「Duet™ for Microsoft® Office and SAP®」の販売を開始

2007年7月12 日 by SAP News 0

~SAP アプリケーションのフロントエンドとして操作性に優れたMicrosoft Officeを採用し生産性を向上~

Tokyoマイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役 社長:ダレン ヒューストン)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ロバート エンスリン)は、共同で開発を行った初のソフトウェア製品である「Duet for Microsoft Office and SAP」(デュエット フォー マイクロソフト オフィス アンド エスエイピー、以下Duet)の販売を本日より開始します。

Duetは、操作性に優れたMicrosoft Office を使い、SAPアプリケーションへのアクセスをより簡単かつ柔軟にするための企業ユーザー向けフロントエンドソリューションです。本製品の設計・開発および販売・サポートは、マイクロソフトと SAPが共同で行っています。

Duetは、エンタープライズ・サービス指向アーキテクチャ(エンタープライズ SOA)をベースにしており、必要なビジネス情報やプロセスに即座にアクセスできる環境を容易に実現します。たとえば、SAPアプリケーションに設定された就業規則と承認プロセスに基づき、 Microsoft Office Outlook®の予定表から休暇申請をしたり、Microsoft Office Outlook と Microsoft Office Excel® を使用してSAPレポートをリクエストし、SAPアプリケーションの情報をタイミングよく参照することができます。Duet導入により、企業ユーザーは、時間とコストの削減、プロセスにおけるコンプライアンスの強化、意思決定の強化、冗長性やデータエラーの削減を実現することが可能です。また、フロントエンドにMicrosoft Office製品を用いることで、ユーザーにトレーニングを課すことなく、導入後すぐに利用を開始することが可能です。

今回発表するDuet 1.0は、全世界で発売後わずか1年のうちに250社のお客様と40万ユーザーのライセンス販売を達成しています。また、両社は、the 2007 Microsoft Office systemに対応したDuet 1.5のリリースを2007年末に予定しており、今後のロードマップとして次期Office 製品に対応するDuet 3.0までの、長期にわたる機能強化プランを公表しています。

Duet導入の意向を表明しているエンタテインメント企業であるフィールズ株式会社の伊藤英雄 執行役員 CIOは、次のように述べています。「これまで経営力強化のためにSAPを、社員力強化のためにマイクロソフトを採用して投資をしてきました。 Duetの導入によってこれまでの両社製品への投資をさらに最大化し、弊社の従業員や管理職員がより迅速かつ簡単にSAPの情報にアクセスし、意思決定のスピードや精度が向上することを期待しています」

7月12日現在、以下11社のパートナー企業から賛同いただいています。今後、Duetのコンサルティング、導入、販売の支援パートナーとしてご協力いただく予定です。(五十音順、敬称略)

  • アクセンチュア株式会社
  • アビーム コンサルティング株式会社
  • 株式会社オデッセイ
  • 株式会社テクノスジャパン
  • 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
  • 株式会社日本総研ソリューションズ
  • 日本電気株式会社
  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社
  • 株式会社日立製作所
  • 富士通株式会社
  • べリングポイント株式会社

また、Duetの詳細のご紹介は下記イベントにて実施します。

SAP BUSINESS SYMPOSIUM ‘07 http://www.sap-sbs.com/iw/
日時: 2007年7月24日(火)14:15~15:05 A-2セッション
場所: セルリアンタワー東急ホテル

Duetの主な機能・特長は別紙を参照ください。

画面ショットは以下をご覧ください。

以上

Microsoft、Outlook、Excel は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。

(別紙)

Duetの機能・特長

ユーザーは、 Duet がもつ拡張アプリケーションメニュー、SAP 独自のスマートパネル、Excel のビジネス分析、Outlook による Exchange Server と SAPのプロセスの同期などの機能を利用しながら、以下の機能を利用することができます。

  • タイムシート — Outlookの予定表を使用して、SAPアプリケーションにリアルタイムの作業時間をレポートし、タイムシートの期限順守を確実にします。
  • 予算管理 — SAPアプリケーションから Outlookの受信トレイにレポートが届き、オフラインで作業することができます。緊急性の高い情報については、アラートが通知されるように設定でき、マネージャの適切な予算管理をサポートします。
  • 組織管理 — SAPアプリケーションで管理されている従業員情報、公募ポジション、組織構造などの最新情報へのアクセス、そしてマネージャの労務管理・承認などの業務機能が、 Outlookのアドレスや Officeドキュメントに統合されています。
  • 休暇管理 — SAPアプリケーションに設定された企業の就業規則と承認プロセスを統合し、 Outlookの予定表から休暇申請を行うことができます。
  • 需要計画 — Excelから需要計画にアクセスしてオフラインで計画を分析し、Excelで修正した計画をSCM需要計画モジュールにアップロードします。
  • 出張管理 — Outlookからセルフサービス方式で直接、航空券/宿泊/レンタカーの予約を行い、自社の出張規定を順守しつつ、コストを削減することができます。
  • レポートと分析 — Outlookと Excelにより、スケジュール化された定期レポートや、アラートで受信する随時レポートにアクセスし、パーソナライズビューから主要業績評価指標の分析を行うことができます。
  • 営業管理 — アポイントメント、コンタクト先のアップデート、見積書のワークフロー承認を含む主要顧客のアクティビティを、Outlookから管理し、顧客コミュニケーションの質を向上させて迅速なクローズを促進します。

今後のバージョンでは、SAP® Business Suite アプリケーションが持つ、強力なエンタープライズSOA機能とthe 2007 Microsoft Office systemおよび Microsoft Office SharePoint® Server 2007 との連携を強化することで、既存のITインフラストラクチャをそのまま利用して容易に展開、カスタマイズし、ソフトウェアのビルディングブロックを作り出すことを継続的に支援していく予定です。

<Duet 動作に関するシステム環境>

サーバー
・Microsoft Exchange Server 2003
・mySAP® ERP 2004 以上

クライアント
・Microsoft Office 2003 Professional Enterprise Edition SP2

Tags: , , ,