経営の視点からSOAのビジネス価値を導き出す「SOA バリューディスカバリー」を提供開始

2008年10月9 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下SAPジャパン)は、企業のSOA(エス・オー・エー、サービス指向アーキテクチャ)を、従来の技術面を中心としたアプローチだけではなく、“経営・ビジネスの視点”からベンチマークを実施し、SOAの適用領域の検討や実行計画策定を行うことで、経営やビジネスに直結する価値を明確化する「SOAバリューディスカバリー(SOA Value Discovery)」(無償)を10月15日から提供開始します。

昨今、更なる内部統制やコンプライアンスの強化、四半期開示による決算の早期化など、企業を取り巻く外部環境の変化だけでなく、企業の統合、合併などによる業務統合など、内部的な環境の変化にも、企業は迅速な対応を求められています。また、従来のパッケージ化された業務システムでは十分ではなかった、より柔軟かつ迅速な対応が可能なSOAを用いた業務システム構築が必要とされています。一方で、SOAの価値が明確化できず導入が進んでいないといった側面もあります。

SAPジャパンでは、SOAを単なる情報システム構築の技術とは捉えておらず、そのメリットを最も享受できるのはビジネス側や経営層であると考えています。そこで環境変化に情報システムが迅速に対応するといったSOA本来の価値を、“経営・ビジネスの視点”から実証するために「SOAバリューディスカバリー」の提供を開始しました。

「SOAバリューディスカバリー」は、まずSAPの持つ豊富な経験と導入実績、戦略や外部環境から財務状況のベンチマーク、さらに実際に経営層や各部門担当者へのインタビューを通じて改善領域を洗い出します。その中でもSOAの適用が効果的な領域を発見し、SOA適用領域の分析や診断、最後にランドスケープやロードマップを策定します。「SOAバリューディスカバリー」で実施する内容は主に以下となります。

  • 経営・ビジネスの視点からSOAによる改善領域の発見
      ビジネス戦略、経営分析、改善領域の検討、ビジネスバリュー試算
     
  • SOA適用領域の具体化
      IT成熟度診断、SOA適用の領域における価値の発掘
     
  • ロードマップとシステムランドスケープ
      SOA採用に向けたハイレベルロードマップ、システムランドスケープ
     

企業は「SOAバリューディスカバリー」を利用することで、SOAの価値を“経営・ビジネスの価値”と結びつけ、中長期的なSOA採用に向けたIT戦略を立案する上で企業戦略と整合のとれた計画を策定することが可能になります。

さらにSAPジャパンでは、「SOAバリューディスカバリー」(無償)だけではなく、その計画がスムーズに構築フェーズへと移行するための次のステップとして、より具体的な実行計画を策定するための「SOAバリュープルーフ(SOA Value Proof)」(有償)、SOAのコンセプトを実装を通じて実証する「SOAプルーフ オブ コンセプト(SOA Proof of Concept)」(有償、オプション)も提供可能となっており、これらを「SAP SOAバリュープログラム」として一貫した体制で提供を開始します。

以上

Tags: , ,