SAPジャパン、ビジネスプロセス指向を具現化する「SAP NetWeaver® Business Process Management」を提供開始

2008年12月3 日 by SAP News 0

TokyoSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下SAPジャパン)は本日、企業の業務プロセスを可視化・簡素化し、継続的な改善を実現できるビジネスプロセス・マネジメント・ソリューションの新製品「SAP NetWeaver® Business Process Management(エスエイピー ネットウィーバー ビジネスプロセス マネジメント、以下SAP NetWeaver BPM)」を12月18日から提供開始することを発表します。

昨今、俊敏性が高く統合されたシステム構築のニーズが高まる中、エンド・トゥ・エンドなプロセスを実現することが求められています。SAP NetWeaver BPMは、業界標準のBPMN*1 を採用しているため、ビジネスユーザーはITの専門知識を必要とすることなく業務プロセスを設計することができます。また同じ環境でIT部門も業務プロセスを設計・実装することができるため、業務プロセスの設計から実装までのシームレスな連携を実現することができます。

SAP NetWeaver BPMは統合開発環境であるSAP NetWeaver® Composition Environment(エスエイピー ネットウィーバー コンポジション エンバイロメント、以下SAP NetWeaver CE)のコンポーネントとして提供されています。同様にSAP NetWeaver CEに組み込まれているサービスのモデリング・デザイン環境としてデータ型などの定義情報を格納するリポジトリであるSAP NetWeaver Enterprise Service Repository(エスエイピー ネットウィーバー エンタープライズ サービス リポジトリ、以下、SAP NetWeaver ESR)やサービスの発見を容易にするUDDIに準拠したサービスレジストリを利用することでSAPが提供するエンタープライズ・サービス*2 はもちろん、サードパーティや自社開発した独自サービスを容易にビジネスプロセスにマッピングする事が可能です。

また、SAP NetWeaver BPMの提供開始と同時に「SAP NetWeaver® Business Rules Management(エスエイピー ネットウィーバー ビジネス ルールズ マネジメント、以下SAP NetWeaver BRM)」も同時に提供を開始します。この製品は、競合他社との差別化が必要とされる事業領域で環境変化に対応可能な業務プロセス管理と、決済権限といった社内で規定されたルールを遵守して運用が求められる業務ルール管理を統合開発することができます。また、ビジネスプロセス管理とビジネスルール管理を切り離して運用することで、日々発生する変化に対してそれぞれが異なるタイミングで対応し、お互いの影響を最小限にすることも可能です。

SAP NetWeaver BPMの主な特長機能は以下の通りです。

1.BPMNによるビジネスプロセスモデリング
業界標準のBPMNにより業務プロセスをモデリングできます。業務部門が理解できる平易な表記法により、関係者の業務プロセスの実態の把握と意識共有を促進し、IT部門との共同プロセス設計ができる環境を提供します。これによりビジネス展開までのスピード、柔軟性、品質を改善し、さらにコスト削減、展開により迅速に価値を実現することができます。
2.実際のビジネスプロセスを表現・実行
たとえば起案や承認というような人が行うタスク(仕事)だけではなく、SOA基盤で利用できるサービスとの連携により人同士、システム間、そして人とシステムのやり取りを迅速に設計・実装、実行することができます。
3.エンタープライズ・サービスの利用
SAP NetWeaver ESRまたはサービスレジストリからエンタープライズ・サービス*2 やユーザーが定義したサービスを直接呼び出し、ビジネスプロセスに連携させることができます。そのため、SOAで利用可能なサービスをビジネスプロセスの視点で定義し、即時に展開可能です。
4.ビジネスルール管理とのシームレスな連携
同じ開発環境で統合されているSAP NetWeaver BRMと密に連携することで、SAP NetWeaver BPMで設計したビジネスプロセスとビジネスルールを直接連携させることができます。そのため、開発生産性や業務への適用のスピードを大幅に向上させることができます。
以上


*1 BPMN
標準のビジネスプロセスモデリング表記


*2 エンタープライズ・サービス
SAPアプリケーションの業務部品がビジネス視点でサービス化されたもの

Tags: ,