アビーム コンサルティング、SAP NetWeaverプラットフォームで、ヨドバシカメラの顧客情報管理システムを構築

2006年6月5 日 by SAP News 0

~SOA(サービス指向アーキテクチャ)に基づいた柔軟なシステムを9カ月で稼動~

Tokyoアビーム コンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西岡一正、以下アビーム コンサルティング)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ロバート・エンスリン、以下SAPジャパン)は、株式会社ヨドバシカメラ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 藤沢 昭和、以下ヨドバシカメラ)の顧客情報管理システムの構築を完了、4月17日より本稼動させ、このたび安定稼動を確認したことを発表しました。

導入の背景と新システムの概要

ヨドバシカメラはポイントカードの考案や、インターネットビジネスの開始など独創的なビジネスモデルを先駆的に実現することで自身のビジネスを拡大してきました。これらビジネスの拡大には、IT(情報技術)を経営と融合することが大きな駆動力となってきました。

ヨドバシカメラでは、今後も継続的な成長を維持するために、独創的なビジネスモデルを柔軟かつ迅速に実現させていく予定です。このビジネスプロセスを開発・維持発展させていく為のITプラットフォームとして、SOA(サービス指向アーキテクチャ)に基づくITプラットフォームの採用を決定しました。

新しいITプラットフォームにおいて今回開発された顧客情報管理システムは、ヨドバシカメラの各店舗やインターネットなど各チャネルを通してのリアルタイムでの顧客情報更新・照会を可能とするシステムです。システムが提供するビジネスプロセスはヨドバシカメラ独自性を強化するかたちで設計されています。システムプロセスにおいては、柔軟なシステム改修・追加を可能にするように、SOA(サービス指向アーキテクチャ)に基づいて設計・開発されています。

SAP NetWeaverとアビームコンサルティングの役割

今回の導入は、SAPが提唱するEnterprise SOA(エンタープライズ・サービス指向アーキテクチャ)の概念に基づいて設計が行われました。システムが提供する機能をサービスとして取り扱い、サービスを組み合わせる事によって柔軟で速やかなシステム開発が可能となります。またシステム基盤としてSAP NetWeaverプラットフォームを採用し、プロジェクトにおいて開発された各種サービスを連携することでシステム構築を実現しました。

アビーム コンサルティングは構想策定の基本設計段階から稼動に至るまで、プロジェクトを全般的に支援し、約9カ月たらずという短期間でプロジェクトを稼働させました。プロジェクトにはアビームコンサルティングのコンサルタントが参画し、ABAPやJava言語での大量のプログラム開発についてはアビーム コンサルティングが上海に擁するグローバル・デベロップメント・センターを活用し効率的な開発を実現しました。

アビーム コンサルティングの製造・流通事業部シニアマネージャ梶浦英亮は次のように述べています。「ヨドバシカメラ様は、弊社にとっては1992年より15年間にわたって継続的にお付き合いをさせて頂いているお客様であり、業務・IT共に様々な領域でサービスを提供させていただいております。今回のプロジェクトは、新しい概念・技術基盤を利用したミッションクリティカルな大規模システムで、非常に挑戦的なプロジェクトでしたが、予定通りの稼動を迎えることができました。後続プロジェクトも既に開始しており、引き続きご支援させて頂く予定です。」

SAPジャパンのソリューション本部インダストリ事業開発部 流通業(小売・卸・商社)担当部長 渋谷隆行は以下のように述べています。「業界でも先進的企業として活躍なさっているヨドバシカメラ様の基幹システムを支えるアーキテクチャ基盤として、SAP NetWeaverが採用され、稼動したことをきっかけに、これからもよりよいサービスと製品を提供しながらプロジェクトを支援させていただきたく存じます。業種別、各業務領域別のエンタープライズ・サービスを拡充し、お客様の成長に適合した柔軟なシステム基盤の提供を通してより高い顧客価値創造を目指して参ります。」

以上

English Version

Tags: , , , , , , ,