングプログラムです。SAP R/3の初心者を対象に実施します。コースは全1日6時間コース。

パソナテックは、システム管理やプログラム開発担当者など、IT分野に特化した人材サービスを展開しています。同社では、以前よりSAP R/3経験者への求人が多いこと、また、今後中小企業でのERP導入も拡大すると見込まれることから、ERP業界でシェアが大きいSAP R/3に関する知識を持つスタッフの育成が必要であると判断しました。SAPジャパンと共同で開発した2種類のトレーニングは、それぞれシステム管理業務経験者またはプログラム開発経験者を対象に、SAP固有の知識を集中的に学習する機会を提供します。受講希望者は事前に設定した基準に基づいて選抜を受け、6日間のトレーニングを受講します。受講後の習得度を測定するアセスメントツールも用意されており、測定結果に基づいて検定証を発行します。

パソナテックのトレーニング内容は以下の通りです。
【運用担当者コース】
SAP専門用語から一般用語まで、SAPシステム管理に必要な知識全般の基本を学習します。システムの仕組みや起動と停止、バックアップ、ジョブの実行監視など、実際のシステム管理に必要な10種類以上の業務に関し、実際のシステムを使用して演習を行います。

【開発担当者コース】
SAP R/3の開発言語であるABAPの基礎知識を習得します。ABAPの開発ツールであるABAPワークベンチの使用法、ABAPプログラミングの基礎知識を学び、画面設計やデータベース読み込みを含む簡単なプログラミングについて演習を行います。

株式会社パソナについて
1976年の創業以来、「社会の問題点を解決する」という企業理念のもと、総合人材サービスのリーディングカンパニーとして、人材派遣や人材紹介、再就職支援、アウトソーシングサービスなど、グループ全体で様々なサービスを提供しています。労働者の働く意識が変化する中で、若年層を対象にした新卒派遣や定年退職者を対象にしたシニア派遣などもいち早く展開し、一般事務系職種のほか営業職、販売職、コールセンターのオペレーターなど、幅広い人材を企業に派遣しています。また、昨年10月には登録型人材派遣会社としては業界で初めて、東京証券取引所1部上場を果たし、社会的な人材流動化インフラとして、優秀な人材を求める企業とスキルの高い人材のマッチングを行っています。( http://www.pasona.co.jp )

株式会社パソナテックについて
1994年に総合人材サービスを展開するパソナグループにおいて、IT分野に特化したサービスを提供する事業部として発足、1998年には分社独立し株式会社パソナテックとして事業を展開してまいりました。開発系エンジニアからネットワークエンジニア、サポートエンジニア、クリエイターなどIT業界を支えるあらゆる職種に対応し、「IT Humanware® Company」として業界におけるキャリアの最適配置に尽力しております。「自らの成長と事業の可能性を最大限に広げ、社会に貢献していく。」これからもIT人材サービスにおけるリーディングカンパニーとしていっそうの努力を重ねてまいります。(http://www.pasonatech.co.jp)

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、カスタマーリレーションズ管理 (CRM) 、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。

すでに世界では120カ国、21,600以上の企業で1,200万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに1,100社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に貢献しています。(http://www.sap.co.jp )

Tags: ,