SAPジャパン、SOA実現を目指す全ての開発者を支援する初のトレーニングを開講

2006年10月3 日 by SAP News 0

10月5日、6日開催SAP TechEd ‘06にて先行セッション実施

TokyoSAP ジャパン株式会社(本社:東京千代田区、代表取締役社長:ロバート・エンスリン)は、サービス指向アーキテクチャ(SOA)に基づいたシステム構築に必要な最新の知識および技術を習得するための初のトレーニングコースを来年2月より開講します。当トレーニングは、Java等によるSOAの実現を目指す開発者に加え、柔軟なビジネスソリューションの構築に携わる開発者等を対象としています。これにより受講者は、SOAに基づいた機能拡張やバージョンアップ等を必要とするお客様の細かいニーズに対して、SAP製品を活用した最適なソリューションを提示可能となります。

SAPジャパンでは、SAPのERP(基幹業務)製品の導入に関わる人やSAPのエンドユーザを対象としたトレーニングコースを中心に展開しています。今回発表したトレーニングコースは、日本企業でも関心が高まりつつあるSOAへの対応を迫られている全ての開発者やシステム・インテグレータの方に対し、SOAの最新の技術をいち早く取り入れて提供するものです。SAPの提唱するenterprise SOAは、統合プラットフォームのSAP Net Weaverを基盤として、SAPのERPだけでなく、お客様の既存のアプリケーションや、Javaなどで開発するアプリケーションなどを統合し、異機種環境をまたがって新しいビジネスプロセスを構築および運用を可能にする技術です。当コースでは、SOA概論はもちろん、enterprise SOAを実現する最新ツールと、それを用いたコンポジットアプリケーション構築技法を理解することを目的としています。講義および実践的なハンズオンセッションから成る短期集中型の体系的なコースにより、SOA実現の全体像を短期的に効率よく学習できるものです。

コース開講は来年2月を予定しており、お申込の受付開始は11月中旬頃を予定しています。また、開発者の皆さまにいちはやく当コース内容をご紹介し、いただいたフィードバックを基により実践的なトレーニング内容を構築するために、来る10月5日(木)~6日(金)にホテル日航東京(東京都港区)にて開催される「SAP TechEd ‘06」において、先行セッションを開講します。

以上

English Version

<標準トレーニングコース概要>

コース名 :Enterprise SOAを実現するSAP NetWeaver
日  数 :3日間
費  用 :189,900円(税込)
参加方法 :お申込準備が整い次第、下記にて発表させていただきます。
http://www.sap.com/japan/services/education

※価格を含む上記のコース概要は、予告なしに変更させていただく場合があります。

Tags: , ,