【参考資料】SAP、拡張版製品ライフサイクル管理のロードマップを発表

2007年8月21 日 by SAP News 0

製品ライフサイクル管理アプリケーションをビジネスネットワーク全体で展開させることで、企業のイノベーションを支援
(本リリースは、8月8日に弊社本社から発表されたものの抄訳です)

Tokyo【独ワルドルフ発】 – SAP AG(以下SAP)は、イノベーションを通じてビジネス価値を提供する取り組みの1つとして、SAP Product Lifecycle Management(以下、SAP PLM)のロードマップを発表しました。今日の主要なビジネストレンドとして変革の加速化とイノベーションによる差別化の必要性が挙げられます。SAP PLMは、これらのニーズに効果的に対応することができます。ビジネスパートナーとの効果的なコラボレーションを支援するなど、包括的なソリューションを実現するために、SAPは今後3年にわたって、既存で提供しているSAP PLMの機能をベースとした拡張アプリケーションを提供していきます。SAPは、本日発表したロードマップのもと、ユーザ企業の技術部門だけではなく部門を超えて全社的に製品ライフサイクル管理を支援し、事業の可能性を十分に活用できるよう支援していきます。

最新版のSAP PLMでは、基幹業務ソフトウェアであるSAP ERPをベースとして、エンタープライズ・サービス指向アーキテクチャ(エンタープライズSOA)の活用が可能となります。柔軟性が高く、サービスに対応したアプリケーションであるSAP PLMを使用することで、企業は異種混在のITシステム環境で、サプライヤ、お客様、パートナーからなるビジネスネットワークとの協業を実現し、革新的な製品群を迅速かつ効率的に市場投入することができます。迅速な展開が可能な複合アプリケーションの第一弾となる提供が年内には開始される予定で、PLMの中核機能が拡張されることによって、SAP PLMは進化を遂げることになります。

SAP PLMは、技術指向の組立型製造業界や、製品企画管理とポートフォリオ管理により大きな重点が置かれている消費財業界や加工(プロセス)業界など、あらゆる業界で製品ライフサイクル管理の業務プロセスがサポートされるよう設計されています。

SAP PLMの今後の方向性

SAPでは、新製品の市場投入期間短縮を実現するポートフォリオ計画の新たな業務プロセスを含めSAP PLMの中核機能の拡張提供を年内より開始します。アイデアおよびポートフォリオ管理、リソースやプロジェクト管理などの各種機能が加わることによって、SAP PLMは包括的で革新的な業務プロセスの運用を支援します。

2008年には、ロール(役割)ベースの情報提供を通じ、PLMユーザインタフェースのさらなる簡素化に注力します。これによってユーザは、トレーニングや操作の複雑さを軽減し、効率と生産性を高められるようになります。さらに、新機能と拡張機能の組み合わせによって、あらゆるステークホルダーとのグローバルなコラボレーションを促進し、人材ネットワークの戦略的な調整で企業を支援することができます。

2009年には、PLM拡張版パッケージの提供を開始する予定です。これに伴い、SAPユーザは、すべての製品ライフサイクル管理関連の業務プロセスを効果的に製品開発業務へと組み込み、ビジネスを加速できるようになります。新機能を活用することで、各製品のアイデア、設計、仕様、バリアント選定、メンテナンス構造などの情報すべてを、単一の統合システム内で管理できるようになり、データの整合性と、設計部門や技術部門から製造、販売、サービスにいたるまでの業務プロセスのフローが最適化されます。

2010年には、さらなるPLM拡張パッケージの提供を予定しており、これによって設計と実際の情報との融合が実現できるようになります。この拡張により、設計、デジタル設計のシミュレーションやトラッキング、製造業務プロセスが、デジタル追跡ツールによりすべて連携します。そして、世界中の製品情報を無線ICタグ(RFID)やバーコード、センサーを通じて製品開発プロセスのデータに関連付けることができるため、規制遵守や製造などで、可視性やアカウンタビリティ、正確性を向上させることができます。

共同イノベーション戦略の一環として、SAPはパートナーのコミュニティと緊密なコラボレーションを行い、業界全体が抱えている課題を解決することで、お客様に多大なメリットをもたらすことができます。例えば、すべての主要なコンピュータ支援設計(CAD)ベンダーのような、ソフトウェア・ベンダーとSAPが協業することで、あらゆる業界やビジネスプロセスを網羅したSAPソリューションを展開し、価値を付与するアプリケーションを開発したり、SAPソリューションを導入、統合する上でユーザを支援してくれるサービスパートナーと協力することが可能となります。

SAP PLMについて
SAP Product Lifecycle Management(以下、SAP PLM)アプリケーションによって、SAPはお客様とその製品のライフサイクルに対し、エンドツーエンドの統合プロセスによる最高のサポートを提供し、イノベーションによって収益性と成長を実現することを目指しています。企業はSAP PLMにより、効率性や環境問題、製品のライフサイクルの短期化や、グローバルに分散した拠点やプロジェクトチームの問題など、さまざまな課題に取り組むことができます。このソリューションは、ビジネスパートナーとの協業に必要な製品関連の情報を完全に網羅した単一の情報源として機能し、戦略的な製品プランニング、製品開発、規制遵守をサポートします。SAP PLMは、SAP Business Suiteビジネスアプリケーション群の一部であり、関連するすべてのビジネス情報を製品開発プロセスへとシームレスに統合することができます。

以上

Tags: ,