SAP、世界最大IT見本市「CeBIT2005*」に出展

2005年2月17 日 by SAP News 0

オープニングセレモニー基調講演にてSAP AG会長兼CEOヘニング・カガーマンが、ゲアハルト・シュレーダー独首相とともに今後のビジネスと経済への展望を講演

TokyoSAP AG(NYSE : SAP)は、今年も3月10日(木)から16日(水)までドイツのハノーバーにて開催される世界最大のIT見本市「CeBIT 2005」に出展します。

今年のSAP AGのテーマは「体験、洞察、革新」(Experience. Insight. Innovation)です。オープニングセレモニーで行われる基調講演では、SAP AGの会長兼CEOヘニング・カガーマンが、ゲアハルト・シュレーダー独首相とともに、今後のビジネスと経済への展望や、情報産業が革新と成長をどのように牽引するか、をテーマに講演します。

メインブース内では、包括的なERPソリューション「mySAP ERP」、統合アプリケーション・プラットフォーム「SAP NetWeaver」に代表される主なソフトウェアのほか、中堅・中小企業に向けた、柔軟性と拡張性に優れたソリューション「SAP Business One」と「mySAP All-in-One」などに焦点を当てるとともに、モバイルビジネステクノロジーやRFIDテクノロジーなど、併せて約30の業種別ソリューションも網羅します。また、メインブースとは別に、金融・公共に特化したブースを設けます。

展示内容・会場のご案内
ホール4
•SAPの展示およびプレゼンテーション:D12、D28
•中堅・中小企業向けSAPソリューションおよびSAPビジネスパートナー:D28

ホール9(公共事業)
•行政:E37

ホール17(バンキング、ファイナンス)
•ファイナンシャル・サービス・プロバイダー:A01.1

オープニングセレモニー基調講演のご案内
講演概要:今後のビジネスと経済への展望や、情報産業が革新と成長をどのように牽引するか
講演者: ゲアハルト・シュレーダー独首相およびSAP AG会長兼CEOヘニング・カガーマン
日時: 3月9日(水) 午後6時~11時(オープニングナイトにて基調講演)
場所: ハノーバー・コングレスセンター(Hannover Congress Center)
Theodor-Heuss-Platz 1-3, 30175 Hannover

*CeBIT(セビット)は世界最大の国際情報通信技術見本市で、出展社数6000社以上、入場者数約48万人を超える規模(2004年実績)です。詳しくはこちらをご参照ください。

Tags: