SAPジャパン、オラクル製品からSAP製品への移行プログラム「Safe Passage」を開始

2006年7月5 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ロバート・エンスリン、以下SAPジャパン)は5日、お客様が現在使用しているオラクル社のビジネス・アプリケーション製品からSAP製品への移行を支援するプログラム「Safe Passage(セーフ・パッセージ)」を発表します。

当プログラムは、オラクル社「Oracle Applications」である「JD Edwards EnterpriseOne」、「JD Edwards World」、「Oracle E-Business Suite」、「PeopleSoft Enterprise」、「Siebel Business Applications」をご利用のお客様を対象にしたプログラムで、これにより、お客様は既存のIT投資資産を活かしつつSAP製品への円滑な移行が可能になります。具体的には、SAPが過去の「Oracle Applications」への初期ライセンス費用の最大75%をSAPが負担するほか、「Oracle Applications」と最新の統合アプリケーションプラットフォームであるSAP NetWeaver(ネットウィーバー)に統合するためのコネクタを提供します。また、安全に移行を行うためのツールとサービスも、SAPおよびパートナー企業からご提供します。

当プログラムは、オラクル社の買収戦略により、製品の先行きに不透明さを感じるお客様に対し、mySAP ERPをはじめとする新世代のSAP製品への包括的かつ確実な移行ロードマップを提供するものです。
これにより、お客様は既存の「Oracle Applications」資産を円滑に最新のITプラットフォームへと拡張しSAP NetWeaverと統合することで、異機種環境をまたがって新しいプロセスを構築および運用することができるようになります。これは、SAP製品が業界の変化に迅速に対応し、イノベーション(革新)を実現できるよう、「エンタープライズSOA」というアーキテクチャーに基づいて開発されているからです。さらに、SAPは製品の明確なロードマップを提供していますので、お客様は将来の移行に関するコストや時期について把握することができ、最も都合のよいタイミングで、安全かつ確実に最新のビジネス・アプリケーションへの段階的な移行を選択することができます。

世界ではすでに200社を超えるお客様が当プログラムを利用しています。SAPジャパンでは、この「Safe Passage」プログラムを強力に推進していきます。

Safe Passageのサイト:http://www.sap.com/japan/safepassage

以上

English Version

Tags: , , , , , , ,