SAPジャパン、SAP NetWeaverの新機能を提供開始、ビジネスイノベーションの加速を促進

2007年12月19 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:八剱 洋一郎)は、包括的な統合アプリケーションプラットフォーム、SAP NetWeaver(エスエイピー・ネットウィーバー)の新機能を提供開始することを発表しました。社内システムのすべてのWebサービスの定義を格納し一元管理するデータベース「Enterprise Services Repository(エンタープライズ・サービス・リポジトリ)」、および最新の標準規格に基づいたエンタープライズ・サービス指向アーキテクチャ(エンタープライズSOA)ベースのアプリケーション開発環境である「SAP NetWeaver Composition Environment(エスエイピー・ネットウィーバー・コンポジション・エンバイロメント、以下SAP NetWeaver CE)」を本日より提供開始します。また、エンタープライズSOAベースのビジネスプロセス統合管理を実現する「SAP NetWeaver Process Integration(エスエイピー・ネットウィーバー・プロセス・インテグレーション、以下SAP NetWeaver PI)」を本日より限定的に提供開始します。

SAP NetWeaverはこれらの新機能の追加により「幅広いユーザ層への適用」、「順応性のあるプロセス」、「信頼できる正しい情報の活用」、「ITの最適化」を重点に、迅速かつ統制された、ビジネスプロセスに対応するプラットフォームとして、エンタープライズSOAの実現を支援します。

Enterprise Services Repositoryは、お客様、パートナー、およびSAPがそれぞれ作成したサービスの一元管理を行い、エンタープライズSOAをベースとしたビジネスプロセス管理やコンポジットアプリケーションの構築を容易にします。Enterprise Services Repositoryは、プログラムのインタフェースに必要となるWebサービスの管理情報だけでなく、プロセスの設計に必要となるビジネスプロセス・モデルとビジネスオブジェクト・モデルの管理も可能にします。パートナーやお客様は、SAP独自のベストプラクティスやプロセスをエンタープライズサービスの作成・管理に使用して共通の規則を設定することで、組立てや再利用を容易にします。Enterprise Services RepositoryはWebサービス仕様であるUDDI 3.0(Universal Description, Discovery and Integration)レジストリに準拠しており、SAP Business Suiteによって提供され、SAPやパートナー、お客様によって共同で定義された数千種類の製品化されたエンタープライズサービスの定義が格納されています。それぞれのサービスインタフェースには、国際標準に基づいた企業で必要となるさまざまなデータタイプを定義したGlobal Data Type(GDT)を定義し、標準化を行っています。

SAP NetWeaver PIはSAP NetWeaver Exchange Infrastructure(SAP NetWeaver XI、旧称SAP Exchange Infrastructure)の後継となる製品で、エンドツーエンドのプロセス統合を行い、エンタープライズSOAを実現する標準基盤です。Enterprise Services Repositoryに直接連携することによってサービスレベルでの連携を実現し、サービスベースのビジネスプロセスの構築を支援します。またWeb Services Reliable Messaging(WS-RM)、BPEL2.0などの、最新のWebサービスやBPM標準規格にも対応しています。パフォーマンスの大幅な強化に加えて、SAP NetWeaver PIは、プロセスの実行状況を監視してルールや指標に基づいてアラートを発生するBusiness Activity Monitoring(BAM)機能をサポートする基盤も備えています。発生したアラートの内容を、SAP NetWeaver Business Intelligenceの機能と連携して分析することも可能です。

SAP NetWeaver CEは、最新の標準規格であるJava Platform、Enterprise Edition 5(JEE 5)をサポートし、SAPの基幹業務システムを支えてきたアプリケーションサーバの経験を活かし、独自のJava仮想マシン(JVM)を提供しています。最新の標準規格に基づいてコンポジットアプリケーションの開発・実装を簡素化します。同製品は、ドラッグ&ドロップを中心としたモデリングベースでユーザインタフェース開発を実現するツールの最新版を含み、開発生産性を飛躍的に向上しています。また、複数ユーザ間での共同プロセスを実行するためのガイドプロシージャ機能の最新版を備え、エンタープライズサービスの再利用により高度な柔軟性を実現します。

以上

Tags: , ,