NECとSAPのグローバルな協業関係の確立について

2008年2月19 日 by SAP News 0

~NECはSAP事業体制を拡大し、グローバルビジネスを強化~

Tokyo日本電気株式会社(注1、以下 NEC)とSAPジャパン株式会社(注2、以下 SAP)はこのたび、両社共同でのソリューション等の開発・マーケティングから販売に至る広範な協業をグローバルに開始することで合意いたしました。

両社が新たに協業するのは、

  1. NEC製ITプラットフォーム製品(ハードウェア、ソフトウェア)のSAPソリューションへの組込みと共同マーケティング
  2. SI領域でのソリューションの共同開発、マーケティング
  3. アプリケーション・サービス事業の共同展開
  4. 要員育成、R&Dでの協業

の4点であり、その第一弾として、アジア地域での具体的な展開を開始し、他地域への拡大を検討してまいります。

NECは、今回の協業により、まずは市場成長率の高いアジア地域においてSAP関連要員の強化をはかり、現在の300名体制から2010年に600名体制に拡大してまいります。

また、この協業に加え、NECとSAP AG(注3)は、「グローバルテクノロジーパートナ契約」を締結することに合意いたしました。これに伴い、NECは本年4月、グローバルにSAPのプラットフォームとして活用可能なサーバ・ストレージの認証を行う「NEC SAPコンピテンスセンタ」をSAP AG本社内に開設し、最適なプラットフォーム製品を迅速に提供してまいります。NECは、こうしたSAPとのグローバルな協業関係の確立により、ITソリューションのグローバル事業の拡大を進めてまいります。

今回の新たな協業の概要は以下の通りです。

  1. NEC製ITプラットフォーム製品(ハードウェア、ソフトウェア)のSAPソリューションへの組込みと共同マーケティング
    両社共同でマーケティングやプロモーション活動を展開し、SAPソリューションを提供する際は、NEC製のサーバ・ストレージ製品をSAP社と共同検証する。第一ターゲットとしてアジア地域で共同拡販する。また、セキュリティや運用管理などの領域のNEC製ソフトウェア製品をSAP関連ソリューションに組込み、OEM販売等を行う。
  2. SI領域でのソリューションの共同開発、マーケティング
    SAPのSOA(注4)基盤「SAP NetWeaver」を活用し、「SAP ERP」とNECの各種業界向けソリューションを活用した新たなソリューションの開発、共同マーケティングを行い、製造・流通・金融などへの販売を行う。既に、NECの国内シェアトップPDMソリューション「Obbligato II」や製造実行管理ソリューション「SFCPOP/J」など5種のソリューションと「SAP ERP」を連携させており、こうしたラインアップの拡充を図る。
  3. アジア地域でアプリケーション・サービス事業を共同展開
    アジア地域において、SAPのアプリケーションソフトを使ったサービスを共同提供する。第一弾として、シンガポールなどアジア地域の英語圏で展開し、順次、中国・日本へも拡大を予定。SAPは製品開発やソフトウェアの運用/保守サービスを提供し、NECは各顧客向けのライセンス販売、サービスカスタマイズ等に加え、アプリケーション・サービス事業の基盤を支えるインフラ環境の提供および共同検証を行う。
  4. 要員育成、R&Dでの協業
    SAP社のリソースを活用し、NECグループのSAP要員に対する教育を行ない、順次、パートナーや顧客向けの教育を両社共同で展開する。
    また、R&Dレベルで、生体認証技術やNGNといった新たな技術を活用したソリューションの共同開発を進める。

NECはこれまでもSAPとの連携を進めてまいりましたが、このたびの協業内容は、アジア地区でのSAP事業を一層強化すると同時に、グローバルな事業展開を加速するものであります。

以上

(注1)本社:東京都港区  代表取締役執行役員社長:矢野 薫
(注2)本社:東京都千代田区  代表取締役社長:八剱 洋一郎
(注3)本社:ドイツ ワルドルフ(Walldorf) 会長兼CEO:Henning Kagermann
(注4)Service Oriented Architecture:システムを「サービス」の集まりとして構築する設計手法

*本文に記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

Tags: ,