日立とSAP AGがグローバル協業を強化

2008年12月2 日 by SAP News 0

日立がSAP グローバル サービスパートナーとしてワールドワイドでSAP事業拡大

Tokyo日立製作所(執行役社長:古川 一夫/以下、日立)とSAP AG(本社:独ワルドルフ、最高経営責任者:へニング・カガーマン/以下、SAP)は、このたび、両社でSAPソリューションのマーケティング、販売、システム構築に至る広範囲な協業をグローバルで推進することに合意し、「SAP グローバル サービスパートナー」のパートナー契約を12月2日に締結しました。両社はグローバルに協業し、共同でマーケティングを行います。また、日立の最先端で信頼性の高いプラットフォームやミドルウェアおよびコンサルティングサービスとSAPソリューションを組み合わせ、米国をはじめとした世界各国のお客様へ企業競争力を高めるSAPビジネス・アプリケーションを提供していきます。

今回の契約締結により、日立は、SAPシステム導入サービスやシステム開発、ERPシステム用プラットフォームの提供をワールドワイドに行っていきます。両社による共同マーケティングや日立の海外拠点との連携により、SAP社の提供するビジネス・アプリケーションやテクノロジー、サービスを北米、欧州、中国へと拡大展開し、日系企業のお客様だけでなく、現地企業に対しても積極的に展開していきます。具体的には、日系企業が欧米など海外展開する際には、米国のHitachi Consulting Corporation(President & CEO:Michael Travis(マイケル・トラヴィス)、本社:米国テキサス州ダラス市)やインドのパートナーなどと連携して、システム導入の支援を行います。また、海外の既存顧客が欧米以外の拠点に展開する際にも、日立や関連会社が連携して、確実で高付加価値なサポートを行います。
さらに、日立は、SAP COIL(Co-Innovation Lab)を活用し、日立のプラットフォームやミドルウェアなどの最先端技術とSAPソリューション連携の共同検証や新規ソリューションの開発を行います。また、ワールドワイドにSAP要員を育成し、SAP最新認定資格取得者を国内、海外合わせて2011年までに2,080名へ増員し、そのうち、SAP NetWeaver®などSAP最新技術のエンジニアを200人とする予定です。

日立の執行役常務 中島 純三は次のように述べています。「日立とSAPはこれまでにも長い協業の歴史がありますが、今回、SAP グローバル サービスパートナーとしての新たな段階のパートナーシップを築くことを嬉しく思います。我々は、SAPアプリケーション導入の専門知識で日本市場をリードしていますが、今後、お客様にワールドワイドのベストプラクティスによる、さらに質の高いサービス・ソリューションを提供してまいります。日立は情報・通信事業のほかに、電力・電機、交通、都市基盤などの事業においてワールドワイドにビジネスを展開しています。日立がこれまでの実業で蓄えた業務ノウハウやシステムとともに、SAPソリューションを世界の新たな市場に展開していきます。」

SAPは、あらゆる業界のお客様に対してソリューションを提供するために、日立の業種・業務に特化した知識と技術力を効果的に活用します。

SAP AGのシニアバイスプレジデント グローバルサービスパートナー グローバルエコシステム&パートナーのマンフレッド・ハイルは次のように述べています。「我々は、日立がSAP グローバル サービスパートナーとなり、パートナーシップを強化したことを嬉しく思います。SAPは日立とともに、導入コストを押さえつつビジネスプロセスを変革する、業種に特化した強力なソリューションを提供することにより、お客様に価値を提供し、ビジネスの成長を加速します。今回のパートナーシップはSAPのお客様にフォーカスしたエコシステム、つまり、お客様に価値とイノベーションを届けるためのパートナーとの協業を実証するものです。」

以上

日立とSAPのパートナーシップ
日立は1994年にSAPと日本国内でのパートナーシップ締結を行い、国内のSAP創成期から協業を進めてきました。国内最大級のSAP導入実績を持ち、SAP要員も日立グループトータルで国内パートナー最大の数を有しています。

Tags: ,