Nordea社、新BIS規制に対応したSAPソリューションを採用

2005年5月13 日 by SAP News 0

(本リリースは、4月25日に弊社独本社から発表されたものを和訳したものです)

Tokyo【スウェーデン・ストックホルム発】 – SAP AG(NYSE:SAP、以下SAP)は、北欧およびバルト海地域における大手金融サービスグループであるNordea社が、Basel Capital Accord(Basel II、以下新BIS規制)に対応するため、SAPの業種別ソリューション「SAP for Banking(銀行業界向けソリューション)」を採用した、と発表しました。新BIS規制に対応したSAPソリューションは、同規制が定める信用リスクと資本の算出について銀行を支援するほか、監督上の査察や、情報公開プロセスの支援、そして信用リスクパラメータの計測と検証に必要な履歴データベースを提供します。

今回の採用は、新BIS規制への準備を以前より進めてきたNordea社が、複数の製品を検討した結果、「SAP for Banking」が同社の信用リスク戦略に最も適したソリューションであると判断した上で決定されました。Nordea社はSAPのソリューションを導入するにあたり、新BIS規制の遵守以外にも、プロセス統合とレポーティング基準の向上実現に向け活用する予定です。同社は新BIS規制への適応を受け、リスク管理基準の厳格化と与信プロセスの効率向上を目指します。

新BIS規制遵守を契機として
2004年に銀行および金融サービス企業を対象として制定された新BIS規制は、リスクの特定や貸し倒れに備えた十分な資金準備のため、世界中の金融機関に厳格な基準を満たすことを求めています。新BIS規制に対応するSAPのソリューションは、銀行向け分析アプリケーションの拡充部分にあたります。これらアプリケーションは、金融分析、利益率分析、リスク管理を支援するよう設計されており、共通のインフラストラクチャとアーキテクチャを採用しているほか、堅牢な財務データベースや共通のプロセスと手法を備えています。新BIS規制対応SAPソリューションは、この強力な分析基盤をもとに、銀行に透明性と質の高い情報をもたらすことで意思決定能力を向上させ、新BIS規制の遵守を確かなものにします。同ソリューションには新BIS規制のベストプラクティスが組み込まれており、法規制の変化に応じて随時アップグレードされます。

SAP AGの金融サービス担当シニアバイスプレジデント、トーマス・バルクハイム(Thomas Balgheim)は次のように述べています。「新BIS規制の遵守は、銀行が目下対応しなければならない重要課題の1つであるにも関わらず、多くの企業はリスクの全体像を完全には把握していません。SAPでは、新BIS規制の遵守を、義務以上のものであると考えています。それは、組織、技術、事業の改革につながる原動力でもあるのです。」

近日開催の主要イベント:「SAPPHIRE ’05 Boston」

サービス対応エンタープライズ・ソフトウェアの将来への洞察力を深め、また、世界中のさまざまな業種のあらゆる規模の企業がいかにSAPソリューションを活用し、市場の変化に順応するとともに事業を発展させ、競争優位を実現しているか体感できるSAPの国際カスタマー・カンファレンス「SAPPHIRE ’05」が、5月17~19日に米国マサチューセッツ州ボストンにて開催されます。

Nordea社について
Nordea社は、北欧およびバルト海地域の大手金融サービスグループで、リテールバンキング、法人および機関向けバンキング、資産管理と生命保険の3事業分野を手掛けています。北欧地域に1,100万人の顧客を有し、1,198の店舗を展開しています。Nordeaグループは、400万人の顧客を擁するインターネット・バンキングの世界的リーダーです。同社の株式は、ストックホルム、ヘルシンキ、コペンハーゲンの株式市場に上場されています。

SAP for Bankingについて
SAP for Bankingは、フロントオフィスとバックオフィスの銀行業務環境のあらゆる側面を管理する統合ソリューションを提供しており、基幹バンキングプロセス、大容量トランザクション・バンキングプロセス、CRMから、財務、コスト管理、利益率/リスク分析に至まで、幅広く網羅しています。60カ国に550以上の導入実績を誇るSAP for Bankingは、金融機関がトランザクションとリレーションシップを優れて管理できるようにするだけでなく、市場機会を迅速に把握し、顧客の個々のニーズに応じた新製品を容易に開発できるようにします。SAP for Bankingの詳細は、http://www.sap.com/banking/をご参照ください。

SAPについて
SAPは、ビジネス・ソフトウェア・ソリューション*の世界的リーディングプロバイダーです。SAPのソフトウェアは、すでに120を超える世界各国の27,000社以上の企業、91,500サイト以上で利用されており、中堅・中小企業のニーズに対応するよう特化したソリューションからグローバル組織のためのソリューションまで、幅広く提供しています。革新を促進しビジネス変革を実現する「SAP NetWeaver」を基盤とした「mySAPビジネス・スイート」ソリューションは、顧客関係の改善、パートナー企業との連携強化、サプライチェーンの構築および経営の効率化などを実現することにより、世界中の企業を支援します。SAP業種別ソリューションは、ハイテク、小売、官公庁・公共機関、ファイナンシャル・サービスなど25業種以上について、各業種における独自のビジネスプロセスを支援します。SAPは世界の50ヵ国以上に現地法人を持ち、またフランクフルト証券取引市場やニューヨーク証券取引市場を含む幾つかの取引市場で「SAP」の銘柄で取引されています。同社の詳細についてはhttp://www.sap.comをご参照ください。

*SAPによるビジネス・ソフトウェア・ソリューションの定義は、統合基幹業務ソフトウェア(ERP)と、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、顧客関係管理(CRM)、製品ライフサイクル管理(PLM)、サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント(SRM)などの関連ソフトウェアソリューションとによって構成されるビジネス・ソフトウェア・ソリューションです。

Tags: ,