「新・顧客創造-先進ITが生み出す顧客共創の新・システム-」

2004年8月24 日 by SAP News 0

世界が選んだ最新最強のCRMの真実が今、明らかに

TokyoSAPジャパン株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤井 清孝、以下SAPジャパン)は、この度、SAPジャパン ソリューション本部 ディレクター三村真宗(みむらまさむね)の著書「新・顧客創造-先進ITが生み出す顧客共創の新・システム-」が、ダイヤモンド社より出版された、と発表しました。

本書は、顧客試行経営のビジョンを考え、変革を実践しようとする企業のすべての方を対象としており、経営者層はもちろんのこと、営業やマーケティングという顧客接点をもつ部門の方を対象として書かれています。最新CRM導入で成功した企業、顧客価値の最大化こそ限られたマーケットを生き抜く最後の知恵ととらえた著者が、最先進のCRMパッケージソフトウェアにはどのような思想が流れ、いかなることを具現化できるかについて、具体的事例を交え解説したものです。

<本書の主な内容>
1. マネジメントの主流は顧客中心型に:
読者に「本当に顧客のことを知っているのか?」と問いかけ、CRM導入による「ビジネスプロセスの再構築」の重要性を認識しCRM導入を推し進めた結果市場ニーズへの即応性向上を実現したCanada Post Corporation(カナダ・ポスト・コーポレーション)の事例を基に、顧客重視のビジネスプロセスを構築する上でCRMが果たす役割を説く

2. ITによってCRMビジョンは、具現化される:
ITソリューションの導入により、業務は大きく変革を遂げ、モバイルソリューションやコンタクトセンターの活用により、顧客に関する情報への迅速なアクセス、対応を可能にする。ITソリューションの導入の重要性を唱えるとともに、顧客中心のビジネスでは営業部門とサービス部門の意識統合が必須条件となることも強調

3. CRMとSCMの連携が新たな価値を生み出す:
業務統合により真の顧客志向が完成されることを、先進事例を通じて紹介

4. 事例研究 導入効果は目に見える!最新CRM導入で成功した企業
CRM導入が進んでいる海外において、既に著しく業績を伸ばしている企業5社を例に、CRM導入による効果を検証

<書籍概要>
著書名: 新・顧客創造-先進ITが生み出す顧客共創の新・システム-
著者名: SAPジャパン ソリューション本部 ディレクター 三村真宗
発行所: ダイヤモンド社
定価: 1,890円(税込み)
頁数: 276ページ
ご購入方法: お近くの書店にて直接ご購入いただくか、下記URL上でもお申し込み可能です。
http://www.sap.co.jp/japan/company/book/diamond/dia_custom.asp

尚、本書は、月刊誌「ダイヤモンド・セールスマネジャー」にて昨年連載された記事を基に、単行書籍として再編集されたものです。

SAP関連書籍の詳細については下記URLをご参照ください。
http://www.sap.co.jp/japan/company/book/index.asp

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、カスタマーリレーションズ管理 (CRM) 、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。すでに世界では120カ国、23,400以上の企業で1,200万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに1,100社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に貢献しています。( http://www.sap.co.jp )

Tags: