SAPジャパン、日本版SOX法対応支援に向けて、新製品を日本市場に投入

2005年10月25 日 by SAP News 0

~米国Virsa Systemsの製品を採用し、
新たなコンプライアンス・ソフトウェアを日本市場で展開~

TokyoSAPジャパン株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ロバート・エンスリン、以下SAPジャパン)は、「SAP Compliance Calibrator(コンプライアンス・キャリブレータ)by Virsa Systems、以下SAP CC」を本日より販売開始し、コンプライアンス対応ソリューションを拡充すると発表しました。

今日の企業にとってコンプライアンスは優先度の極めて高い課題であり、コンプライアンスが適切に行われれば、企業価値の向上につながります。SAPジャパンは、mySAP ERPとSAP CCを連携させた、包括的なツールセットを提供し、日本版SOX法への対応を検討している企業を支援していきます。

SAPジャパンは、これまで、mySAP ERPを中核とした内部統制ソリューションを提供してきました。mySAP ERPでは、様々な権限管理機能が用意されていますが、権限設定は、ユーザ依存になる傾向がありました。SAP CCと連動することにより、不正取引防止の観点から、権限設定が適切かどうかを自動的にチェックすることが可能となります。このように、SAP CCは、mySAP ERPの内部統制ならびにコンプライアンス機能を補完、強化し、高いセキュリティと管理のみならず、リアルタイムかつ持続的なコンプライアンス・ソリューションを実現します。SAP CCは、米国カリフォルニア州、フレモント(Fremont)に本社を置く、「Virsa Systems(ヴァーサ・システムズ)、以下Virsa」が開発した製品で、このたび、mySAP ERPの追加ソリューションとして提供されます。Virsaは、6年以上にわたってSAPのパートナーです。

SOX法に対応するには、企業は内部統制の妥当性を報告、証明できるシステムの構築が必要となります。一般に、内部統制システムの構築においては、「統制範囲の定義」、「文書化」、「設計の評価」、「運用の評価」といったプロセスが含まれます。一度構築した内部統制システムを、継続的に、かつ低コストで運用するためには、「運用の評価」、「プロセスの自動化」、「効率化」が不可欠です。SAP CCは、評価サイクルを短縮し、ユーザ権限の分離に関するルール作成と、ルールを逸脱した設定の特定を通じて、内部統制上のリスクを事前に把握します。SAP CCはまた、監査プロセスの改善と簡素化を可能にし、文書化を含めた内部統制プロジェクト全般の管理や、業務プロセス単位の統制リスクと課題をモニターできるmySAP ERPの包括的なコンプライアンス機能を補完します。

SAP CCは、SOX法要件を満足するのはもちろんのこと、持続可能なコンプライアンスと卓越したITガバナンスの実現と経費の削減を同時に、実現します。SAPジャパンとVirsaは、企業が社内の不正行為とITガバナンスの不全リスクに直面する状況を体系的に修正、防止するソリューションを提供します。

SAP CCはSAPジャパンが直接販売し、サポートを行います。SAPのソフトウェアをインストールしている既存のハードウェアにインストール可能で、mySAP ERPやその他のSAPソリューションが提供するセキュリティ機能と連携します。

Virsa Systemsについて
Virsa Systemsは1996年に設立された、企業間の法令遵守ソリューションのグローバル大手企業です。Virsaは、SAP、OracleおよびPeopleSoftのソリューション、カスタム・アプリーケーションおよびレガシーアプリケーションなど、エンタープライズをまたがるシステムのリアルタイムでのビジネス管理を実行および監視する唯一のソリューションを提供しています。また、企業がSarbanes-Oxley法、HIPAA、Graham-Leach-Blileyや各国の法令への持続的および予防的なコンプライアンスの維持を可能とします。Virsaの自動化ソリューションによって、企業はコンプライアンスに係る費用を著しく削減させるとともに、リスクを低減および制限し、また、主要なビジネスプロセスの効率性を向上させます。Virsaは、現在のコンプライアンス業界で最大の顧客企業を保有しています。同企業は、SAP Ventures、Kleiner Perkins Caufield & Byers、Lightspeed Venture Partnersが出資する株式非公開の企業です。Virsaは、米国、ヨーロッパおよびインドにオフィスを有しています(www.virsa.com)

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、カスタマーリレーションズ管理 (CRM) 、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。すでに世界では120カ国、29,800以上の企業で1,200万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに1,300社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に貢献しています。
SAPジャパンのサイトは、こちらをご覧ください。

Tags: ,