SAPジャパン、経営者向けに多数進行する開発・投資プロジェクトの「可視化」を支援するSAP xRPM 4.0を提供開始

2007年10月17 日 by SAP News 0

機能増加で対応業種を大幅に拡大、エンタープライズSOAにより正確な意思決定の迅速化を支援

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:八剱 洋一郎)は、並行して複数進行する開発・投資プロジェクトのポートフォリオを一元管理するソフトウェアの新バージョン、SAP xApp Resource and Portfolio Management(以下、SAP xRPM、エスエイピー エックスアールピーエム)4.0日本語版を本日より提供開始することを発表しました。当製品により、経営者の迅速かつ正確な意思決定を戦略的に支援します。

現在、企業では経営者の意思決定、製品やサービスのライフサイクル、業務の実行などあらゆる変化に迅速に対応することが求められています。たとえば製造業においては、新製品開発や市場投入を行う際に、投資額の見極めや並行して進行する複数プロジェクトの優先順位付け、リソースの配分、プロジェクトの進捗管理を把握した上で的確な経営判断を迅速に行うことが、企業の成長を促進する最も重要な要因となっています。同時に進行する多くの開発プロジェクト、投資案件プロジェクトを抱える企業では、評価基準やプロセスの曖昧さや、海外進出などによる組織・国・システムの分散化に伴う情報収集の複雑化などの課題に対して、プロジェクトの効果的な一元管理のニーズが高まっています。

SAP xRPMは統合プラットフォームであるSAP NetWeaverを基盤として稼働するコンポジットアプリケーションの1つで、プロジェクト管理や財務計画、リソース計画などの複数の指標の「可視化」を実現します。新バージョンのSAP xRPM 4.0では、プロジェクトをグループ化・階層化でき、評価項目の設定や承認プロセスの定義が簡易になったため、より多くのプロジェクトを可視化することができます。また、収益性や戦略性、リスクの見極めなど、プロジェクトのスコアリング評価指標が拡大し、さらに多面的にプロジェクトを管理できます。これらの新機能の追加によって汎用性が向上し、医薬だけでなく、ハイテク、消費財、電力業界などにおけるさまざまな製品開発や設備投資案件にまで幅広く活用できることが大きな特徴です。これに加えて、各プロジェクトの申請・承認プロセス・評価基準を標準化することで、将来的な収益性を見据えた、効率的な経営資源の投下を実現します。

SAP xRPM 4.0は、エンタープライズ・サービス指向アーキテクチャ(エンタープライズSOA)を活用することで、経営戦略と複雑な多くのプロジェクト管理の連携を実現し、既存のSAP ERPやプロジェクト管理システムなどを活用することで経営判断に必要な情報の収集を効率化します。

SAPジャパンでは、パートナー各社とともにSAP xApps製品群を拡充していきます。

以上

Tags: , ,