ニコンシステムにてSAP R/3が 安定稼動プロジェクト管理効率化のため業種別テンプレートを短期導入

2005年4月4 日 by SAP News 0

業界固有の各事業領域別の複数プロジェクト収益管理を実現

Tokyo株式会社ニコンシステム(本社:神奈川県横浜市西区、取締役社長:永田 浩、以下ニコンシステム)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区大手町、代表取締役社長:藤井 清孝、以下SAPジャパン)、および富士ゼロックス情報システム株式会社(本社:東京都渋谷区桜丘 代表取締役社長:伊東 健、以下富士ゼロックス情報システム)は本日、ニコンシステムにおいて、SAP ジャパンの基幹業務統合パッケージ「SAP R/3」をベースとした富士ゼロックス情報システムのIT産業向け「mySAP All-in-Oneソリューション(以下A-1)」を5ケ月間という短期間で導入し、同ソリューションが安定稼動したと発表しました。

今回の導入の背景には、月次決算を従来の5日から2日へ短縮するとともに、データの一元管理による経営の効率化、さらにはグループ本社の株式会社ニコンがすでに「SAP R/3」ユーザであることを考慮した、連結決算早期化の必要性がありました。こうしたニーズに対応するため、ニコンシステムはSAP業種別テンプレートA-1の中でも、富士ゼロックス情報システムが提供するIT業界向けテンプレート(雛型)「BTS/SI(Business Total Solution for Service Industry)」を活用し、新システムを構築しました。同テンプレートを利用し、標準テンプレートに業務を合わせた結果、システム導入作業着手から安定稼動までわずか5ヶ月という短期間かつ低コストでの稼動に成功しました。現在は協力会社メンバーを含め、約1,000名のユーザが、「BTS/SI」が持つWebフロントエンドを通して同システムを日々活用しています。

ニコンシステムでは5つの事業ドメイン(インダストリアルシステム、デジタルメディア、統合情報システム、数理解析、プレゼンテーション&コミュニケーション事業)別に提案・開発設計・開発後のフォローまでを含む約500件の様々な規模、形態のプロジェクトを運営するにあたり、収益管理の徹底による競争力強化を目的とし、スケジュール管理だけでなく、以下のような課題を見据えたプロジェクト管理を必要としていました。

・ 計画・実施段階における、プロジェクト個別の採算見込み情報の共有
・ 部門損益とプロジェクト個別損益の迅速かつ整合性が取れた情報更新
・ リソース管理や組織評価への情報活用と共有
・ モバイルにも対応した堅牢なシステム環境の利用

IT業界向け「BTS/SI」を中核としたシステムにおけるデータ連携によって、これらの業界固有のビジネス課題に対応することができます。具体的には、案件共有による残作業の測定、最終コストの予測値そして予実対比、また作業実績工数や計画に対する消費率の迅速な把握が可能となり、的確な人員配置とスケジュール変更そして予算管理が実現します。

*「mySAP All-in-One」ソリューションは、SAPジャパンが2003年2月に発表した、中堅市場を対象とした短期間・低コストのSAP導入プログラムであり、中堅市場を対象としたパートナー企業との協業ソリューションモデルです。具体的には、業種業態ごとにソリューション・テンプレート(雛型)をそろえ、お客様の事業規模ごとにSAP導入総額を提案します。IT産業向けソリューション・テンプレートの国内導入実績は7社です。

株式会社ニコンシステムについて

株式会社ニコンシステムは、ニコンの100%出資ソフトウェア会社として1986年に設立。コアコンピタンス・コアテクノロジの適用として5つの事業ドメイン(インダストリアルシステム、デジタルメディア、統合情報システム、数理解析、プレゼンテーション&コミュニケーション事業)を柱に事業展開を図り、情報サービス産業において要素技術、開発技術、業務知識を融合させ社会に貢献する企業を目指しています。(http://www.nikon-sys.co.jp)

富士ゼロックス情報システムについて
富士ゼロックス情報システム株式会社は、1984年に設立され、富士ゼロックス及び関連会社の経営情報システムの開発・運用・保守を担っている他、複写機・プリンターなどの組込みソフトウェアの開発支援を行ってきました。1998年に自社の基幹システム用にSAP R/3をビッグバン導入し、5年以上にわたってユーザーとしての知見とベンダーとしてのノウハウを豊富に蓄積してきました。経験を通じて得た成果を、テンプレート化、ツール化して、短期間、低コストの実績に基づいたビジネスソリューションの提供を心がけています。(http://www.fxis.co.jp)

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、カスタマーリレーションズ管理 (CRM) 、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にするさまざまなソリューションを提供しています。すでに世界では120カ国、26,150以上の企業で1,200万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに1,300社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(http://www.sap.com/japan/ )

Tags: