山十産業、中堅・中小企業向けERP「SAP® Business One」を導入し、生産管理を含む基幹業務システムの稼動を開始

2005年12月21 日 by SAP News 0

~エルテックスの導入コンサルティングサービスで、MRP機能を実現~

Tokyo株式会社エルテックス(本社:横浜市保土ヶ谷区、代表取締役社長:犬飼 邦夫、以下エルテックス)は、株式会社日立情報システムズ(本社:東京都品川区大崎、執行役社長:堀越 彌、以下日立情報システムズ)、SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ロバート・エンスリン、以下SAPジャパン)と協業し、電子部品・電子材料の販売及びワイヤーハーネス加工の製造販売業である山十産業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:河野 圭、以下山十産業)が、SAPジャパンの中堅・中小企業向けERP「SAP Business One」を導入し、生産管理・販売管理・購買管理・在庫管理・会計管理を統合した基幹業務システムを本年12月より稼動開始したことを発表します。稼動後は、エルテックスと日立情報システムズの両社が、日立情報システムズのヘルプデスク・サポート窓口を利用し、保守サービスを提供していきます。

「SAP Business One」は、2004年6月に日本で発表されて以来、多くの企業に導入されている本格的ERPパッケージです。今までは流通業、サービス業を中心に導入が進んできましたが、2005年5月に提供が開始された「SAP Business One 2004B」で製造業向けのMRP機能が付加され、製造業への展開が期待されていました。エルテックスでは、従来から製造業向けのERP導入を行っていたノウハウを活用し、MRP機能の確認とパフォーマンステストをいち早く独自に実施、その結果を受けて、山十産業は、MRP機能を中心とした生産管理業務(具体的には受注と同時に在庫引落、部材手配、加工指示書(カンバン)の自動発行、外注加工先に対する加工指示・実績収集業務)及び、販売管理・購買管理・在庫管理・会計管理の基幹業務全般に亘って、「SAP Business One」を導入しました。今回のシステム導入には、エルテックスの豊富なノウハウを活かしたテンプレートと導入方法論を活用しています。それにより導入開始から5ヶ月という大変短い期間での稼動を実現しました。

このシステムの稼動により、山十産業は次のような効果を期待しています。
・ 一元化した情報流、物流の整流化によるコストダウン
・ 正確な所要量計算による最適在庫の算出
・ 手作業によるデータ転記を減少させたことによる業務の効率化
・ 月次決算日程の短縮による経営判断のスピードアップ

今後、エルテックスは、「SAP Business One」のコンパクトな料金体系と確立された導入方法論・テンプレートにより、MRP機能を利用した製造業向けのテンプレートを作成し、中堅・中小企業でも導入可能な価格で多くの製造業に「SAP Business One」を展開することを予定しています。また、日立情報システムズは、このエルテックスのテンプレートを商品ラインナップのひとつに加え、同社と共同で中堅・中小企業に拡販していく方針です。

「SAP Business One」について
「SAP® Business One」は、数名から数百名の従業員を抱える中堅・中小企業のためのERPパッケージです。本来のERPとしての機能を兼ね備えた「SAP Business One」は、短期間かつ低コストで導入が可能なビジネスソリューションです。このシンプル、しかもパワフルなソリューションにより、企業は、業務の効率化と攻めの経営を実現することができます。

記載されている会社名、製品名ならびにサービス名は、各社の登録商標または商標です。

Tags: ,