SAPジャパン、経営戦略管理ソリューションSAP® Strategy Managementを発表

2008年9月30 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下SAPジャパン)は、経営戦略管理ソリューション「SAP® Strategy Management 7.0」の日本語版を10月1日より提供開始します。SAP Strategy Management は、SAPのEPM(エンタープライズ・パフォーマンス管理)ソリューションの1つで、企業の目標、業務の優先度、全従業員のパフォーマンスを管理し、企業の競争優位性強化を支援します。

現在、企業が市場における競争優位性を確保し、健全な成長を遂げるためには、目標、優先度、パフォーマンス指標の設定に費やす時間やコストの削減、目標達成のためのプロセス管理、組織やビジネス状況の変化への柔軟な対応が、重要な課題となっています。これらの課題を解決するためには、経営者や事業の責任者が、従業員それぞれのパフォーマンスを確実に管理し、状況の変化に応じて適切な意思決定を行うことが必要です。同時に、従業員全員が企業の目標、その遂行や成果測定の方法を理解し、それぞれが自身の役割を実行することが重要です。SAP Strategy Managementは、目標遂行のためのプロセスを可視化して管理し、短期、中期、長期の目標を実現できるよう支援するソリューションです。

SAP Strategy Managementは、目標、優先度、KPIなどの各種パフォーマンス指標が設定しやすいように、あらかじめ機能として実装されているアプリケーションであるため、迅速な導入が可能です。ログオン時には、各ユーザに最も関連する情報が表示され、管理者および責任者は、設定した目標に対するプロセスの進捗状況をリアルタイムに把握できるため、変化に応じた意思決定も迅速に行うことができます。一方、従業員は、自身の目標に対するタスクの優先度、関連するタスクをダッシュボードで可視化して確認することができ、タスクの漏れを防ぎ、業務を効率的に進めることができます。

SAP Strategy Managementは、旧Pilot Software社(2007年2月に独SAP本社が買収)の製品です。SAP NetWeaver® Business Intelligence(以下 SAP NetWeaver BI)と強固に連携しているため、SAP NetWeaver BIが持つERPとの連携性を保ちながら、企業が持つ財務管理や売上予測をはじめとするデータ資産を有効活用した戦略的な経営が実現できます。また、SAP® Solutions for GRCとも統合しており、例えば、企業として排出する二酸化炭素の削減目標といった各種規制や、取り決め・法令遵守といった課題に対しても、組織的に対応していくことが可能になります。

SAPジャパンは、上場企業や上場を目指す企業を主なターゲットとして、SAP Strategy Managementを提供します。また、今後、コンサルティングパートナーとの協業も強化し、販路拡大を図ります。

以上

Tags: