【参考資料】SAPがERP、CRM、SCMの世界市場のシェアでトップに

2007年9月28 日 by SAP News 0

(本リリースは、9月26日に弊社本社から発表されたものの翻訳です)

Tokyo【独国ワルドルフ発】 – SAP AG(以下SAP)は、独立系調査会社のガートナーリサーチ社(以下、ガートナー)によって、SAPがERP、CRM、SCM市場において2006年世界市場のシェアリーダーであることを評価されたと発表しました。SAPが提供するこれら3つのビジネスアプリケーションは、SAP CRM、SAP ERP、SAP SCMで、SAP Business Suiteにすべて包括されています。

ガートナーのCRM世界市場のシェアレポートによると、2006年CRM全ソフトウェア売上額においてSAPは25.7%を占め、第二位の他社より10%ポイント引き離しCRM市場をリードしています。

ERPの世界市場シェアレポートでは、2006年ERP全ソフトウェア売上金額においてSAPは27%を占め、ERP市場をリードしていると見られています。世界市場において、第二位の他社より13.8%ポイント上回っています。ERP市場においては、SAPは、財務管理、人事管理ソリューションを含むいくつかの関連カテゴリの中でもトップとされています。

SCM世界市場のシェアレポートによると、2006年SCM全ソフトウェア売上金額においてSAPは19.7%を占め、第二位の他社より14.9%ポイント引き離しSCM市場をリードしています。

「個々のアプリケーションだけではなく、われわれが提供する製品群を網羅した両方のレベルでお客様に価値を提供しているということから、SAPは世界のアプリケーション市場のリーダーであると言えるでしょう」と、SAPグループ、コーポレートオフィサーであるジム・ハガマン・スナーベは言います。

「SAPが提供するCRM、ERP、SCMのアプリケーションは、エンタープライズサービス指向アーキテクチャへの移行をお客様に提案することで、ソリューションの拡張を可能にする無比のプログラムを通じて、ビジネスを前進させるイノベーションと、堅牢な26以上の業種別ソリューションを提供しています」

(2007年7月31日の発表文 「SAP Furthers its Leadership of the Business Applications Market by Delivering a New Wave of Innovations for SAP ERP」(英語)をご参考ください。)

SAPビジネスソリューションについての詳細は、こちらをご参考ください。
http://www.sap.com/japan/solutions/

以上

Tags: , , ,