早稲田大学、SAPジャパンと共同で内部統制に備えた人材育成のための講座を開設

2007年2月20 日 by SAP News 0

Tokyo学校法人早稲田大学(所在地:東京都新宿区、総長:白井克彦、以下早稲田大学)は、SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ロバート・エンスリン、詳細別紙)と共同で、早稲田大学大学院会計研究科(研究科長:小林啓孝、詳細別紙)において、学生を対象に内部統制の理論をテーマとした寄附講座を2007年4月より開講します。当講座は、会計監査現場で活躍する人材育成支援を目的として、SAPの基幹業務システム「mySAP ERP」を教材として使用し、内部統制の基本理念や業務プロセス遂行のためのシステム利用法を習得することができる実践的な講座です。SAPのERPシステム基盤を教材として採用した大学における内部統制の正式な講義科目は、日本で今回が初めてとなります。

2006年6月に成立した日本版SOX法(金融商品取引法)により、2009年3月期決算からすべての上場企業および法令で定められた企業は内部統制報告書の提出およびその監査が義務付けられます。これに伴い企業の対応も本格化し、監査を実施する人材育成が求められています。

こうした環境の中、早稲田大学とSAPジャパンは、内部統制対応の基盤となるmySAP ERP 2005のシステムを教材とした「ERPシステム実務」および「ERPシステム実務(実習)」を開設し、会計監査および企業における会計実務の分野における人材の育成・養成に注力します。教材となるmySAP ERP2005は、企業内外にまたがるビジネスプロセスの基礎を築き、プロセスの可視化によって内部統制の情報基盤を整備するシステムです。学生は内部統制実施基準の内容およびその実装方法をより実践的な形で習得することができます。当講座は、前期・後期一科目ずつ三年間にわたって開講され、講師は早稲田大学大学院の教授陣と共に、SAPジャパンのコンサルタントが担当いたします。

講座概要

科目名: ERPシステム実務(SAPジャパン寄附講座)および、
ERPシステム実務(実習)(SAPジャパン寄附講座)
受講対象: 早稲田大学大学院 会計研究科在学生
期間: 開講期間:2007年4月-2010年3月 (計3ヵ年)
寄附講座(正規学科目)として前期週2コマ、後期週2コマを開講
内容: 内部統制概要、内部統制の整備と運用、内部統制監査、
ERPシステム概要、ERPを用いた統制メカニズム、在庫購買管理プロセスと統制、 ほか
以上

早稲田大学大学院会計研究科について
早稲田大学大学院会計研究科は、100年を超える早稲田会計学の伝統を基盤として、2005年に設立されました。国際的に通用する高度な専門知識と、高潔な倫理観に裏付けられた「アカウンティング・マインド」を十分に備えた会計専門家を育成することを教育の理念とし、会計専門、高度会計専門、国際会計専門の3コースを設置しています。(http://www.waseda.jp/accounting
また、会計研究科では、全国の公認会計士等の現役実務家の協力によるネットワーク上での仮想的監査セッションを行うための「早稲田会計道場システム」を開発中です。(http://www.waseda-kaikei.org/dojo/

Tags: