【参考資料】SAP NetWeaverがもたらすイノベーションのロードマップを発表

2007年5月9 日 by SAP News 0

戦略的ビジネスプロセス・プラットフォームへの進化を通じ、CIOのビジネス差別化を支援

(本リリースは、4月24日に弊社独本社から発表されたものを和訳したものです)

Tokyo【米アトランタ発】 – SAP AG(以下SAP)は、企業のCIOがビジネスプロセスのイノベーションを促進し、ビジネスの変化の速度に対応できる戦略的プラットフォームの構築を支援する、SAP NetWeaverの一連の新しい機能を発表しました。SAP NetWeaverにより、お客様やパートナー、開発者は安定したコアとなるIT基盤を維持し、同時にビジネスの成長を促進する新しいプラットフォームを活用することができます。SAP NetWeaverの新機能は4つの柱に沿って構成されています。1)ユーザによるアクセスと生産性の向上、2)アプリケーションとビジネスプロセスによるコンポジションの加速、3)必要かつ信頼できる情報へのアクセスをエンタープライズ全体にわたって合理化、4) エンタープライズ・サービス指向アーキテクチャ(エンタープライズSOA)のガバナンスの自動化。この発表は4月22日から25日までの間、ジョージア州アトランタで開催された、SAPの国際的なお客様向けのカンファレンスであるSAPPHIRE ’07において行われました。

ガートナー社のリサーチ担当バイスプレジデント、ダン・ショーラー(Dan Sholler)氏は、「企業のCIOたちは限られたIT予算を最大限に活用し、日々のビジネスプロセスの安定性と、急速に変化する今日のビジネスに必要とされる迅速なITイノベーションとの間で、バランスのとれたテクノロジープラットフォームを選択し、利用しなければなりません」とコメントしています。

SAPはこのようなニーズに対し、SAP NetWeaverとSAP ERPによるコア基盤を補足する新しいプラットフォーム機能や強化を段階的に提供することで応えています。この展開の容易な新機能は2007年から提供が開始される予定です。この4つの柱に沿った強化には次のものがあります。

  • Web 2.0、AJAX、リッチクライアント機能を通じた超高度なユーザエクスペリエンス
  • 無駄のない消費を可能にするJava EE5ベースのアプリケーションとプロセスのコンポジション
  • Webサービス標準に基づく高性能なサービスバス機能
  • SAP NetWeaver Enterprise Services RepositoryとUDDI 3.0レジストリを通じたSOAガバナンスの組み込み

ユーザのアクセスと生産性を向上

SAPは、SAP NetWeaver Portalの強化や新しいSAP NetWeaver Business Clientソフトウェア、マルチチャネルアクセス機能の改善を通じてユーザエクスペリエンスを簡素化し、ビジネスプロセスも合理化しています。これらの新機能は組織内での個人のロール(役割)を支援するように設計され、それぞれのユーザインタフェースの価値を高めています。SAP NetWeaver Portalは、エンドユーザがビジネスのデータとアプリケーション機能を組み合わせることのできるAJAX対応のインタフェースを通じ、コラボレーションが必要なプロジェクト作業の効率をさらに高めています。このポータルにはウィキ(wiki)やソーシャルネットワーキングなどのWeb 2.0ツールも導入され、エンタープライズ全体にわたるコラボレーションに対応するとともにセキュリティとコンプライアンス達成を支援しています。

SAP NetWeaver Business Clientは受注担当者や財務など、一定のタスクに関して業務を行う従業員のニーズをサポートするよう設計されており、デスクトップからSAPアプリケーションへのアクセスに使用できる新しい高機能なユーザインタフェースを提供します。この新しいクライアントはまた、他のデスクトップアプリケーションとの統合にも対応しています。またモバイルユーザは、SAP NetWeaverプラットフォームのモバイルアプリケーションの技術的基盤となるSAP NetWeaver Mobileや、どんな電話機からもSAPアプリケーションにアクセス可能な新しい開発ツールキットSAP NetWeaver Voiceを利用し、スケーラビリティと総所有コスト(TCO)改善のメリットを得ることがきます。

アプリケーションとプロセスのコンポジションを加速

ビジネスプロセスの自動化と柔軟性をさらに高めるため、SAPはSAP NetWeaver Composition Environment(SAP NetWeaver CE)とSAP NetWeaver Process Integration(SAP NetWeaver PI)を通じて新しい機能を提供します。Java EE5ベースのSAP NetWeaver CEは、お客様やパートナー、SAPが標準規格に基づいたコンポジットアプリケーションの開発作成と実装を行える、次世代の統合型ツールセットです。また、異機種システム混在のIT資産環境において、SAPやパートナーがあらかじめ提供し、お客様が独自に開発したエンタープライズサービスに基づきアプリケーションとプロセスの開発と実装を行うための環境を開発者に提供します。

SAP NetWeaver Exchange Infrastructure(SAP NetWeaver XI)が進化したSAP NetWeaver Process Integrationは、エンタープライズSOAの技術的インフラストラクチャに対するSAPの機能サポートをさらに強化しています。これにはコンポジットアプリケーションをエンタープライズサービスに結びつける標準規格ベースのサービス、およびUDDI 3.0準拠のSAP NetWeaver Enterprise Services Repositoryが含まれます。パフォーマンスの大幅な強化に加え、SAP NetWeaver PIにはビジネスイベントを管理し、アラートをリアルタイムで解決することのできるビジネス・アクティビティ・モニタリング(BAM)機能も新しく導入されています。

必要かつ信頼できる情報へのアクセスを合理化

SAPはSAP NetWeaver Business Intelligence(SAP NetWeaver BI)とSAP NetWeaver Master Data Management(SAP NetWeaver MDM)により、ビジネス情報管理の分野でも新しい機能を追加しました。新しい機能とすでに立証されたプラットフォーム機能との間の統合強化により、ユーザはビジネス情報の安全な管理と品質改善を行うことができ、ビジネスから生まれたアイデアに対しても迅速に行動することができます。

次世代のSAP NetWeaver BIは簡素化されたWeb 2.0ベースのユーザエクスペリエンスを提供し、SAP NetWeaver Enterprise Searchも含め、ビジネスユーザによる企業情報へのセルフサービスのアクセスを改善し、日々の業務プロセス、イベントへの対応およびタスクベースの作業に依存して必要となる業務組込型のビジネスインテリジェンスの提供が可能となります。ビジネスの敏速さをさらに高めるため各部門が連合した形でSAP NetWeaver BIを導入することができ、各部門がそれぞれ独自のBI環境を所有、管理しながら、企業全体としての情報管理ガバナンスポリシーに基づく運用を行うことが可能です。

SAP NetWeaver MDMを使用すればすべてのタイプのマスターデータを単一のプラットフォーム上で管理し、そのそれぞれを調和させることができます。SAP NetWeaver MDMの新たな強化にはガバナンスと監査トラッキングを高める新しいセキュリティモデル、新しいデータのシンジケート化と分配、アジア諸言語のサポートなどが含まれます。

エンタープライズSOAのガバナンスの自動化

企業がエンタープライズSOAの基盤をさらに利用してエンタープライズSOAの導入ができるように、SAPは次のバージョンのSAP NetWeaver Enterprise Services Repository(SAP NetWeaver ESR)を提供します。このエンタープライズ・サービス・リポジトリからは、SAPやパートナー、お客様が作成した、迅速なイノベーションを支援する1,000を超える製品化されたエンタープライズサービスが提供されます。Webサービスの管理のみに特化した他の基本的なレジストリとは異なり、SAP NetWeaver ESRにはWebサービスの定義に加えてビジネスプロセス・モデルとビジネス・オブジェクト・モデルも含まれています。また、お客様やパートナーには、エンタープライズサービスの作成、管理、およびガバナンスにSAP自身のベストプラクティスやプロセスを利用し、共通のビジネス文脈に基づいて容易なコンポジションや再利用が実現します。

拡大し続けるSAP NetWeaverの勢い

SAP NetWeaverプラットフォームの採用率は2006年に250%の拡大を記録するなどその勢いは留まることを知りません。これは13,000社を超えるお客様が重要なビジネスプロセスを支える基盤としてSAP NetWeaverを導入済みであることを意味します。

SAPのSAP NetWeaver Technology担当ヘッド、コーポレート役員兼Executive Councilメンバーのクラウス・クレプリン(Klaus Kreplin)は、「SAP NetWeaverは、既存および将来のIT投資に対応し、ITをビジネスニーズの進化に合わせることのできる戦略的なITプラットフォームを求めるCIOに最適な選択肢です。新しい機能によってお客様はビジネスにイノベーションをもたらす機会を発見しやすくなり、競争他社に先駆けて準備を整えることが可能となります」とコメントしています。

以上

Tags: , , ,