SAPジャパン、ビジネスプロセスの構築支援を強化するSAP Business Oneの新版「SAP Business One 2007B」を提供開始

2008年4月23 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:八剱 洋一郎)は、本日、中小企業向けに提供しているERPパッケージ(統合基幹業務ソフトウェア)「SAP Business One(エスエイピー ビジネスワン)」の新版となる「SAP Business One 2007B(エスエイピー ビジネスワン ニセンナナ ビー)」を提供開始いたします。

SAP Business One は、中小企業向けに特化した、財務会計、販売・仕入・購買・在庫管理、顧客管理、営業支援保守サービスなどビジネスに必要な基幹業務を統合して管理することができるERPパッケージです。お客様は、シンプルな操作性を持ち、多機能を備えたシステムを、短期間かつ低コストで導入することができます。SAP Business Oneは、柔軟な開発ツールを備えているので、お客様独自の用途に合わせることができます。また、40カ国の言語、24種類の通貨に標準で対応しており、企業の成長に伴う海外展開にも対応可能です。現在ではグローバルで約1万8,000社のお客様に導入いただいています。

新版となるSAP Business One 2007Bでは、1) ビジネスプロセスを円滑に構築するための機能強化と、2) 操作性やパフォーマンスの向上の2点に重点をおいて機能が強化されました。

1) ビジネスプロセスを自動的に調整し、円滑に構築するための機能を強化:照合処理機能では、内部で持っていた2つの照合エンジンを統合し、新しい照合エンジンとすることで一部のレポート間で不整合が発生するリスクを軽減しました。また、輸送コストを自動的に仕訳に転記する機能拡張や、SAPアドオンだったXL Reporterをコア機能に統合することで別途インストールする手間を省くことができるなど、さまざまな機能の強化。
2) 操作性やパフォーマンスの向上:日本の商習慣に対応した機能強化として、前受・前払依頼と請求書処理の機能を強化し、処理プロセスや仕訳転記のロジックを拡張しました。その他にも、マスタデータのドロップダウン選択や計算ツールの表示など操作性を向上。オンラインヘルプを全面に改訂やコンテキストヘルプの強化により操作中の項目を簡単に表示できるようになりました。また、売掛請求書などの伝票をPDF形式のフォーマットで出力できるようになりました。

SAP Business One は今後もバージョンアップを続け、お客様のビジネス成長をサポートするための信頼性の高い製品を提供し、SAPは中小市場において更なる拡大を目指します。

NECネクサソリューションズ株式会社の第三マーケット事業本部 事業本部長代理 高崎充弘氏は次のように述べています。「NECネクサソリューションズ株式会社はSAP Business One 2007Bの提供開始を歓迎いたします。また同時に、東京、名古屋、大阪の『Walk In Solution Center(ウォークインソリューションセンター)』3箇所において、このSAP Business One 2007Bのシステム導入後の活用イメージを体感、実証、納得していただくためのサービスの提供を開始いたします。『Walk In Solution Center』とは、お客様にSAP Business Oneを体感し、明確な成功イメージを持って『安心・納得』していただいた上でSAP Business One を導入していただく事を目的としたショールームです。NECネクサソリューションズは、今後もSAPジャパンと協力し、中堅・中小企業へのビジネスソリューションを提供してまいります」

以上

Tags: ,