SAPジャパン、日本IBM、IBCSが協業を強化

2006年4月24 日 by SAP News 0

IBCSのSAPコンサルタントを約200名増強、サーバーにSAPソリューション専用版

TokyoSAPジャパン(代表取締役社長:ロバート・エンスリン、本社:東京都千代田区、以下SAPジャパン)、日本IBM(社長:大歳卓麻、本社:東京都港区)、IBMビジネスコンサルティング サービス(社長:清水照雄、本社:東京都千代田区、以下IBCS)は、統合基幹業務(ERP)パッケージの導入を中核としたお客様の企業変革を支援するため、両社の協業関係をさらに強化していきます。具体的には、SAPジャパンからのスキル育成支援を得て、IBCSのSAPコンサルタントを年内に約200名増強するほか、IBMのビジネスサーバー「IBM System i5」においてSAP製品専用版を提供、さらにSAPジャパンが持つ企業のIT投資に対する経営に直結した効果(ビジネスバリュー)を定量化し、経営目標に即したソリューションを提案するサービス「Value Engineering」を活用して、お客様企業のSAP製品導入メリットを明確化した共同営業活動を推進していきます。

具体的な協業内容は次のとおりです。

1. SAPジャパンのスキル育成支援を得て、IBCSのSAPコンサルタントを約200名増強

ERPの導入を中核としたお客様の企業変革を支援するため、SAPジャパンの提案による年間スキル育成計画をIBCSと共有し、延べ400のSAP認定資格の取得を通じて、IBCSのSAPコンサルタントを2006年末までに約200名増強します。これらのコンサルタントは、SAP製品導入に不可欠な企業共通の業務プロセスとITアーキテクチャーに関するノウハウとスキルを統合してお客様にご提供するために、IBCSが2005年7月に設立した「バリューデリバリーセンター」に配属され、合計約550名の体制に拡充します。

2. IBMのビジネスサーバー「IBM System i5」にmySAP ERP専用版

IBMのビジネスサーバー「IBM System i5」において、mySAP ERPを導入されるお客様向けの専用版「同 Solution Edition for mySAP ERP」を提供します。当製品は標準製品と比べて、SAP製品導入を促進するために約4割から半額程度の割安な価格設定となっています。なお、IBMのミドルウェアにおいては、両社共同による製品開発を開始しており、既にデータベース管理ソフトウェア「DB2 version 8.2.2」では、SAP製品とDB2を最適化するSAPチューナーという他社には無いオートノミック・コンピューティング(自律的コンピューティング)機能を搭載しています。

3. SAP製品導入メリットを明確化する「Value Engineering」を活用した共同営業活動

SAPジャパン バリュー・エンジニアリング本部が提供するVEサービスを活用し、お客様のSAP製品導入メリットを分析・明確化してご提案する共同営業活動を推進します。具体的には、業務効率化、在庫削減、コスト削減、決算短縮、内部統制の領域などにおける改善策を提示し、経営に直結する効果(ビジネスバリュー)を定量化したうえでSAP導入をご提案して参ります。

今回の協業強化により3社は、ERP導入による柔軟かつ迅速な企業変革を通じたお客様のイノベーション実現を支援していきます。なお、SAPジャパンにおいては、当協業強化を中核として、金融、公共、小売向けビジネスをはじめ全業種へのSAP導入展開を加速化していきます。また、日本IBMとIBCSは、パッケージやアセット化したソリューションをベースとした効率的なサービス・ビジネスをさらに促進していきます。

以上

English Version

Tags: , , ,